キンキンに冷えてるのはファンの心 カイジ ファイナルゲーム

こちら

映画 

カイジ ファイナルゲーム

原作は同名漫画。映画としては三作目。前作からは9年ぶりとなる。

過去二作は原作ストーリーを下地にしていた。テンポが早く、漫画の良いところも削ってしまう所はみられたがそれでも、特に一作目のカタルシスは素晴らしく、実写映画としては大成功であった。

今回は原作の福本先生による完全オリジナルストーリー。原作漫画は今も連載中だが停滞しているので、今回の映画はファン待望のものであった。

 

結論からいうと、空っぽであった。

 

前後するが、先に

良かった点を挙げると

 

・役者のわかりやすい漫画的な演技

・お馴染みのBGM

 

個人的にはこれだけであった。

 

カイジの大きな魅力は知略を尽くした心理戦と土壇場での予想できない圧倒的閃きによる逆転劇だと思っている。

今回の映画はそこが非常にうすい。

ネタバレは避けるが、行き当たりばったりな思考に、ストーリーを動かす装置としての心理描写、シンプルな運による決着。と、それっぽさはあるのだが絶妙に軽い。

そこに、役者たちの仰々しい演技があわさるのだが、熱量と密度に差がありすぎて、演技が浮く。

天ぷらの衣だけ食べさせられてるような感覚だった。

 

期待していただけに、とても落差を感じてしまった。カイジというコンテンツを利用した作品と割りきれば分かりやすく、娯楽映画としては及第点かもしれない。

 

ぐちぐち言ってしまったが、映画館で食べたポップコーンはおいしかった。

最近は音も気になるし、手は汚れるしで控えていたのだが、TOHOシネマズのカードポイントで

無料でもらえた。

ポップコーンとコーラはやはり映画館でこそと、今さらながらに思いました。

 

どうぞよしなに

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/01/14 10.39 ALIS 6.30 ALIS
糖衣's icon'
  • 糖衣
  • @mendo
エブリバディくるしゅうない
コメントする
コメントする