SSLにしたらリンクには要注意ですよ

Content image

SSLにしたら非SSLにするとエラーになる

上記のSSLのサイトに

上記のサイトをリンクすると混在コンテンツとして

アドレスバーの表示が鍵のマークからアラートマークに変わってしまいます。

無料ブログでもアメブロFC2ブログワードプレスの無料版などの方々は要注意ですね。

普通に考えたらいくら仲のいい友だちでもリンクできないですね

アラート表示されるとよろしくないので・・・

SSLに非SSLサイトをリンクしてもアラートが表示されない方法

Content image
Content image

SSLサイトに非SSLサイトをリンクしているのにアラート表示されていないサイトがあるってご存知ですか?

皆さんの身近にあるんですよ

それは、FacebookTwitterは、非SSLのサイトをシェアやツィートしてもアラートになりませんよね

大手だから特殊なプログラムを組んでいるということではないのです。

301もしくは、302というリダイレクトという方法をとっていて厳密にいうとSSLのアドレスに変換しているのです。

1つのケーススタディで説明します。

ケーススタディ アメブロから自社サイト(非SSL)にリンクする

Content image

よくある話ですよね

まだ、自社サイトは、SSL化できてないって場合は・・・

自社サイトにアメブロでリンクしたくてもエラーが出るのでためらう

そんな時に強い味方になるのは、Bufferというサービスである

Content image

FacebookTwitterされていると聞いた事ないですか?

時間指定の予約投稿ができるサービスです。

FacebookTwitterInstagramに10投稿ずつまでなら無料で利用できます。

その時にリンク付き投稿の場合にSSLのアドレスを出してくれるのです。

ということは、そのアドレスに変換してリンクすればアメブロからSSL化していない自社サイトへのリンクは可能であり、しかもショートリンクなのでアメブロの文字数制限にも少し貢献するということ

この方法ならアメブロにSSL化されてないはてなブログLivedoorブログなどのリンクをしてもOKということです。

まだ安心するのは早い

Content image

文章内で見えるリンクだけではなくスタイルシートやHTMLタグ内に書かれたリンクなどすべてSSLのアドレスにしなければならない

ワードプレステーマなどでも新しくてもそういった気遣いがないテーマなどが未だにあるのが現状なのでそういった場合には注意したいところ

アメブロなどで文字数制限をクリアするためにスタイルシートを外部スタイルシートにしてスマホ用スタイルシートなどを記述している場合もこれに当てはまります。

いかがですか?

SSL化したサイトに非SSLサイトをエラー出さずにリンクする方法ご理解いただけましたでしょうか?

サイト作成やブログをうまく使う方法の1つとして覚えていただけるとうれしいです。

そうするとリンクをやり取りするときもBufferで変換したアドレスを最初から送信するとリンクできないって言われることもないですよ

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/09/02 18.05 ALIS 1.00 ALIS
wp908's icon'
  • wp908
  • @wp908
WEBサイト作成全般がお仕事な感じです。サイトではテーマの紹介やカスタマイズ情報などを掲載しています。動画があったりするので動画も参考にしていただけるとうれしいです。
コメントする
コメントする