テクノロジー

迷惑メールフィルター問題と戦う

まおち's icon'
  • まおち
  • 2022/12/06 05:40
Content image

最近、激増した依頼

まおちは、エンジニアリングなるものを多少ですが、たしなんでおります。
依頼を受けて、システムの修正を行ったりもしています。

最近、増えてきたのが、迷惑メールフィルター問題です。
今年の3月にGmailが、迷惑メール対策を一気に厳しくしてから、各社一斉に厳しくなり始めました。

一括メールを送信する際に、かなりの確率で迷惑メールフィルターに阻まれてしまいます。
大規模な一括メールであれば、もうそれはメルマガですので、メルマガスタンドを契約すればすみます。

でも、メルマガ以外に、数十通、数百通レベルの一括メールが必要な場合があります。

例えば、Aと言う商品を購入した人だけに、追加の情報や注意点などを送信したい時などです。
多くのWEBシステムでは、こう言った一部の購入者に向けたメールを、一括送信できるような仕組みが搭載されています。

しかし、この仕組を利用してメールを送信すると、高確率で迷惑メールフィルターに、阻まれてメールが帰ってきてしまいます。
そこで最近増えてきた相談がこれです。

何とか迷惑メールフィルターに阻まれないように、メールを届けられないだろうか?

実は、この問題に対処するのは非常に簡単です。
メールを送信するサーバー側で、DKIMとTLSを設定すること。
そして、DNSでSPFレコードを設定すること。

なんじゃこりゃー!?

普通の人には何を言っているのかさっぱり分かりませんね。
分からなくても問題ありません。
そもそも、この方法は自社サーバーやVPSなど、特殊なサーバー環境の会社の対応策です。
一般のレンタルサーバーでは、基本的にこの対応策を全て網羅するのは不可能です。

結論を言ってしまえば、一般のレンタルサーバーに設置したWEBシステムから送信した一括メールは、迷惑メールフィルターの呪縛から逃れる事はできません。

という事で、このお話は終了です。
なんて言っていたらお仕事になりません。
ここからが、まおちのお仕事の本番です。

WEBシステムが悪いのか?

まず、迷惑メールフィルターに阻まれる条件を調べてみましょう。
例えば、WordPressのプラグインやEC-CubeなどのCMSは、PHPで開発されているのが一般的です。

PHPのmail関数やmb_send_mail関数を利用した一括メールは、ほぼ迷惑メールフィルターに弾かれます。
Gmailのように、そもそも迷惑メールフィルターが厳しいサービスは当然のことながら、一般的な接続プロバイダーの迷惑メールフィルターにも弾かれます。

Content image

メールが弾かれると、このようなRFC準拠ではないので、ブロックしましたと言うエラーメールが返信されてくる場合があります。
しかし、RFC準拠のフォーマットに変更して、メールを送信しても全く効果はありませんでした。

ここから導き出される1つの結論は、PHPなどを利用したWEBシステムから、送信された一括メールは、根本的にブロックされてしまうという事です。
ただし、これはfor関数などを使って、同報メールを一括で送信するときの話で、単一のメールを送信する時には、mail関数も、mb_send_mail関数も、正常にメールを届けることが出来ます。
for関数ブロック内で、sleep関数を使って、インターバルを作って送信したとしても、同報メールであれば、やはりブロックされます。

この段階で、WEBシステムからの送信は、完全に手詰まりとなるので、別の方法を考えざるを得ません。

同報メールアプリでの実験

WEBシステムが手詰まりなのであれば、ローカルアプリを使うしかありません。
そこで、同報メールアプリとして定評のある「Mail Distributor」でテストをしてみました。

このアプリは、WEBシステムから、メール送信先の一覧をCSVでエクスポートして、そのCSVをインポートして利用します。
メール送信は、WEBシステムでなく、SMTP経由で送信することになります。

このアプリを使って、100件のリストに、同じレンタルサーバーのSMTPを経由して送ってみました。
ちなみに、インターバルは3秒としています。

この実験では、全てのメールが正常に送信され、エラーメールは一件も帰ってきませんでした。
つまり、WEBシステムからの送信には非常に厳しい迷惑メールフィルターやブロックも、SMTPであれば、すんなりと通り抜けることができる事を意味します。

もし、迷惑メールフィルターやブロックにお悩みの方は、ぜひ「Mail Distributor」をお勧めします。

ただ、やはりWEBシステムからCSVをエクスポートして云々とかは、手間がかかります。
WEBシステムから、直接、送信できる方が断然便利です。
そこで、このSMTP経由のメール送信を、WEBシステム内で、再現する方法を考えてみました。

ここからはPHPのコードを使った解説となります。
興味のある方は、読み進めて下さい。

PHPでSMTP経由

できるだけ簡単に、PHPでSMTP経由のメール送信を実現する方法はないか?
まずは、それを調べてみました。

すると、PHPMailerと言うライブラリが非常に便利であることがわかりました。
解説とサンプルを読んでみると、かなり細かく設定できます。
添付ファイルやHTMLメールの送信にも、使えそうです。

