登校拒否についての持論

ゆたぽんという小学生YouTuberが話題のようですね。

それに伴って、学校に行きたくない子供を無理矢理にでも、学校に行かせるべきか?という論争が起こっているようです。

 

そこで、ぼくの持論をつらつらと殴り書きいたします。

 

結論から言うと、自分の人生だから自分で決めな!(・∀・)

って派です。身も蓋もない(笑)

 

義務教育ってのは、親が子供に教育を受けさせる義務がある。

すなわち、子供にかかる義務ではなく、親にかかる義務なので、これは親が罰則を受けてもらいたいですね。

どうしても、行けない理由があるなら行かなくても良いだろうけど、そうじゃなさそうですしね。

 

この論争、焦点がズレてるんですよ。

学校に行く、行かないじゃなくて、

 

『日本のルールに従えないなら、日本から出ていけ!』

 

という事なんですよ。

 

今の日本のルールが、国民は義務教育を受けて下さいね。なんだから、受けてない人は非国民です。

 

 

もっと踏み込んだ話をしましょう。

性善説、性悪説というのを、ご存知だろうか?

人は産まれながらにして、善であるか?悪であるか?という中国の教えである。

 

ぼくは、性悪説だと思っております。

もし、皆、産まれながらに良い人なら道徳の授業なんか必要ないんだもの。

悪意を教育で押さえ付けるのです。

 

もし、教育を受けていない小学生YouTuberが、YouTuberで生計を立てることが出来なくなったとしましょう。

彼に働き口があるだろうか?

中学すら卒業してない人に、日本での働き口などありませんよ。

では、彼はどうするのか?

生活保護を受けるのか?それとも盗みを働いて暮らすのか?

どう転んでも、他人に迷惑のかかる道しかないような気がします。

 

そんな、危険因子を周りの大人が放っておいて良いのだろうか?

ぼくは、ダメだと思います。

日本に住んでる以上、日本のルールで生きるべきです。

 

 

芸能人やスポーツ選手などは、教育はほどほどに、専門過程に打ち込む人も居ます。

それでも、芸能事務所、スポンサーなどと連携して収入を得ている。

彼らは、失敗した後の保険も考えながら練習に励んでいると思います。

 

 

YouTuberも同じです。

Google様がスポンサーになって収入になっているんだから、Google様の匙加減で廃業に追い込まれることは考えながら生きる必要がある。

 

小学生YouTuberも、金を稼ぐってことが、そんなに甘いもんじゃない!って事を早めに知って欲しいです。

 

学校に行って勉強をする。

これが1番楽なモラトリアムの過ごし方だと親が気付かせて欲しい。

 

自然に、失敗と努力を繰り返すように設定されてますから。

 

宿題をやらずに、先生に叩かれた。

先生は叩いたのに、親が詰めよったら叩いてません。という。

学校は嫌いだ!行きたくない!

それなら!YouTuberになろう!

 

ってバカかよ!(・∀・)

宿題をやれ!(・∀・)

やらないなら、出された瞬間に手を上げて、僕はやりません!と言え(・∀・)

 

ホント、これがテレビのニュースに流れてるんだから、日本って国は平和なんだねー。と思いますな(・∀・)

 

おわり。

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/05/15 16.65 ALIS 0.00 ALIS
カズオ's icon'
  • カズオ
  • @kazuo
はじめまして。カズオです。アリスで大人が共感できるような日記を書こうと思っております。記事で稼いだALISの半分は、その日読んだ面白い記事へ投げ銭してます。
コメントする
  • らぷとる
  • 4ヶ月前

本当にアレが完全に本人の意志だとしたらそういう意見もアリなんだろうけどな。
実際は親の操り人形になってるのかもなー。

返信
  • エニグマ
  • 4ヶ月前

たしかに環境変わったら終わる この子終わるね

返信
コメントする