【BinanceLabs】CERTIKとは?ブロックチェーンの検証フレームワーク!

ハロー!ジョシちゃんですฅ(^ω^ฅ)!

今年の春頃、世界最大級取引所BINANCEの投資ファンドBINANCE LABSについてALISで紹介しましたが覚えていますか?

その中から抜粋して紹介した3つのプロジェクトはすでにBinance関連に上場しています!(下記のリンク先は私の個人サイトです。)

Contentos:Binance/BinanceDEXに上場

PIVOT:BinanceDEXに上場

COCOS-BCX:Binanceに上場

 

やはりBinanceから投資を受けていると上場はしやすいんでしょうかね?ContentosはDEXでの取引キャンペーンで上位に入らなかったのに、その後スーッと上場しててそう思いました。COCOSも急に上場しましたね。

ということで今回は以前解説できなかったBinanceLabs投資銘柄を紹介したいと思います。

CERTIK(サーティケー)

公式サイトhttps://certik.org/
公式Twitterhttps://twitter.com/certikorg
公式Mediumhttps://medium.com/certik
公式テレグラムhttps://t.me/certikorg

CERTIKは、信頼性の高い「スマートコントラクト」と「ブロックチェーンエコシステム」を構築するフォーマル検証フレームワーク。

致命的なバグや脆弱性がないことを数学的に証明し、検証済みスマートコントラクト、分散型アプリケーションのライブラリ(DApp)、およびブロックチェーン自体の実装のエンドツーエンドの正確性とセキュリティを示す証明書として機能することを目的としています。

CERTIKは「セキュリティ監査」「侵入テスト」「プラットフォームのカスタマイズ」の3つの大きな柱をもっています。では順番に見てみましょう!

 

用語解説:フォーマル検証

コードが意図したとおりに機能することを数学的に証明し、考えられるすべてのシナリオを計算する、最も重要で頻繁な脆弱性に対する客観的な耐性を示す唯一の方法です。フォーマル検証は、厳密で明確な仕様を必要とするため、非常に厳密で実行が困難です。歴史的に、フォーマル検証は、NASAのMars Roverのようなミッションクリティカルなハードウェアシステムでより一般的でしたが、スマートコントラクトは自己実行型であり、多くの場合オープンソースであるため、ブロックチェーンソフトウェアはこれらの高いセキュリティ基準の必要性を認識しています。フォーマル検証を実行できるスマートな契約監査員はほとんどいませんが、エール大学とコロンビア大学のコンピューターサイエンス教授が率いる専門家チームは、この分野で数十年の経験を持っています。

※本文中の図はCERTIKのオフィシャルサイト(https://certik.org/)より引用したものを日本語に加工してあります。

セキュリティ監査 

CertiKは、「最先端のフォーマル検証テクノロジー」と「最高クラスのサイバーセキュリティ」の専門家」を組み合わせ、エンドツーエンドのセキュリティサービスを提供します。

最高級のサイバーセキュリティ技術を使用して、セキュリティの脆弱性を特定して排除します

◼︎クラウドセール/トークンコントラクト
Solidity、JavaScript、C ++、Goなど、すべての主要なプロトコルおよびプログラム言語でのスマートコントラクトを監査できます。

◼︎カスタムスマートコントラクト
専門家チームは、ギャンブルゲームのコントラクトからからコンセンサスメカニズムまで、どんな複雑なスマートコントラクトでも監査できます。

◼︎ウォレットとDApp
ハッキングを防ぎます。最先端の堅牢な監査を実行し、すべての資金の安全を確認します。

◼︎ブロックチェーンプロトコル
ブロックチェーンノード構成、コンセンサスアルゴリズム、コントラクト仮想マシン、およびその他の主要なモジュールのセキュリティと適切な実装を確認します。

 

CERTIKが選ばれる理由

私たちのチームは、すべての主要なプロトコルで150を超える監査を実施しており、Binance、OKEx、Huobiなどの主要な取引所の推奨監査人として信頼されています。

 


監査プロセス

5つのフェーズで監査は実行されます。

 

当社のセキュリティ監査プラットフォームは、スマートコントラクトの脆弱性を評価し、カスタム機能仕様に関するそれらの動作を認証します。

 

監査レポート

監査レポートの例

監査レポートは、徹底的に透明性をもって調べ上げられています。 特定された脆弱性の重大度(クリティカル、中、低)による分類と、推奨される修復が表示されます。 また、ソースコード全体に注釈とCertiKの形式検証ラベルをインラインで含めて、作業を示し、実施した数学的な証明を説明します。

監査が成功するたびに、独自にハッシュ化されたCertiK Verifiedバッジも提供されますので、誇りを持って共有することをお勧めします。 このバッジには、成功した監査の信authentic性の証拠としてスキャンできるQRコードが含まれています。

 

侵入テスト

サイバーセキュリティの専門家からなる世界クラスのチームが、重要な攻撃ベクトルと脆弱性を防ぎます。

 

侵入テストへのアプローチ

CERTIKの侵入テストサービスは、経験豊富な倫理的ハッカーチームが提供する独自のツールを活用して、最小の弱点さえ発見します。

 

