crontabでプログラム定期実行(ホームページ・ウェブサービスの管理)

たいていのサーバーには、プログラムを定期的に実行する機能が用意されています。定期的に実行するために使うのがcrontabです。

※以下では、ウェブサーバーにkusanagiを使っている場合を想定しています。(他の環境ではディレクトリ構成などが異なる可能性があります。)

crontabの使い方

/etc/crontabを編集することで実行するプログラムを指定します。

分、時、日、月、曜日(0=Sun,1=Mon,2=Tue,3=Wen,4=Thu,5=Fri,6=Sat)、実行するユーザー、実行するコマンドを入力します。 ワイルドカード(*)は、すべてを意味します。 

例えば下の例は、毎月1日4時20分に、mizuno というユーザーで /home/mizuno/myscript.sh を実行します。

20 4 1 * * mizuno /home/mizuno/myscript.sh

実際の処理は、myscript.shファイルに記述します。


ファイルに記述する内容

ファイルには、実行するプログラム(シェルスクリプト)を記載します。

#!/usr/bin/sh
実行したいプログラム

のようになります。1行目の#!/usr/bin/shは、シェルのパスです。サーバーによって異なる可能性があります。

自分のサーバーのシェルのパスを確認するには、

which sh

と入力してください。そうすると、/usr/bin/sh のように表示されます。

aligator.pressでは、このcron機能を使って、ALISの記事情報、いいね数、獲得ALIS数などを定期的に取得しています。


他の記事もごらんください。




公開日:2019/03/05
獲得ALIS:17.23
mizuno's icon'
  • mizuno
  • @mizuno
月70万PVウェブメディア「計算フォーム」 https://calculator.jp/ でウェブ集客支援。書籍「WordPressユーザーのためのPHP入門」他一冊。TWITTER: @ounziw
コメントする
コメントする