Mlb Crypto Baseball ついにリリース。遊び方解説

AMEFACTORYです。

待望のDappsゲーム クリプトベースボールがリリースされました。

今回はゲームの概要説明と、最初に買うべきキャラを考えてみました。


【ゲーム性】

応援チームのキャラを入手

→キャラを配置したカードを作る。

→カードを持っているチームが勝利

→報酬GET


まずは自分が応援するチームのプレイヤー(フィギュア)を買います。

最低1体のプレイヤーがなければゲームをすることはできません。

このフィギュアですが、1イーサから開始され徐々に値段が下がる逆オーク

ション方式で販売されており、現在安いもので0.01イーサ 約250円前後で

入手できますし、open seaなどのサイトでも取引可能になっています。

プレセールでは、約15000体販売されますが残りわずかとなっています。

プレイヤーを手に入れたら、いよいよゲームカードにセットすることができま

す。プレイヤーごとに異なるレアリティーや特性(イベント)を持っており、

うまく配置することで報酬を最大限増やすことが可能になります。

ここでの報酬とは新しいプレイヤーのことです。報酬の基本はチーム勝利時の

配置しているプレイヤーの数により決まります。

1-2人配置  全報酬の20%
3-4人配置  全報酬の40%
5-6人配置  全報酬の60%
7-8人配置  全報酬の80%
  9人配置  全報酬の100%

1人のカードを作るのも、9人のカードを作るのも費用は0.001イーサで変わら

ないため、可能なら人数が多いカードを作成する方が有利です。 

その他には、ライブでプレーしている選手を配置しているとボーナスが出たり、

各プレイヤーが持っている特性(イベント)と試合の結果がマッチすると追加で

報酬が出るらしく、プレイヤーを多数持っていれば応援にも熱が入りそうです。

パーフェクトゲームなど、ハードルの高いイベントを持つものも。

この特性(イベント)は、プレイヤーのレアリティによって変わります。

レアリティは、5段階に分かれており、ノーマル、ブロンズ、シルバー、

ゴールド、レジェンダリーの順番で価値が上がります。

様々な特性(イベント)があるので、野球好きなら点数だけでなく細かな

ワンプレーまで目が離せません。そのほかにもシーズン終了時優勝チームやMVP

選手などにはボーナスがあるので、すでに高価ですが、人気チームの人気選手を

持っておく価値はあると思います。

イベント一覧。右になるほど報酬も豪華に!



【オススメの揃え方】

上記のゲーム性から、まずは同じチームでポジションが異なる選手を集めるのが

基本です。 金銭的に余裕があれば、自分ならヤンキースとかカブス、レッド

ソックスなどの有名チームや、今季強いアストロズなどを揃えたいです。

更に上を目指すのであればレリティの高いブロンズ以上のプレイヤーを揃えます。

【失敗した事】

自分の失敗は、価格の安くなった選手を中心に集めたため

①チームがばらけていること②ピッチャーかぶりが多いことです。

特にピッチャーは人数が多いのでカブリに注意です。同じポジションでかぶって

カードには一人しか配置できないので無駄になってしまいます。

しかし、全てのプレイヤーがゲーム内で売却できるので、不要なプレイヤーを

売って、効率よいチーム作りをすることができます。

所持しているキャラの一部。チームがバラバラ泣


早い試合は9/8に開催されるので、さっそく2枚カードを作成してみました。

コレクション要素もあり、プロスポーツ界と提携している初のゲームなので

期待は膨らみますが、どの程度の報酬がもらえるのか、果たして盛り上がる

のか、応援しながら様子を見たいと思います。




ホームページ 公式


【過去の記事】

公開日:2018/09/08
獲得ALIS:19.17
AMEFACTORY's icon'
  • AMEFACTORY
  • @AMEFACTORY
ブロックチェーンの広がりを確信し、最近マイクリやってます。新しいものが大好きなアニメ好き。ゆるーい記事を書いています。
コメントする
コメントする