Python/BITMEXの資金調達率の合計を調べるコード

 

どうもバカルダーです。プログラミングコードを書くとYobitで使える仮想通貨を貰えると聞いて久しぶりに書きます。

 

BITMEXの資金調達率の過去1ヵ月の合計を調べるpythonコードを書きました。

レバ1倍ショートでステーブルコインのレンディングとほぼ同じ効果

このコードはBITMEXでヘッジショートしているとどのくらい金利が付くか分かります。BITMEXはBTCを担保にするのでレバレッジ1倍でショートするとステーブルコインのレンディングとほぼ同じ効果を持ちます。

 

今みたいな上昇相場だとCompound等のDefiやBlockFi等のCefiより高金利で運用できる可能性が高いです。恐らく年利換算10%は超えてるはず

 

ちなみにETH/USDの過去1年の資金調達率の合計を調べるとHYIP並みに超高金利ですがヘッジショートは非常に複雑でたぶん無理なんじゃないかと思います。

 

BITMEXのAPIについては公式ガイドをどうぞ

 

ALISはコードが見づらいのでpaiza.ioにも登録しておきました。ブラウザでpythonが実行できます。

 

stでスタート日、endで終了日を指定できます。例としてXBT/USDの12月1日から1月1日までの資金調達率の合計を調べています。

# coding: utf-8
st="2019-12-01"
end="2020-01-01"
import requests
url="https://www.bitmex.com/api/v1/funding?symbol=XBT&columns=fundingRate&count=100&reverse=false&startTime="+st+"T00%3A00%3A00.000&endTime="+end+"T00%3A00%3A00.000"
res0 = requests.get(url)
res = res0.json()

rate=[]
i=0
while i <100:
   try:
       rt=res[i]["fundingRate"]
       rt=float(rt)
       rate.append(rt)
       i=i+1
   except:
       i=i+100
print("合計:")
print(sum(rate)*100)

あと密かに人気が上がりつつあるFTXの資金調達率の合計を調べるコードも自分のブログに書きました。

書いた人:

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/01/31 17.41 ALIS 134.00 ALIS
バカルダー's icon'
  • バカルダー
  • @bakaruda23
python、php、wordpress、仮想通貨とかを書きます。ブログ:https://rdk.me/
コメントする
コメントする