【166】蟹より雲丹よりモエレ沼公園

どうもこんばんは。
最近、ブロックチェーンゲーム「My Crypto Heroes (マイクリプトヒーローズ)」にハマり始めた新米心理カウンセラー・あぶです。
ちなみに招待コードは【b9Zo】です笑←

久々にALISを開くと、大葉さん(ooba-8686)から次のようなコメントが。

2月に入ってだいぶ経つというのに、全然記事書いてなかった!!笑
(しかも先週コメントくださったのに、気づいたのが今日。。ごめんなさい😵)

ということで、2月最初のトラベル記事を書いていきます。
今回は北海道・モエレ沼公園をご紹介します。


〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1(アクセスはこちら
札幌駅からちょっと離れたところにあります。

この公園をデザインしたのは、世界的な彫刻家イサム・ノグチです。
氏の簡単な経歴は、次の通り。

イサム・ノグチ(ISAMU NOGUCHI)
1904〜1988年。20世紀を代表する彫刻家の1人。父は英文学者で詩人の野口米次郎、母は米国人作家レオニー・ギルモア。幼少期を日本で過ごし、アメリカ、フランスで彫刻を学ぶ。主な作品に、広島の平和大橋、パリのユネスコ本部の庭園、ニューヨーク・ウォール街の「赤い立方体(Red Cube)」など。

長くなるのでここでは書きませんが、日本と米国のハーフということで、第2次大戦中に自ら日本人収容所に入ったり、作品が日米それぞれで拒絶されたりと、かなり苦労を重ねてこられた方です。私が尊敬する著名人の1人です。

イサム・ノグチを知らない人でも、「あかり(Akari)」や「ノグチ・テーブル」などのインテリア作品は、テレビで見たことがあるかもしれません。








そんなイサム・ノグチがデザインした場所があると知り、モエレ沼公園を訪れたのが10年近く前。雪の日でしたが、とにかく広い、素敵な場所だったと記憶しています。また行きたいなー。

イサム・ノグチといえば、香川県高松市牟礼町にある「イサム・ノグチ庭園美術館」もおすすめです。ただ、こちらは見学のために予約が必要となります。

どちらも市街地から離れているため、訪れるには時間と費用がかかりますが、行って損はないと思います。それほど、イサム・ノグチその人と作品はすごいのです。

ではまたー。




公開日:2019/02/11
獲得ALIS:23.37
あぶ(新米心理カウンセラー)'s icon'
  • あぶ(新米心理カウンセラー)
  • @creaaaaate
滋賀好き・旅好き・読書人。2018年、心理カウンセラーの資格を取得。ALISでは仮想通貨ネタの他、「思わず人に話したくなる」心理学関係のネタ、御朱印ネタを紹介しています。好きな動物はハリネズミ。
コメントする
  • kobsap
  • 7日前

過度にデザイナーの奇抜さをゴリ押しした感じが無くて
のんびり過ごせそうな良い公園ですね〜

北海道もしばらく訪れていないので
こういうゆったりした場所に行きたくなりますね

返信
  • goshuinista
  • 7日前

あぶさんお久です〜

返信
  • ooba-8686
  • 7日前

おかえりなさい~
来年の雪まつりあわせで、見に行こうかな?w

返信
コメントする