当然ですが、SMTP経由の送信も可能です。

これがサンプルです。
コメントが英語だったので全て日本語に翻訳しました。

define ("smtp_code","UTF-8");	//メールの文字コード
define ("smtp_host","smtpホスト");
define ("smtp_user","smtpユーザー名");
define ("smtp_pass","smtpパスワード");
define ("smtp_port","587");		//smtpポート

//自身の環境に合わせてPHPMailer読み込みパスを修正
require_once("PHPMailer/src/Exception.php");
require_once("PHPMailer/src/PHPMailer.php");
require_once("PHPMailer/src/SMTP.php");

//以下よりメール送信処理

//PHPMailerの使用
$mailer = new PHPMailer(true);	//メール送信インスタンス生成

//Server settings
$mailer->CharSet = smpt_code;	//文字コードを設定
$mailer->SMTPDebug = 0;        //デバッグモードの使用
// 0:デバッグOFF
// 1:クライアントから出されるメッセージのみ出力
// 2:「1」の出力に加えてサーバからの応答も出力
// 3:「2」の出力に加えて接続時のデバッグ情報も出力
// 4:「3」の出力に加えてより多くの情報を出力
$mailer->isSMTP();				//SMTPメソッドを使用する
$mailer->Host = smpt_host;		//SMTPホストの設定
$mailer->SMTPAuth = true;		//SMTP-AUTHを使用
$mailer->Username = smtp_user;	//SMTPユーザー名
$mailer->Password = smtp_pass;	//SMTPパスワード
$mailer->SMTPSecure = PHPMailer::ENCRYPTION_STARTTLS;//TSLを使用
$mailer->Port = smtp_port;		//ポート番号を設定

//Recipients
//Fromを設定
$mailer->setFrom("メールアドレス", mb_encode_mimeheader("名前"));
//Toを設定
$mailer->addAddress("メールアドレス", mb_encode_mimeheader("名前"));
//Replyの設定
$mailer->addReplyTo("メールアドレス", mb_encode_mimeheader("名前"));
//CCとBCCの設定
//$mailer->addCC('cc@example.com');
//$mailer->addBCC('bcc@example.com');
//Returnの設定
$mailer->Sender = "メールアドレス";

//添付ファイルの設定
//$mailer->addAttachment('/var/tmp/file.tar.gz');      //添付の例
//$mailer->addAttachment('/tmp/image.jpg', 'new.jpg'); //ファイル名の設定

//本文の設定
$mailer->isHTML(false);		//HTMLメールの場合はtrue
//件名の設定
$mailer->Subject = mb_encode_mimeheader("件名");
//メールの内容の設定
$mailer->Body = "メールの内容";
//HTMLメールの場合は以下の設定が必須
//$mailer->AltBody = "HTMLが表示できない場合の代替文章";

$mailer->send();			//sendメソッドでメール送信

上記の内容をfor文で処理すれば一括メールが送信できます。
(半角のアロー演算子や比較演算子が、特殊文字扱いになるので、全角になっています、コピペする方はお気をつけ下さい)

$member = [
	['aaa@aaa.jp','Mr.A'],
	['bbb@bbb.jp','Mrs B'],
	[……
];		//送信先の配列を用意

for($i = 0; $i < count($member); $i++){
	$mail_to = $member[$i}[0];			//送信先アドレス
	$mail_to_name = $member[$i][1];		//送信先の氏名
	
	//--ここにサンプルのメール送信処理をカスタマイズして記載--//
	
	sleep(3);		//繰り返す前に3秒のインターバル
}

3秒のインターバルで問題なく動作しています。
crontabで5分に一度、最大20通のメールを送るように設定しています。
1時間で240通のメールが送れるので十分実用的です。

動作確認は、さくらレンタルサーバーのスタンダードで行っております。
クライアントさんのXserverやヘテムルでも、問題なく動作しています。

この処理をWEBシステムやCMSのメール送信の処理と置き換えれば、もう、迷惑メールフィルターにも、ブロックにも、怯える必要はなくなります。
迷惑メールフィルターやブロックに阻まれてお困りの方は、PHPMailerを導入してみては、いかがでしょうか?

PHPMailerはこちらからダウンロードできます。

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 22.77 ALIS Article tip 4.10 ALIS
まおち's icon'
  • まおち
  • @maochi
クリスペ初心者で、人生初の TGCです。クリスぺからALiSへたどり着きました。まおちは、優しさとヲタクで出来ています。優しさライセンス超1級取得済み。ゲーム、アニメ、グルメ、何でも書きます。

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
テクノロジー

彼女でも分かるように解説:ディープフェイク

Like token Tip token
32.10 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
他カテゴリ

ALISのシステム概観

Like token Tip token
5.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
ゲーム

ドラクエで学ぶオーバフロー

Like token Tip token
30.10 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

「ハッシュ」とは何なのか、必ず理解させます

Like token Tip token
0.10 ALIS
Eye catch
クリプト

17万円のPCでTwitterやってるのはもったいないのでETHマイニングを始めた話

Like token Tip token
46.60 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoinの価値の源泉は、PoWによる電気代ではなくて"競争原理"だった。

Like token Tip token
159.32 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
他カテゴリ

機械学習を体験してみよう!(難易度低)

Like token Tip token
124.82 ALIS