月60万PVウェブメディアを作るまでの道[1] 企画・アイデア出し

弊社運営ウェブメディア自動計算が、先日、月60万PVに到達しました。また、今月で開設から3周年となります。そこで、このウェブメディアの成長記録を、数回かけて書いていきたいと思います。

[1] 企画・アイデア出し
[2] 作業の効率化
[3] 時事ネタと長く使えるコンテンツ

今回は[1]について書きます。

[1] 企画・アイデア出し

自動見積

2014年に、弊社でホームページ制作を受託した案件に、「自動見積機能のあるホームページを作りたい」というものがありました。

「ホームページから問い合わせ→営業が見積書を作って返信、というフローだと、問い合わせから返信まで時間がかかってしまう」という課題を、自動見積機能で改善しました。

このような要望は、他の会社からもいくつかあるだろう、ということで、2015年、自動見積機能をウェブサービス化することを決断しました。それがマイ見積です。

ウェブサービスを作るうえで、サービス紹介ページはもちろん作りますが、ウェブサービスへの誘導となるページを作ることを考えました。そのときに思いついたのが自動計算です。

2015年の時点で、自動計算ツールを提供するウェブサイトはいくつかありました。それらのウェブサイトの推定PVをsimilarwebを使って調べました。そこから、十分需要がある、ということが分かりましたし、より良いものを作れば、受け入れられるだろう、とも予想しました。

競合より良いもの

例えばBMI計算であれば、競合は計算結果を数値で出すところを、うちでは↓のように、痩せている・標準・太っている・太りすぎ、のどれにカテゴライズされるか、も表示するようにする、などです。

リリース順序

アイデアは自動見積が先にあったのですが、リリース順序としては自動計算が先になりました。これは自動計算は基本的に自分達(弊社スタッフ)が編集するのに対して、自動見積は、利用者が各自で編集する、という違いからです。

編集方法等に不具合・トラブルなどがあった場合、自分達が編集するだけなら影響範囲は限定的です。しかし、自動見積サービスを提供開始してからトラブルになると、大きな損害になります。なので、自社サービスを自分達でテストする、という目的も兼ねて、自動計算をリリースしました。


続きは↓


公開日:2019/03/13
獲得ALIS:42.86
mizuno's icon'
  • mizuno
  • @mizuno
月60万PVウェブメディア「計算フォーム」 https://calculator.jp/ でウェブ集客支援。書籍「WordPressユーザーのためのPHP入門」他一冊。TWITTER: @ounziw
コメントする
  • marco
  • 6日前

堅実なやり方でいいですね。

返信
コメントする