完璧な仮想通貨保管方法を求めて ~海外の事例から学ぼう#1 Web/Desktop wallet

Content image

"Today, I finally gave up on ever being able to retrieve my Bitcoin wallet from years ago. I would like to forget about it completely, instead of dwelling on it. Except now every website I go to is targeting me with ads about Bitcoins. FML." 引用元 http://bit.ly/2qxauNO

俺訳『今日、やっと数年前のビットコインウォレットからビットコインを取り出せるかどうかにあきらめがついた。もう、それに関してくよくよと思い悩んだりしないで、きれいさっぱり忘れる事にしたいんだ。ただしどこのウェブサイト行っても、俺をターゲットにした広告が全部ビットコインではあるんだけど。うわぁああああ!最悪だぁああああ!かえちてぇ!かえちてよぉ!僕のビットコイン!』

こんにちは!@Katakotoです。いつもはSteemitの方で、FMLからもっとドギツイ下ネタばかり訳しているのですが、ここではトピックから外れる上に、先日ふくよかなお胸をさムネに掲載された男性が、路上で公然とボッコボコにされている姿を見て、ハートがビットコインの僕はガタガタ震えが止まらず、冒頭の引用文も慌てて仮想通貨関連に寄せた次第です。

さて、ある程度仮想通貨での資産が貯まってくると誰もが心配になるのが

「どうやって安全に仮想通貨を保管するか」

ですよね。(この先も一生懸命、オフトピックにならないよう努力する姿をご覧ください。)

今回の記事では、仮想通貨投資を始めると誰もが悩まされる資産管理の選択肢と、そのどれもがまだ完璧ではないという悩ましい実態を海外の事例も含めて、まとめてみたいと思います。

1.ウェブウォレット (リスク度★★★)

取引所に口座を開設、またはウェブウォレットを提供するサービスに登録することで誰もがすぐに使えるようになる最も身近なウォレット。インターネット上にあるので、PC・スマホといったあらゆるデバイスから使える反面、ハッカーの標的になりやすい。仮想通貨を取り扱う上で命とも言える秘密鍵は、ユーザー側で管理せずに、サイト管理者に預けている形になり、セキュリティ管理はある意味、丸投げ状態。ハッキング被害にあった場合のMt.GOXおよびコインチェック事件の衝撃は、今さら僕がここで語るまでもない。(被害総額Mt.GOX→ビットコイン約450億円分 コインチェック→NEM約580億円分)

Content image
日本で一番有名なカタコト謝罪

これらの事件をきっかけに、我々は仮想通貨の完全で安全な保管方法を求めて、ゴールの見えない流浪の旅路に放り出される事となったのです。

2.デスクトップウォレット (リスク度★★)

「秘密鍵を第3者に預けるなんて信用ならん!俺は自分で管理する!」そんな漢気あふれる方々は、自分のPCにウォレットソフトをインストールし、完全自己責任で資産管理を始めました。デスクトップウォレットは、それぞれの仮想通貨開発チームが公式で出している事も多くその信頼性は高いです。その分、自分のPCがウィルス被害にあったり、何かの原因で秘密鍵が流出してしまった場合は目も当てられません。老舗所ではビットコインを保管できるElectrumなどがあります。そんな中、海外では、数あるデスクトップウォレットソフトの中でも多数の仮想通貨を一括管理でき、インターフェイスも使いやすいと評判だったEXODUSユーザーから、こんな被害報告が。

Content image
簡潔に話すわ。数日前、朝起きてCoinMrketCap見ながらチャートがめっちゃ緑色なの、コーヒーと一緒に楽しんでたわ。けど、そのテンション長続きしなかったわ。俺がポートフォリォ管理してるEXODUS開いてみたら、くっそ驚いたんだけど空っぽでやんの!俺の通貨、このクソ野郎んとこに全部送られてた! (以下、motherfucker's アカウント)ハッキングされた原因にいくつか仮説があって、すっげぇアホなんだけど、復元フレーズのスクリーンショットをGoogle Driveに保存してて消し忘れてたのよ。あとは俺のMac(Avast入れてたんよ!)がウィルス感染して、キーロガー仕込まれてたかだな。てなわけで、今回の件で学習したわ。今後はLedger Nano Sにするわ。もう朝からこんな驚くのごめんだわ。

彼の事例から我々が学べる教訓は3つ。

“復元フレーズをGoogle DriveやDrop Boxなどのオンラインストレージに保管するのはやめよう!”

“ウィルス対策ソフトはしっかりしたものを使おう!”

“朝からマザファカマザファカ連呼すんのやめよう!”

このケースでは、デスクトップウォレットそれ自体の問題というよりは、やはりユーザー側での情報管理に原因がありそうですが、被害にあった彼が今後導入する事にしたと言うLeger Nano Sに代表されるハードウェアウォレットに関する記事は、長くなっちゃったのでまた次回

最後までお読み頂きありがとうございました。


過去記事 https://alis.to/users/katakoto

Steemit https://steemit.com/@katakoto

公開日:2018/05/04
獲得ALIS:9.10
katakoto's icon'
  • katakoto
  • @katakoto
クリプトバブルの波に乗って年内にキンキンで年収がムーンするはずが、なぜか無職になって🇨🇦にいる。今はなけなしのBTCを削って生計を立てています。いつだって願いは、世界人類が平和でありま文字数。
コメントする
コメントする