CERTIKが選ばれる理由

CERTIKのホワイトハットハッカー達は、Google、Facebook、Uber、Salesforce、および他の多くのエンタープライズおよびブロックチェーンcliから最大のバグ賞金を受賞しており経験豊富です。

Fortune100とはアメリカのフォーチュン誌が年1回編集・発行する全米上位100社のリストです。

 

侵入テストのプロセス

5つのフェーズで侵入テストは実行されます。

プラットフォームのカスタマイズ

CertiKの検証証明エンジンを活用して、よりスケーラブルで安全なエコシステムの作成に貢献します。

プラットフォームのカスタマイズには2パターンあります。

1.カスタマイズされた検証ソリューション

ブロックチェーンエコシステム内のスマートコントラクトの脆弱性を特定するために、プラットフォーム用自動フォーマル検証レイヤーをあなたのプラットフォームに適用します。

人気機能
・ブロックチェーンプラットフォーム専用に構築
・スマートコントラクト言語のフロントエンドを解析します
・プラットフォームの固有の特性に適応
・ユーザーに自動監査ソリューションを提供します

 

2.あなたのプラットフォームのフォーマル検証

厳格なフォーマル検証を実施してブロックチェーンプラットフォームを監査し、ブロックチェーンエコシステムに影響を与える可能性のあるいくつかの重大な脆弱性を排除します。

人気機能
・脆弱性の存在を識別するためのカスタマイズされた仕様と検証
・プラットフォームの特定の機能を評価するためのコンサルティングサービス
・将来のバージョンアップグレードによる継続的なサポート
・学術的、研究レベルのコラボレーション

 

どのようにカスタマイズするのか?

ブロックチェーンプロトコルにおいて、CERTIKは、プラットフォーム上で開発されたスマートコントラクトとDAppsにフォーマル検証を実行することでカスタマイズされた検証ソリューションを提供し、信頼できるブロックチェーンエコシステムと豊かな分散コミュニティの確立につなげます。

 

ユーザーケース・シナリオ
あなたがブロックチェーンプラットフォームを持っていて、独立した開発者がDAppを作成している場合、各バグがエコシステムの重大な損失と不安定につながる可能性があるため、その開発者ができるだけバグを作成しないことをあなたは望むでしょう。

CertiKの戦略
プログラミング言語/フォーマル検証の専門家がプラットフォームを分析し、その言語の数学モデルを設計します。 数学的モデルに変換すると、プラットフォーム上のDAppは、CertiKで保護されている他のDAppと同様に保護できます。

成果物
CERTIKを使用すると、プラットフォーム上のDAppの正確性を、マシンでチェック可能な証明で検証したり、自動生成された反例で反証することができます。

 

CERTIKが選ばれる理由

◼︎プラットフォームで実行されているネイティブ言語をサポートするように構築
◼︎プラットフォーム、プロトコル、または仮想マシンの機能用に高度にカスタマイズ
◼︎ブロックチェーンエコシステムをさらに保護する自動セキュリティソリューション◼︎学者、研究者、およびエンジニアの世界クラスのチームによって開発されました

マーケットリーダーからの信頼

CERTIKはすでにBinance、Huobi、OKEx、BitMartをはじめ上位の取引所から推奨されており、NEO、Ontologyなど数多くのブロックチェーン・プロジェクトで監査を行なっています。

独自ブロックチェーンCERTIKチェーンも発表

2019年7月23日、CERTIKはスマートコントラクトのセキュリティを強化する独自のCertikブロックチェーンを発表しました。セキュリティに重点を置いたチェーン上でスマートな契約の実行と相互作用を可能にすることにより、複雑な分散コンピューティングの可能性を最大限に実現したいと考えています。

CertiKチェーンのフルノードは、CertiKの共同創業者によって開発された、世界初かつ唯一の完全に検証されたハイパーバイザー/コンカレントOSカーネルであるCertiKOSで実行されます。 CertiKOSは、軍事レベルの安全な飛び地として機能し、CertiK Chainノードをハッカー攻撃から保護できます。

より安全なブロックチェーンエコシステムを形成するには、ゼロからセキュリティを構築する必要があります。開発者とユーザーにスケーラブルで直感的で安全な製品へのアクセスを許可すると、特に大企業での長期的な採用が促進されます。
セキュリティを開発の最前線に置くことにより、CertiKチェーンは、ブロックチェーンの世界を悩ませ、イノベーションを抑制してきた、セキュリティの脆弱性を緩和します。

今回はブロックチェーン監査のCERTIKについて紹介いたしました。ブロックチェーン・プロジェクトにおいて堅牢性や安全性はもっとも基礎となる重要なポイントだけに、確かな実力をもってチェックできるCERTIKのような機能は縁の下の力持ち的存在で必ず必要だと思います。気になるプロジェクトにCERTIK認定マークなどあれば信頼性は増しますね!

 

 

最近のクリプト記事

 

Binance登録はこちら

 

Twitter

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/24 27.58 ALIS 62.00 ALIS
WEB3.0😇ジョシ校生 蟻巣's icon'
  • WEB3.0😇ジョシ校生 蟻巣
  • @kenpo
ALIS怪談?部部長。霊界とALISヲツナグベク日夜努力してまス。
コメントする
コメントする