Self-introduction and Japan's crypto currency situation.

Hi this is dadada I'm a university student in Japan.

I'm an enthusiastic crypto currency, blockchain and token economy.

As u know I was born in so called "Hard fork" lolol .

You might be think

"What is ur mother coin (this text means what is ur name before Hard fork) ?"

My answer is of corse Satoshi Nakamoto.lol

so perhaps am I Satoshi Nakamoto?hahaha

Enough with jokes, let’s get down to business.

So I wanna talk about Japan's crypto currency situation.

Plz remember, I'm an university student, so I can talk about especially youth.

In my opinion, all most all Japanese youth are don't know the name of crypto currency ,block chain and token economy.

But I think Japanese is suited for token economy.


Coz Japanese have a lot of point card in their wallet.
(This wallet mean just a wallet it's not crypto currency wallet LMAO XD )

I think token economy is similar to culture of Japanese point card system.

So I predict the culture of token economy will spread in Japan.

In the end my twitter account @cryptoyamamoto plz check out!!

ここからは日本語でも軽く解説してきたいと思います。

英語は得意ではないので日本語で読める方はこちらを補足のような感じで読んで見てください?笑

大学生の僕の割と正しいと思う意見なのですが、僕の周りの大学生で仮想通貨やブロックチェーン、トークンエコノミーに関して話している人はほとんど存在していないですし、東京の大学に通っているので地方と比べても仮想通貨関係は盛んだと思いますので、地方はもっと知名度の低い言葉や概念なのかなと思います。

なので日本全体で見ると仮想通貨はまだまだアーリーアダプターもいいところで、セカンドレイヤーとしてのサービスがこのALISというサービスなのかなと思います。

そしてこのセカンドレイヤーのサービスにいち早く参加している人々と言うのは日本の中ではイノベーターなのかもしれませんね。

補足なのでこのくらいにしておきます。

ありがとうございました!!

twitterは@cryptoyamamotoでやっているのでフォローのほうよろしくお願いします!


公開日:2018/04/24
獲得トークン:14.13
だだだ's icon'
  • だだだ
  • @mashiro
Twitter@cryptoyamamotoでやってます。
コメントする
コメントする