IOST X SlowMist | SlowMistはIOSTに世界規模のセキュリティとステークサービスを提供

Content image

IOSTは、ブロックチェーンのエコシステムセキュリティに重点を置いたブロックチェーンの会社であるSlowMist Safe Stakingとの提携を発表致します。同社のセキュリティチームは、運用監視サービスとノードオンボーディング・ソリューションをIOSTに提供します。 SlowMistはIOSTステークエコシステムに貢献し、コミュニティメンバーに価値を提供することを目指しています。

SlowMist Safe Stakingは、SlowMist ZoneによってローンチされたPoSエコシステムを対象としたセキュリティプロダクトで、ブロックチェーンの運用監視サービス、およびPoSプールのノード展開および運用ソリューションを提供します。

現在、SlowMist Safe Stakingは、IOST、EOS、BOS、FIBOS、YOYOW、IoTex、Cosmos、VeChainなど、いくつかのPoSブロックチェーンでノードを実行しています。将来的には、SlowMistはより多くのブロックチェーンやプールと協力して、PoSエコシステムセキュリティを促進します。

Content image

 

IOSTは、SlowMist Safe Stakingの数少ないパブリックチェーンパートナーの1つです。 SlowMist ZoneはIOSTノードに参加しました。SlowMistは、その高いスケーラビリティ、セキュリティ、そして開発者フレンドリーで、IOSTのさらなる発展を信じているからです。 IOSTとのこの提携は、セキュリティを強化するSlowMistの開発における大きな一歩を示しています。その強力なセキュリティおよび技術開発チームにより、SlowMistはIOSTのステーキング経済を守ります。

IOSTは、世界中に346のノードを持ち、Huobi Pool、OK Pool、Node Capital HashFin、OnBlock Pool、InfStones、RockStake、HashQuark、Hello Pool、CoinInn、BigFour、Kucoin、およびその他の主要プールと戦略的な提携関係にあります。 Staking Rewardsによると、IOSTのステーキングは、世界で80以上のプロジェクトで総合スコアで最高値となっています。

エコシステムのセキュリティを維持することは、この分野でますます必要とされています。広範なステーキング経済が形成されてきたため、IOSTはステーキングセキュリティを優先しています。 SlowMist Safe Stakingが提供するノード展開および運用ソリューションにより、IOSTはユーザーおよびコミュニティにとってより安全で完全なステーキング経済に自信を持っています。

将来的には、IOSTは、より豊かで完全なステーキング経済を持つ最初のパブリックチェーンとなることを目指して、よりステークな機関と協力する予定です。

・・・

SlowMist Technologyについて

Xiamenに本社を置き、10年以上に渡る最先端のサイバーセキュリティ管理経験を持つチームによって設立されたXiamen SlowMist Technology Co.、Ltd.は、ブロックチェーン業界のエコロジーセキュリティを専門としています。チームメンバーは、以前はGoogle、Microsoft、W3C、中華人民共和国公安部、Tencent、Alibaba、Baiduなどの多数の企業で働いていました。そして、成果はBlack Hatなどの世界的なセキュリティカンファレンスで認められました。セキュリティ監査、ディフェンス構築、および非合法の脅威インテリジェンス追跡の中核となる技術的能力を備えたSlowMistは、世界中の取引所、ウォレット、およびスマートコントラクトに対するセキュリティ監査およびディフェンスの構築を提供します。アンダーグラウンドハッカーの独特の動向エンジンを追跡することを通して、パートナー企業や政府に脅威情報を提供し続けます。

・・・

IOST公式記事(英語):IOST X SlowMist | SlowMist To Provide〜

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/07/24 10.45 ALIS 0.00 ALIS
MEET IOST's icon'
  • MEET IOST
  • @otamakoto
MEET IOST 開発者コミュニティでネットワークノードを管理、エコシステムから生まれる報酬をコミュニティ活動とDAppプロジェクトのスタートトリガーとして活用する。
コメントする
コメントする