BANKERAの将来性を希望的見地で書いてみる!

今朝未明についにBANKERA公式からBNKトークンの外部Walletへの出金が出来るようになったと発表されましたね!

てことは、上場への準備が整ったと言っていいでしょう。

BANKERA公式の発表ではまず最初にHITBTCに上場、続いてSpectroCoin、BANKERA取引所の開設と上場が第二Q(4月~6月)に予定されてましたので、来月早々に上場になると思います。

思い起こせば、昨年9月(?)からのプレICOから始まり、ついに2月末までのICOが終了してからホント長く感じましたwww

私はプレICOの初日に参加したのでホント長く感じたものです。

さて本題に入りますが、BANKERAの将来性について考えていきたいと思いますが、正直HITBTCへの上場はどうでもいいと思ってます。単なる初値形成の場としか考えていないからです。本番はというとやはり、SpectroCoin及びBANKERA取引所への上場になるでしょう!

特にBANKERA取引所の開設及び上場でBNKトークンの価値を決定づけるものと考えています。BANKERA取引所ではBNKトークン建でBTCなど主要仮想通貨の売買が出来るようになり、BNK建では手数料無料で売買できるというメリットがあります。無料で取引できるので当然、取引金額が増えるのはもちろんですが、BNKトークンの需要も取引額に相まって高まっていきます。またBNK建以外でも取引できるわけですからSpectroCoin、BANKERAの利益も増え、結果としてBNKトークン保有者への配当も増加、さらに需要が高まるといった流れです。

加えて、BANKERA取引所では、すでに2つのアルトコインの上場が決まっています。LympoIQeonてアルトコインです。

LympoとIQeonのWPを見ましたが、とりあえず買う気にはなりませんでしたが(w)今後、他の取引所では買えない掘り出し物のアルトが必ず出てくるはずですので、そうなればBANKERA取引所の需要もさらに高まること間違いありません。

今後、ERC223トークンとは別にNEMモザイクも準備される予定ですので、ホルダーはETHERベースかNEMベースかを選べるようになりますし、今週も38週目のレベニューシェアがあるなど、どこぞの胡散臭いコインとは一線を画す存在となっています。

発行枚数が多いなどの懸念材料もなくはないですが、期待していいと思います!(煽りじゃないですよwww)

来月、どんなサプライズを起してくれるか楽しみしかありません!

BANKERAホルダーのみなさん!正座して待ちましょう!!!

では、、、

公開日:2018/05/26
獲得トークン:23.80
kassy's icon'
  • kassy
  • @kassy
常に問題提起していきます。Scam大嫌い!!!Twitter @kassy_nara
コメントする
コメントする