この辺でALISについて、技術面でレビューするか

こんにちは、ふわこちゃんさんです。

ALISがクローズドβということでリリースおめでとうございます。

サービスリリース前にSteemitやSlackにてあーだこーだ言っており、ALISチームから「全然ゆるふわじゃない」などといわれていましたが、最近はALISについて発信を停めていました。理由はただ一つ。評価できるサービス体がでていなかったからです。

というわけで見てまいりましょう。

技術的な所感

速度

まずALISで目を引くのはローディングの速さと、描画の速さです。

いきなり専門的で申し訳ありませんが、トップ画面、DOMContentLoadedが600ms前後です。(cryptoという意味ではなく、ユースケース的に)似たようなサービスであるnoteに関しては700ms~800ms前後の平均であることを観ても早めです。なお、エンジニア界隈で速度が異常に早いと話題のdev.toは200~300msです。まだがんばれそうですね。ただしdev.toは速度に関してかなり極めており、クローズドβのALISと比較するのは酷でしょう。むしろクローズドβでプロダクションリリースされているnoteよりも早く、ストレス無く読み込みができるのは評価して良いと思われます。ちなみに、ALISと最も比較されるであろうSteemitについては10倍近い3~6sかかっています。比べるまでもなくALISのほうが高速でストレス無く記事を閲覧できるでしょう。

これらはクローズドβに甘んじず、最適化されたキャッシュと後述するSSRが効いているのかな、と。

国内屈指の技術者をレビュワーに選んだことが功奏したフロントエンド

フロントエンド技術面に関しては、日本でも屈指のNuxt.js使い「potato4d」氏がレビュワーになった影響もあり、採用されているようです。Nuxt.jsはフロントエンド界隈では新し目のフレームワークに入り、vue.jsを基盤としたSPA /SSR の強力なWebアプリケーションを構築できます。フロントエンド技術は大変混迷を極めており、かつ必要となる要素技術が大変多いのがネックでが、Nuxt.jsを利用することでシンプルに必要な技術を組み合わせて、最適かつ最速にリッチなSPA/SSRアプリケーションの構築が可能になりました。

potato4d氏をレビュワーに選んだのは間違いなく正しかったでしょう。ALISはもともとも少数のエンジニアで活動しており、それぞれ役割が分担されているはずです。CTOはもちろんDApps側の開発に全力投球しているでしょうし、それとは別にインフラ構築・バックエンド開発をすることも含めると、自然フロントエンドに穴ができる。そこに国内でも屈指のレビュワーで体制を固められたのは大きかったはずです。

https://github.com/AlisProject/frontend-application

このRepositoryは国内のnuxtのexample caseとして技術者にも参考になるでしょうね。

バックエンドはサーバーレスアーキテクチャでインフラコストを削減

ウェブバックエンドはレスポンスヘッダにAPIGatewayの形跡が見えるので、当初の計画通り、APIGateway+Amazon Lambda+Cloudfrontなのかなと。SAM+SSR/SPA、モダンでいいですね。AWS SAMはサーバーレスアーキテクチャでEC2などのサーバを建てないモデルなので、比較的運用コストが下がるのもポイントです。外部資本を入れず、ICOのみで調達しているALISのコスト管理はシビアに考えたほうが良いでしょうし、このあたりも手を抜いていないことが伺えます。以下はバックエンドのRepositoryです。nodeじゃなくてpython3.6なのがいいですね。これはまったく個人的な趣味ですが。

https://github.com/AlisProject/serverless-application

まだまだみえてこない核心部分。

まぁなんというかクローズドβなんでしょうがないかもしれませんが、githubのコードを見てみると、まだウォレット周りがコミットされてないので、実際トークンと結びつける部分や、PoAとの結合部分が見えないのでなんともいえません。ただし、PoA Private chainそのものの開発は進んでいるようです。

https://github.com/AlisProject/private-chain-contracts

OGPがない

これは正直、クローズドβだからという言い訳なしに、だめでしょう。すぐできるはず。即タスクに積みましょう。


✔この記事から9時間後、コードに修正が入りました。

https://alis.to/me/articles/public/KWypYMxqvnLR



サービスデザインは?

全体のトンマナは、シンプルにまとめていますね。mediumを意識しているデザインに見えます。

フォントにこだわりを持ってほしい

これは好きずきですが、一行中の文字数はnoteと比較するとやや多めです。ただし、line-height、カーニングも特にこだわりを感じません。このあたりは改善の余地がありそうです。

一覧画面から戻るとトップに強制スクロールされる

これはデザインと言うよりUX、というよりフロントエンドの実装に問題があるかもしれませんが。表題のとおりです。これは結構ストレスになる。

タグ/カテゴリがない

ほしいとおもいm(ry

β後の世界線ではこれは深刻な問題になるでしょう。たくさん投稿された後、ユーザーに後々つけてもらう気でしょうか。

このままだとnoteの暗号通貨版でしかなくなりそう

結構辛いのがこれです。Crypto目線から一歩引いて、サービス目線で見た時に、ユーザーはもしかすると「あれ、noteで単価釣り上げて売ったほうが儲かるのでは?」と思ってしまいそう。と、いうのも正当な対価を標榜している以上、ALISは自分が出す情報に対して、値付をすることができません。価値の純然性をキープし、公正さがこのサービスのウリでしたが、noteのように手軽に基軸通貨に値付して自由に売れるサービスが鎮座していると、そこに正攻法で殴りかかっていくのはかなり難しいでしょう。

このサービスの価値は、Cryptoに現状興味がなくても使ってもらえるようなサービス設計と公正な世界観、そしてALISトークンの取引量にかかっています。このサービスは現状、かなりマイノリティの層がターゲットになっており、そのユーザーのマイノリティさは、トークンの時価総額に直結します。

いかにnoteにいる、お金を得たいユーザーを、ALISに誘導できるのか。そこを構造的に改善しなければ、価値は最大化しないでしょう。

ALISを盛り上げれば、トークンの価値が上がる。トークンの価値が上がらねば、ライターは減る、という鶏卵問題を解く必要があるのです。

市場的な意味で言えば、クローズドβ公開後の価格については、みなさんがご承知のとおりであり、それが現状の公開されたサービスを含め、織り込まれた価値と言えるでしょう。それはチームもALIS参加者も、満足しているものではないはず。


総括 : 技術面は優、デザイン的には可、サービス的には急激に台頭してきたnoteに対抗できるだけの可能性が欲しい。

とりあえずそんなところです。クローズドβなんだから大目に見ろという感じかとおもいますが、よろしくご査収ください。

公開日:2018/04/23
獲得ALIS:208.30
yurfuwa's icon'
  • yurfuwa
  • @yurfuwa
こんにちわふわこちゃんさんですhttps://twitter.com/yurfuwa
コメントする
コメントする