バイナンススマートチェーン"BSC"を使ったBurger Swapとは?寿司🍣よりハンバーガー🍔?

Content image

 

今回はバイナンスのスマートチェーンを使ったバーガー・スワップ🍔を調べてみたいと思います。

はい、さっそく聞きなじみのない単語が2つ出てきました。「バイナンスのスマートチェーン」と「バーガー・スワップ」、、すぐにピンときますかね(゜-゜)

 

SNSで話題になっているにもかかわらず、”BSC”と”Burger””となじみのない単語が2つ出てきているのでこれはキャッチアップせねば、と思いこの2つの単語を中心に調べた内容をシェアしていきたいと思います。

 

バイナンススマートチェーンとは?

バイナンス・スマート・チェーン、略してBSCとはどんなものでしょうか。早速バイナンススマートチェーンの公式情報を参照してみたいと思います:

(参照:https://docs.binance.org/smart-chain/guides/bsc-intro.html

バイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)は、プログラム可能性と相互運用性をBinance Chainにもたらす革新的なソリューションで、短いブロック時間とより低料金をサポートするProof of Staked Authority(PoSA)コンセンサスを持つ21のバリデーターのシステムに依存したチェーン。

バイナンススマートチェーンは、EVM互換(※1)のスマートコントラクトとプロトコルもサポートしています。相互運用性(※2)のネイティブサポートにより、クロスチェーンでの転送やその他の接続が可能です。Binance DEXは、引き続き両方のチェーンで資産を交換する流動的な場です。このデュアルチェーンアーキテクチャは、ユーザーが片側で高速取引を利用し、反対側で分散型アプリを構築するのに理想的です。バイナンススマートチェーンは次のようになります。

※1 EVM互換性:EVMはイーサリアム仮想機械のこと。既存のすべてのイーサリアムツールをサポートし、ファイナリティの高速化と取引手数料の削減を実現

※2 相互運用可能:効率的なネイティブデュアルチェーン通信が付属しています。高速でスムーズなユーザーエクスペリエンスを必要とする高性能dAppのスケーリングに最適化されています。

オンチェーンガバナンスでの配布:PoSAにより分散化とコミュニティの参加を促し、ネイティブトークンとしてBNBをスマートコントラクト実行のガス代とステーキング報酬トークンの両方として利用します。

ということでバイナンス・スマート・チェーン自体は当初バイナンスが最大21のノードを建ててイーサリアムのプライベートチェーン的な立ち位置を保ちつつ、ETHの高騰やガス代の高騰を見据えて、バイナンススマートチェーンを使ったイーサリアムの取引を(その互換性を通じて)とって取って代ろうという野心的なチェーンのようです。

また、バイナンス・チェーンとバイナンス・スマート・チェーン(BSC)が違うことにも注意が必要なようですね。以下比較表となります。

Content image
参照:https://docs.binance.org/smart-chain/guides/general.html

バイナンス・チェーンとバイナンス・スマート・チェーンのデュアルチェーン構造により、特にBSCではDApp開発環境に特化したチェーンという位置づけになりそうですね。

バイナンス・スマート・チェーンのニュースだけでも最近にぎわっている印象です。

2020年9月1日: BSCメインネットのローンチ

2020年9月7日: BSCステーク・ウォーズの結果発表

2020年9月7日: プロジェクト「トークンCanal(カナル)」の発表(Wrapped Coinsを利用した多彩な取引環境の提供)

などなど、メインネットローンチを9月1日に行ってから、DeFi環境に欠かせないBTCやETHなどのトークンのBSC版とも言えるWrapped Coin(プロジェクト:トークン・カナル)を発表するなど開発を加速させている印象です。

こういったか事柄を踏まえ、バイナンスのCEOであるCZは以下のようなツイートを行うなど既存のETHを利用したDeFiトークンの開発ではなくBSCでの開発を促しています。

Content image
2020年9月14日のツイート日本語訳

イーサリアム仮想マシンと互換性があって手数料が数十分の一で済むならこちらのBSCを使うしかないで!的な感じでしょーか。
 

以上でバイナンス・スマート・チェーン=BSCの概要説明とさせていただければと思います。

 

 

バーガー・スワップ(BurgerSwap)とは?🍔

Content image

 

続いてバーガー・スワップ=BurgerSwapについてです。

Burgerは簡単にいうとSushiSwapのバイナンス・スマート・チェーンバージョンということになるようです。

具体的にどんなウェブサイトを運営しているのか見てもらうのが具体的なイメージを掴むのに一番早いのではないでしょうか。

バーガー・スワップでは以下の図のような形で取引が可能です。

Content image

基本的な機能としてはSwap(交換)、Pool(プール)、Governance(ガバナンス、投票)となるようです。

Swapはトークンの交換、Poolはトークンをプールに預けることで報酬を獲得、Governanceではトークンの所有比率利用比率に応じた投票などができるようですね。

ほかにも自分で作ったトークンをBurgerSwapに上場させる方法の記事なども運営側から公開されているみたいですね(参照:How to List Your Token on BurgerSwap

バーガースワップはバイナンス・スマート・チェーンに基づいているため、全てのトークンにBNBとの取引ペアがあります。さらに各資産にはバーガーペアが必要となります。BNBをある通貨へ交換すると手数料が発生しますが発生した手数料をシェア、ステーキングするにはPoolの画面からコインを預けることで流動性を提供する必要があります。

 

ということで1000万BNBが$Burgerトークンのためにロックされたとのツイートもあり話題になっておりました。

Content image

 

 

BurgerSwapでは2020年9月13日19時~9月16日19時(UTC)までDOT/BNB, LINK/BNB, DOT/BURGER, LINK/BURGERの取引ペアに関して流動性を提供したユーザーに流動性ボーナスを提供するとのこと。

報酬:キャンペーン期間中、1日あたり30,000バーガー、合計で90,000バーガー(執筆時点では$ 180,000)
(詳細:https://medium.com/@bnburgerking/announcing-the-first-burgerswap-liquidity-bonus-campaign-5abd85cd6873

 

なお、MetaMaskを利用してBNBをBEP20トークン(BEP2ではない)を送る手順はこちらの記事に詳細が記載されているようです。

 

BSCを使ったDeFiトークンの狂騒曲はしばらく続きそうです…(´-`).。oO

 

最後に、昨日記事を書こうかなと思っていたら昨日はBurgerで盛り上がってましたが今日は一転みんなCreamがどうとか盛り上がっているようです。

 

ということでCreamについてのまとめは以下の記事が詳しいことを申し添えておきます😅

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

Content image

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/09/14 19.93 ALIS 40.10 ALIS
昆布森ちゃん's icon'
  • 昆布森ちゃん
  • @mic2525Alice
草コイン/アルトコインを盛り上げ隊! 仮想通貨(暗号資産)の情報提供を行っています。2017年5月~✨ ツイッター@konbumorichan
コメントする
コメントする