瞬間DeFiニュース: YAM, CRV, etc.

Content image

ここ3日間くらいにDeFi関連であまりにも色々あったので、箇条書き中心でラフにまとめます。

 

状況は刻一刻と変わっています。本記事に記載の数字はあくまで参考に。DYOR(Do Your Own Research)。 

 

YAM

- YFIのトークン配布方法(0プレマイン)とAMPLのリベースを組み合わせたYAM(通称:芋)という社会実験的なプロジェクトがローンチ。

- ガバナンス機構もあり。

- コード未監査。

- YAMを獲得するためのステークに必要な通貨が高騰。

- 一時、ステーク総額は$600Mを超えた

- 一度目のリベースでバグが発覚。

- 二度目(三度目?)のリベースまでにガバナンスで修正を加えなければ、票数的にガバナンスが機能しなくなるとのことで、開発チームがYAMホルダーにトークンのデリゲートを要請。

- 目標数のYAMデリゲーションが集まるも、修正効かず。

- ステークに使われていた通貨が一時急落。

- 芋祭りのせいか、ethereumネットワークのgas priceが一時300 gweiを突破。

- YAM v2はちゃんと監査してやります、の発表。

- 監査費用のgitcoin grant目標額達成。

- YAM v1はバグったまま動き続けてはいる。

 

BASED

- YAMの裏で似たような設計のBASEDというプロジェクトもローンチ。

- ステークのためのトークンにCurveのsUSDプールトークンを使うのが特徴。

 

CRV

- Curve DAOのガバナンストークンCRVがローンチ。

- チームメンバーではないらしい個人が、Curveのgithubで準備中であったDAOまわりのコードを勝手にデプロイしたらしい。

- Curveチームはそのローンチされたものについて、adminキーの取り扱いなどを確認し、大丈夫そうなのでそのままゴー。

- 上記確認が完了するまでの数時間にliquidity miningされたCRVがプレマインと呼ばれ、界隈の反感を多少買っている。

- ローンチ後からCurveのTVLが爆増。$250Mから$800M(執筆時)へ。

- Compoundからの流入もある模様で、defipulseのTVLランキングでCurveが3位に。

- 関連プロトコルのTVLも爆増。

  - yEarn: yCurveプールがあるため。

  - Aave: yEarnのyTokenの運用先となっているため。

  - Ren: renBTCがrenCurveプールとsbtcCurveプールで使われるため。

 

RenVM

Content image
https://mainnet.renproject.io/

- 上述のCRVローンチにより、すでに1000枚以上のrenBTCが追加発行されている(2500 BTCから4000 BTCへ)。

- Locked BTC ($48M) > Bonded REN ($33M) という状態。

- 次のepochは9日後で、今のところ11ノード($0.33MのBonded REN)が増える予定。

 

執筆終了2020年8月15日13:38

著者 kyoronut https://twitter.com/kyoronut

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/08/15 108.76 ALIS 12.50 ALIS
kyoronut きょろナッツ's icon'
  • kyoronut きょろナッツ
  • @lisalisa
twitter @kyoronut . Non-custodial financeで遊んでいます。
コメントする
コメントする