仮想商店街conataに行ってきた

先日、推しのVtuberが所属する事務所 Fictyからとある発表がありました。

 

Ficty、Conataと事業提携

https://twitter.com/ficty_official/status/1225321475369922560?s=20

 

 

conataとはなんぞや、ということで開発者のnoteを確認。

なるほど...

 

 

これはまさに僕が求めていたバーチャル空間×ブロックチェーンのひとつの形!

しかもメタマスク対応なのでALISとも親和性がありそう。

ここでTETRA◆Fragmentとしてショップを構えてなんだかんだできそうだ。

 

アバターを作ろう

conataに登録したはいいもののバーチャル空間での肉体にあたるアバターが無い。

3Dモデリングをやっている知り合いもいないし外注する財力も無い。

さてどうしたものかと悩んでいると、conata開発者のmekezzoさんからリプライが!

「ここで作りましょう!」

 

自分好みのヒト型アバターを作れるらしい。それも無料で。なんて時代だ。

 

conataで使うアバターデータのフォーマットはVRMである。

VRoidコミュニティの外にVRMファイルを持ち出す方法はPC向けのVRoid Studioで作ってエクスポートするしかないようだ。

 

モデリング触ったことないしGPUはUHD630だし大丈夫かな、と不安でしたが

 

 

Content image

できちゃった。

ある程度のベースはあるものの、目、鼻、口、眉、輪郭、体形、髪型、衣装...

ほぼすべてのパーツのパラメータとテクスチャが編集できる。

何より髪型の作り方がすごい。(公式HPに動画があります)

マウス操作でも問題なくできました。

 

不安だったPCスペックも問題なくサクサク快適。

これがすべて無料。初期費用もライセンス料もいらない。なんて時代だ。

 

それじゃあ早速仮想商店街conataに行ってみよう。

 

仮想商店街に来た

商店街といいつつも現在入れるショップは、Vtuber希来里パイさんがバイトリーダーを務める「ππ来来電脳ショップ」だけ。

Content image

 

 

あとはNFTをコレクションとして表示できるマイルーム。

Content image
TETRA◆Fragmentのマイルーム

メタマスクをまだ使っていないので何もないですねー。

でもこれはすごい。いい表現が見つからないが、作ったアバターが反映されて、画面の中の存在になれる、画面の中の存在に会える体験は素晴らしいものです。

 

まだまだ昨年末にβテストが始まったばかりなのでできることは少ないですが、

何ものでもない空間だからこそ何にでもなれると思います。

今後が楽しみ!

↓conataはこちら↓

Content image

 

 

次回

転職した話をします。

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/02/16 57.28 ALIS 11.90 ALIS
Tra's icon'
  • Tra
  • @Tra
主にTwitterで活動してます(@qdrbp)。Web3.0を体感するべく登録してみました。趣味の車とイラスト、好きなものについて投稿していきたいと思っています。
コメントする
コメントする