ハイジャックされたMyEtherWalletにALISを保管

仮想通貨は取引所に保管するな?

CryptopiaでALISを購入をしたことは以前投稿しました。

一般的に取引所、特に海外の取引所に仮想通貨を置きっぱなしにするのは、良くないといわれています。

Cryptopiaで買ったALISは、そのままだと取引所であるCryptopiaに保管されています。

一般的に取引所、特に海外の取引所に仮想通貨を置きっぱなしにするのは、良くないといわれているので、別途ウォレットを用意することにしました。

Content image

ウォレットを探す

今回は、少額のALISなので、取引所に置きっぱなしでもいいのですが、今後のことも考え、取引所以外にウォレットを持つ体験をしようと思いました。

無くなっても問題ない程度の少額ALISです。

ウォレットには様々な種類が

仮想通貨のウォレットには、オンラインウォレット、ソフトウェアウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットがあります。

ウォレットを持つ体験をしたいだけなので、手間やコストのかかるハードウェアウォレット、ペーパーウォレットは除外です。

オンラインウォレットは、どこが取引所より優れているのか分からないので却下。

残るはソフトウェアウォレットのみ。

簡単に無料で使うことができ、セキリティレベルもそこそこ、使い勝手も良さそうなソフトウェアウォレットに決定しました。

ALIS用のソフトウェアウォレットは何を選べばいいか?

ALISはイーサリアムのトークンなので、イーサリアム用のソフトウェアウォレットを使います。

で、イーサリアム用のウォレットは、MyEtherWalletを選べば良さそうです。

MyEtherWalletがハイジャック

しかし、ここで問題が。

つい先日、4月24日にMyEtherWalletがハイジャックされたと。

DNSサーバーがハッキングされて15万ドル分が盗難。

その後も、詐欺サイトやフィッシングメールなど、MyEtherWallet周りの怪しいニュースが後を絶ちません。

どうしようかと1週間ほど様子を見てましたが、ほかに選択肢もないようなので、先へ進むことにしました。

Content image

MyEtherWalletは、ウォレットを作る前の注意書きがすごい

MyEtherWalletのサイトにアクセスすると、

次から次へと、いろいろな注記が表示されます。

MyEtherWallet is not a Bank.とか。

10ページ目の、Alright, I'm done lecturing you! で終了です。

これらの注記は、ポップアップ表示されるので、一瞬詐欺サイトかとびっくりしました。

正しく理解することは必要ですが、結構疲れます。

その後、パスワード設定など、詳しいウォレットの作成方法は省きますが、ウォレットの作成は簡単でした。

MyEtherWalletの残念な点

MyEtherWalletには、モバイル版アプリがありません。

今のところALIS保管用なので問題はないのですが、より使いやすいウォレットにバージョンアップされることを期待します。

公開日:2018/05/21
獲得ALIS:7.75
Hiro_Farmer's icon'
  • Hiro_Farmer
  • @Hiro-K-farmer
趣味でファーマーをやっている者です。本業は特になし。VCの上場コンサル卒業。つながる安心の暮らし創りのため、ベンチャー支援や人に役に立つ情報を発信中。京都・ハワイ好きtwitter:@bosoloco
コメントする
コメントする