クリプト

ブロックチェーン:基本的な仕組み

ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • 2022/08/19 03:59

 

Integritee Network

Content image

Integriteeの取組の一環として、ブロックチェーン技術の本質や仕組みを解説する連載を公開していく中で、今回は、その主な特徴など、基本的な概念について解説します。

ブロックチェーンとは、情報の記録台帳として機能する、連続的に接続されたブロックのデジタル集合体です。ブロックチェーンは、従来の紙の台帳やExcelシートとは大きく異なる点が複数あります。

ブロックチェーン技術の最初の、そして最もよく知られたユースケースの1つが暗号通貨です。しかし、なぜこれほどまでに普及したのか、なぜ多くの機関や企業が採用しているのか。ブロックチェーンの主な特徴について見ていきましょう:

不変性−ブロックチェーンに保存された情報は、誰も変更することができません。編集も削除もできないものです。ブロックチェーン上の記録は永久不変であり、従来の台帳とは異なり、誰も情報を改ざんすることができません。

透明性−ネットワークにアクセスできる人なら誰でもその情報にアクセスできるため、完全な透明性が得られます。

分散性−ブロックチェーンは、分散したネットワーク参加者によってアクセスおよび管理されるため、設計上分散型となります。つまり、ブロックチェーンは、個人または団体によって支配されたり管理されることはありません。従来のシステムの多くは中央集権的であるため、情報(取引記録)は通常、単一の事業者によって管理・統制されています。つまり、ユーザーはそれに対して全く力を持つことができないのです。

安全性−ブロックチェーン上の取引を見ると、文字と数字がすべて混在した線しかありません。暗号技術では、これをハッシュと呼んでおり、ユニークなID番号からなるもので、改ざんはほとんど不可能です。各トランザクションはそれぞれ固有のハッシュを持っています。
コンセンサスに依存−ブロックチェーンでトランザクションを処理して新しいブロックを作成するには、ネットワークからのコンセンサスが必要となります。プロジェクトによって、Proof-of-stake (PoS) とproof-of-work (PoW)などの異なるコンセンサスプロトコルが使用されています。PoWは、異なるノードが互いに通信し、アルゴリズムを介して合意に達することに依存する仕組みです。この場合、提供された情報に同意するために、お互いを信頼する必要はなく、信頼しなければならないのはアルゴリズムのみとなります。PoSはステークに基づく仕組みで、暗号通貨の所有者が、トークンをステークすることでブロック取引を検証する責任を負います。

効率的−ロジスティクス、サプライチェーン、医療援助などのより広い領域を考えた場合、既存の時間のかかるプロセスや階層的な承認が全て自動化され、プロセスから排除されます。また、一元管理された台帳に情報が集約されることで、高速化され、より効率的になります。

これらの機能が全て連動することによって、強力なソリューションを生み出します。ブロックチェーンは、プロトコルレイヤーやテクノロジーとして、将来の多くのソリューションに不可欠な存在となるでしょう。

ブロックチェーンの概念は、1990年代初頭に科学者のStuart HaberとScott Stornettaによって初めて紹介され、暗号技術によって保護されたブロックの鎖として説明されました。しかし、実用化されたのは2009年のビットコインからです。理論的には、ブロックチェーンでほとんど全てのことが可能であり、そのアイデアのいくつかは既に実用化されています。分散型取引から医療支援まで、ブロックチェーンには数え切れないほどの用途があります。
 

透明性の美しさ

ブロックチェーンの波及効果を理解するためには、「監査可能性」という概念を把握することが重要です。監査をするということは、何かがあるべき形で正しく動いていることを確認することです。監査は、通常外部者によって行われます。では、ネットワークのメンバー全員が、当該ネットワークのデータトランザクションを検証(監査)できるとしたらどうでしょう。

これはブロックチェーンで基本的な機能として起こっていることです。基礎となるプロトコルとセキュリティ・ロジックによっては、ブロックチェーンは本質的に監査可能で検証可能であり、機関や企業といったより高い力を信頼する必要性を排除することができるのです。
 

検証可能なプライバシー

ユーザーが自分のデータが約束通りに管理・保管されているかどうかを確認できる仕組みは非常に重要なものです。しかし、機密性についてはどうでしょうか。この点についても、現在、多くの需要があります。企業は、顧客や取引先のデータにアクセスする必要がありますが、プライバシーは依然として尊重されるべきものです。Integritee はまさにそれを実現し、機密情報を損なうことなく、重要なデータへのアクセスとインサイトを可能にします。

Integriteeのソリューションは、ブロックチェーン技術の信頼性(デフォルトで信頼できる公開状態)、機密データの適切な保存と管理を保証するTrusted Execution Environments(TEE)の機密性、およびサイドチェーンが提供するスケーラビリティを兼ね備えています。Integritee では、さまざまなユースケースで重要なデータを探索することができ、機密情報の完全性と安全性を損なうことなく、ブロックチェーンが生む利便性を提供することができるのです。

Integriteeでは新しいメンバーを募集しています。まずは、アンバサダープログラムにご応募ください。

また、業界のニュースや技術的なアップデートを入手するために下記リンクをフォローし、コミュニティに積極参加してください。

 

Integriteeについて

Integritee AGは、機密性の高いビジネスデータや個人データを、相互運用可能なブロックチェーンエコシステムで安全に処理することを可能するというソリューションを提供するプロジェクトです。

ブロックチェーン技術とハードウェア対応の信頼できる実行環境のハイブリッドを使用することで、企業による機密データの安全処理を可能にし、これにより、GDPRなどのプライバシー法への準拠をサポートします。

技術の詳細は、Integritee.networkをご覧ください。

最新情報の取得には各コンテンツのフォローが最適です:https://linktr.ee/Integriteejapan

 

 

Supporter profile iconSupporter profile icon
Article tip 2人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 73.49 ALIS Article tip 303.30 ALIS
ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • @JustInBeliever
真に意味のあるプロジェクトの記事のみを掲載していきます。クリプト分野も日本独自のガラパゴス化を歩んでいます。確かな目と耳を持ちませんか?

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
61.20 ALIS
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS