[Gods Unchained]Deceptionのゴッドパワー[Deception]

ALISでGods Unchainedを紹介しているクリプタックです

11/8にDeceptionのゴッドパワーが公開されました
紹介していきたいと思います

ソース

-----------------------------------------------------------------------------

レギュラーパワー(Basic Power)

・Thievery
Cost:1
効果:相手のデッキの上のカードを見る。望むならそのカードを相手のデッキの底に置き、自分のデッキの上にそのカードのコピーを置く。
---
Deceptionのゴッドパワーを紹介する前に、Deception全体のデッキパターンを語っておきたい。
というのもDeceptionはカード情報だけでは明確な方向性、勝ち筋が見えてこなかったゴッドだからだ。
今回Deceptionのゴッドパワーが公開され、このゴッドの方向性が見えてきた。
それは相手のデッキをコピーし、ミラーマッチに持ち込みつつ、Deception側はDeceptionのカードも使用する、つまりDeceptionと相手のゴッドの2種類のカードを使ったデッキを操るのだ。
まずはこのゴッドパワー, 確実に相手のカードを見てコピーできる。
また相手が同じカードを使用できるのはゲーム後半になる。
コピー戦術を使う場合、後手に回ることが多い。
そのためこのゴッドパワーを使って相手よりも先に先にカードを使用していくことでスピードや引きというものをカバーできる。

対アグロ系:✖...このカードで相手の速攻を妨害できないので相性が悪い
対中速系:△...相手よりも良いカードを使用できるかもしれないため、相性は悪くない
対コントロール系:〇...前述した2つのゴッドの力を有効活用できる

------

・Pawn
Cost:1
効果:自分の手札のランダムなカード3枚を自分のデッキの底に置き、そこに置いた枚数分だけカードを引く
---
3枚分デッキを回転させられる効果。
何が強いのかというと、これはゴッドパワーであるため手札が減らない、単純に3:3の手札入れ替えなのである。
問題となるのはランダムであるため手札に残しておきたいカードをデッキの底に置かれてしまう可能性がある点。

対アグロ系:△...デッキ内の対アグロ系カードを引き込める可能性が高まる
対中速系:△...デッキ内の対抗札を引き込める可能性が高まる
対コントロール系:〇...こちらの手札を改善できるので相性はいい

------

・Flip
Cost:2
効果:味方クリーチャー1体の体力と攻撃力を入れ替え、そのクリーチャーの攻撃力+2
---
Lightみたいに体力バフとかあったら相性いいのだがそんなものはなく、自分のクリーチャーしか選べないため使い勝手がびみょ。
まあLightの体力と攻撃力を入れ替える効果はゴッドパワーにはないため、Lightのデッキをコピーして戦う際には任意タイミングでコピー効果を起動でき、攻撃力を増やせるこのゴッドパワーがちょっと強いか。

対アグロ系:✖...無理
対中速系:△...微妙よりの相手がLightならなんとか
対コントロール系:△...微妙よりの相手がLightならちょいつよ

------

・Memory Charm
Cost:4
効果:相手の次のドロー前に相手は自身の手札を1枚、山札の下に置く。それができない場合、相手は2ダメージを受ける
---
ダメージ効果は微妙で、本来は前半の手札を増やさせない効果が重要。
手札=取れる行動のパターン数であり、手札が少なければ取れる行動が限定される。
コストの重さが難点であるが、詰めにどうぞ

対アグロ系:✖...運よく相手の攻撃を防ぐことができれば逆転目を摘めるかも
対中速系:△...相手の手札を攻撃できるため悪くはないかもしれないが正直相性はよくない
対コントロール系:△...ドロー手段が別途用意されてある可能性があり、相性はそこまでよくない

-----------------------------------------------------------------------------

究極パワー(Ultimate Powar)

・Treachery
Cost:5
効果:相手のクリーチャーはそれぞれランダムな相手のクリーチャーとバトルする。このターンの終わりに相手のクリーチャーは全てSleepを得る。
---
満遍なく除去しつつ次のターンの相手の攻撃をシャットアウトできる強力なゴッドパワー。
一度しか使えないため、タイミングが悩みどころ。

対アグロ系:〇...5ターン目までもてば逆転の一手になりえる
対中速系:△...相手が攻め込みたいタイミングを読みつつ、自分の手札に相手の反撃への対抗策も用意しつつ使いたい
対コントロール系:△...同士討ち効果がどこまで有効にはたらくか

-----------------------------------------------------------------------------

ボードアドバンテージを稼げるレギュラーパワーないのでデッキそのものにアグロ対策を組み込みたい。

前述したように基本的に後手に後手に回って戦いがちであるため、トラップ的なカードや相手のカードドローをコントロールしてアドバンテージ差を埋めていきたい。

ゴッド:デセプションのカードはこちら

-----------------------------------------------------------------------------

発表済みゴッドパワー

画像は公式HPおよびMediumより

公開日:2018/11/13
獲得ALIS:19.14
cryptak's icon'
  • cryptak
  • @cryptak
ブログは気が向いたら書く程度三日坊主の達人 バイオ系語らせるとうるさいらしい TwitterID:@myjob_memo
コメントする
コメントする