「トイストーリー4」から考える「デジセクシャル」の世界

 

 

ディズニーピクサー「トイストーリー4」より

 

*この記事は「トイストーリー4」のネタバレを含む。

現代の性的アイデンティティとAIの進化

ロボット工学、AI技術がある今日、これらは、性的アイデンティティの多様化とともに発展し、その時代に私たちは生きている。

性的アイデンティティとは

ゲイ、トランスセクシャル(性同一性障害)、バイセクシャルを受け入れる動きが世界的に見られ、日本もマツコデラックスやゲイバーの流行、「全裸監督」などから、国民の考え方、受け入れる兆候が見えてきた。

性的アイデンティティの種類は増えている。

現代では、合意の上で複数の人と同時に恋愛関係を築く「ポリアモリー」、精神的に親密な関係にある相手にしか性的魅力を感じない「デミセクシャル」

また、他人に対して、恋愛感情を持たない「アロマンティック」や無性や中性、両性に惹かれる「スコリオセクシャル」と呼ばれる人もいる。

(courrier japon,2019,Sept.)

 

 

その中でも現実の世界で、ロボットと恋愛をする“パイオニア”たちのことを『デジセクシャル』という。

一般に「デジセクシャル」などの感性を持つ人間は「セクシャル・マイノリティ(性的少数者)」と自分をみなし、自己肯定する。

彼らにとって、異性の人間を相手にして恋愛をすることは、同性愛者に異性と付き合うこと、くらい難しいことだという。

では、今回の「トイストーリー4」と「デジセクシャル」がどのような関係があるのか、考えていく。

クーリエジャポン、2019、9月より

 

トイストーリー4のおもちゃの考え方

これまでの「トイストーリーシリーズ」と「トイストーリー4」との相違

これまでの「トイストーリー」が表現するおもちゃは、「ゴミ」や「所有者のモノ」という考え方の上で、ストーリーが作られており、ディストピアSF映画(アイロボット)などに似ている。

また通常ディストピアSF映画は、「人間サイド」から作られ、ロボットやAIに支配される人間たちを表現するが、「トイストーリー」は、「ディズニー・ピクサー」の独特のリアル感とかわいさから「キャラクター」が生まれ、「おもちゃ」という子供の夢を背負いながら、見つかってはいけないという「原理」に基づいて、「おもちゃサイド」から物語が作られていた。

しかし今回、「トイストーリー4」は物語の中で、おもちゃの元々の「原理」にはない新しい価値、人間の本能である「恋愛」を意識している。

さらに、人間とロボット間の恋愛「デジセクシャル」を超えて、ロボット同士の恋愛を表現している。

「キャラクターのなめらかさ」と「ボー・ピープ」

ディズニーピクサー、トイストーリー4より「ボー・ピープ」

 

私はトイストーリー全作を知っている中で、「トイストーリー4を」見ていて、違和感とも思えた部分がある、それは、キャラクターの動きの「なめらかさ」である。

映像技術の進歩なのか、脚本家の意図的行動なのかはわからないが、今作では、おもちゃの動きよりも、“人間のような”動き”「なめらかさ、柔らかい表情、か細さ」を感じ取ることができた。

またこれらを使って、愛嬌のある、強くて魅力的なキャラクターを生み出すことが出来た。それが「ボー・ピープ」である。

元々のキャラクター設定は、陶器製で肌に光沢があり、動きも固さがあったのが印象的だったが、今回は、汚れや傷が入り、動きにも「なめらかさ」が表現され、映画を観ている人間を魅了してしまう新キャラクター、として登場した。

では、今作でディズニーピクサーが表現した「おもちゃの人間的行動」から、私たちが生きる現代の「デジセクシャル」はどれだけ身近な存在なのか、また、未来の「デジセクシャル」との関わり方を考える。

現代から未来の「デジセクシャル」の在り方

セクシャルとは、性的な魅力のあるさま。

要は、「恋愛対象の可能性があるか」ということだが、本来私たちは、交際する(付き合う)とき、「恋愛」をするのが一般的である。

そのツールに、メール、電話、なんらかのSNSを使い、相手と交流を深める。

ここで、現代の交際相手との接し方に変化が起きている、進化し続けていることがわかるだろうか。

側にはいない彼氏・彼女が、SNSを通じて、相手が側にいるように感じたり、行動を監視したりできること。それこそが、ネットワークの技術進歩であり、相手との個人情報の距離は圧倒的に短くなった。

「技術進歩」と「デジセクシャルの増加」から考えられる近未来

「ティンダー」という出会い系アプリがある。あれはマッチングした相手と連絡を取り合い、お互いが会いたいと感じたとき始めて面会できる。

ここで、「デジセクシャル」の可能性から想像できる近未来は、

出会い系アプリ「ティンダー」を使い、マッチングして、面会した女性は、「AIを搭載されたダッチワイフ」だった、

が起こりうる世界がやってくる、という解釈になる。

また、トイストーリー4の「おもちゃの人間的行動」の考え方を、上記の世界に加えるとすれば、

出会い系アプリ「ティンダー」を使い、「AIを搭載したロボット」同士が、マッチングして、人間のように、デートをする、

という世界が実現する。

人間同士のみがすると思われている『恋愛』という行動を、人間よりも賢い人工知能を持ったロボットがしないわけがないし、「ロボット&人間」があるなら、当然「ロボット&ロボット」もある、これを人間たちは法律上、許すしかない。

今後の「デジセクシャル」は、人間の欲求による技術進歩によって、どんな男・女をも魅了してしまう「モノ」が出現する、そのために、この「デジセクシャル」の考えを持つ人間は、増えると考えられる。

このような世界が起こりうる中で、私たちは、“心も体も不完全な「人間」”を愛し、”完全な「ダッチワイフ」“とは、絶妙な距離間を保たなければならない。

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/10/15 10.78 ALIS 3.10 ALIS
Shu's icon'
  • Shu
  • @Shu
某大学、経済学部、学生です。最先端の情報を手に入れたい、色々な面から社会を見てみたいということとパッションの持ち主です。
コメントする
コメントする