【20年6月29日~】S&P500の相場感?

Content image

 

勾配が大きな上昇トレンドラインを順に下に抜けていき、リターンムーブ。
意識が交差され、方向感が出ていないが…

短期視線では、売り手が優勢。


トレンドラインを抜けた後、買い勢力の撤退で、大きく動くことに期待しつつ。
次のエントリーポイントを想定しておきます。

それでは、また。

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/06/28 0.80 ALIS 0.00 ALIS
とみます's icon'
  • とみます
  • @Tomimasu
仮想通貨トレードは、スウィング~長期。ブロックチェーンで生活がどのように変わるかワクワクしている平成元年生まれの会社員。
コメントする
コメントする