僕が一番好きなラノベ

マンガ・アニメのカテゴリが出来たので初投稿です。

僕が愛してやまないライトノベルを紹介します。


新沢克海先生のコロージョンの夏

・発売は2010年11月

・第二回講談社BOX新人賞“Powers大賞作品

・この作品を第一弾とするマガミシリーズは2011年に第2回本格ライトノベル大賞を受賞

          (※講談社公式サイトから転用)


この作品の裏表紙にはこう書いてあります。


偉大なる革命家を父に持つフツーの高校生・真上草太朗。

その「マガミ」の血脈をめぐり
美少女たちが草太朗に忍び寄る!


はっきり言いましょう、

いや、この本の良さはそこじゃね~!!




様々ものの境界線が曖昧になっていくのが分かった。
思考は侵食され、緩慢に融解していく。どこに何が存在し、何がどこが存在し得るのかが、わからなくなっていく。思考は消える。
身体は感覚だけの塊になっていく。
ここは森という名の海なのだ、と感じるようになる。
五体の感覚は研ぎ澄まされていく。足は動いている。でも、それは今の僕とは断絶した原理の中で動いている。
僕は海を泳ぐ。ぺきぺきっ、という音が聞こえる。僕の耳は何かを聴いている。
くすくす、という笑い声が聴こえる。
でも、僕は何も感じない。
そういうものなのだ、と僕は感じている。
感覚のセンサーは、僕から波状に広がり、それから球状に広がっていく。
優しく鋭い感覚が生まれる。誕生する。僕の身体は森という名の海とひとつになる。

(※コロージョンの夏316ページより抜粋)

そう!!こういうところ!
理解できない!

叙事的とか言えば聞こえはいいかもしれないが、
そんないいものではなく、
厨二心をくすぐる文章。

村上春樹かな?


高校生の自分に少なからず影響を与えた本です。

作者は自分が創っているものはキャラクター小説だと言っていますが、

そのとおりで、キャラクター一人一人に

哲学があり、考えがあり、思想がある。

この本は2010年、2011年、2012年に一巻ずつ発売されているが

その後の更新、出版はなし。。




この本の作者はマガミシリーズ以外書いていないし、三冊しか世に出てないので

ラノベ好きな人も知らないような本ですが

頭空っぽになる、擬音が異様に多いライトノベル100冊分ぐらい濃いです。

読んだ後、虚無感があるのでご注意を!


あっ、多分この作者はニーチェが好き!

いい意味でクレイジーです。

ともかく、騙されたと思って読んでみてほしい、

アマゾンだと中古で1円なので是非!



公開日:2019/01/11
獲得ALIS:14.70
セルペンティ~🍭's icon'
  • セルペンティ~🍭
  • @serpenti
BitZenyコンテスト主催 @znylove ALIS名古屋ミートアップボランティアスタッフ ALIS Suppters管理部 Twitterは@inogucci117
コメントする
  • mikazuki-kazuki
  • 3ヶ月前

サムネの文字がどうしても「ジョシの夏」に見えて仕方なくて…
すみません、本とは関係ない話で
大好きなシリーズの続きが出ないのってすごく残念ですよね。

返信
  • ころん
  • 3ヶ月前

探してみます🎵

返信
コメントする