オンラインサロンレポート:デジタルクリエイティブをブロックチェーン上へ保存す意義

皆さんこんにちは。

マルコです。

当記事から私が開設しているオンラインサロンで配信した内容をまとめとしてレポートにしていきます。

ライブ配信は『ZOOM』を使っています。

どうぞ読んでみてくださいね。

なお、レポートは毎回サロン生のライターさんにまとめてもらいます。

 

~~~本文ここから~~~

 

デジタルクリエイティブをブロックチェーン上へ保存する技術としてのブロックチェーン

ブロックチェーンの特徴はデジタル上に有限性を持たすことができるという点やデータの改ざんが不可能であるという点です。 
このブロックチェーンの特徴を生かして、現在デジタルクリエイティブをトークン化することで、著作権の保護や所有権の明確化を行う取り組みが行われています。 
今回はデジタルクリエイティブのトークン化を行うことが可能なデジタルアートチェーンの特徴や仕組みを見ていきます。 

 

デジタルアートチェーンとデジタルクリエイティブのトークン化 
 

デジタルアートチェーンは自分が書いたイラストや写真をブラウザー上でイーサリアムのブロックチェーン上に保存できるサービスです。 
その際に使用するブロックチェーンはERC-721となっています。 
ERC-721はプログラムの書き方の規格の1つで、イーサリアムのブロックチェーン上で世界に1つしかないものを作成することが可能になり、作品の所有権や取引履歴を記録することができるのです。 
デジタルクリエイティブをブロックチェーン上に保存することで、知らない人が自分の作品を勝手に利用することができないようになりますし、取引履歴が全て追えるようになります。 

また、自分の作品をブロックチェーン上に保存するにはデジタルクリエイティブをトークン化する必要があります。 
トークン化というと難しく聞こえるかもしれませんが、実際にデジタルクリエイティブをトークン化するのはそこまで難しいことではありません。 
画像をにアップロードし、メタマスクを利用することで、自分が作成した画像やキャラクターを簡単にトークン化することができます。 
ちなみに、メタマスクとはイーサリアムの管理用として広く利用されているウォレットの1種のことです。 

トークン化されたクリエイティブはブロックチェーン上に所有権や取引履歴が記録されるため、ブロックチェーンプラットフォーム上で定めたルールに基づいて所有権(使用権)を持つユーザーが安心して使用でき、ブロックチェーン外での無断使用(画像)を徹底的に取り締まることで違法な利用を防げます。 
 

※それでも違法コピー、使用はイタチごっこなため、完ぺきではありません。ルールに基づいてブロックチェーン上での再利用や同人活動がスムーズにできることに意味があります。


open sea上でのデジタルクリエイティブの売買について 


トークン化したデジタルクリエイティブはその後open seaと呼ばれる、自由にトークンを売買することができるシステム上で販売することができます。 

この売買を通じて製作者側と所有権を購入してビジネスをしたい側の双方にメリットがあるようなクラウドでグッズ製作を注文し、販売するサービスもあります。 
制作者側は誰に自分のデジタルクリエイティブを販売したのかが明確になり、勝手に自分の作品が使われるという危険性がなくなります。 
デジタルクリエイティブの所有権を購入した側は、そのクリエイティブを利用して商用のTシャツなどのグッズを作成してビジネスとして利用することも可能です。 

例えば、(著作権として問題なく、商用利用もオッケーという前提ですが)自分が撮影をしたアイドルの写真があり、これが世界に1つしか存在しないとします。 
これをトークン化し、open sea上で自分のデジタルクリエイティブとして販売します。 
アイドルのファンからすると自分の好きなアイドルの世界で1つしかない写真であれば欲しいですよね! 
そこでこの写真を使ってビジネス展開したいという人は、この写真の所有権を取得し、Tシャツを作って、販売するということも可能となります。 
ブロックチェーン上でその写真は世界で1つしかなく、複製もできないということが分かっているので、著作権や所有権が明確になっているというため他の人が利用できないという安心感があります。 

例えとしてアイドルの写真について述べましたが、そのほかアニメキャラクターや地域のマスコットキャラクターなどについても同様の方法で利用することができます。 
こんな使い方ができれば、open sea上のトークンに保存されている画像の値段には非常に価値があり、トークンを買って所有権を得ようとする人も増えていきそうですよね! 

また製作者側は自分のデジタルクリエイティブの所有権が欲しい人に所有権を渡しても、事前の取り決めで、商用した際の利益の何%を自分に還元すること等の条件をブロックチェーン上に残すことができます。 
この仕組みがあればクリエイターも困らないし、所有権を保有している企業や個人も困らないというwinwinの関係を構築できます。 


売買の際に使われる通貨について 
 

デジタルクリエイティブの売買に使われる通貨はイーサリアムです。 
そのためデジタルクリエイティブの価格はイーサリアムの価格変動の影響を受ける形になっています。 
しかし、これでは仮想通貨を持っている人でないと取引ができないということになってしまうので、ユーザー側は法定通貨で支払いを行い、その後システム上でイーサリアムに変換するという技術が開発されています。 
その後のグッズの制作費用などは所有権を得て販売する側の費用となるため、イーサリアムの価格変動は全く関係ないものになります。 


ブロックチェーン技術を利用することで、著作権や所有権というものを守ることができ、公正なビジネスを行うことができます。 
取引履歴が全て書き込まれ履歴として残り、改ざんができないという点がブロックチェーンを用いたデジタルクリエイティブの著作権や所有権の最大の特徴ですよね。 
今後のデジタルクリエイティブとブロックチェーンのサービスの結びつきは要注目です! 
 

〇オンラインサロン主:マルコ

 

〇ライター:田中 聖人

ライタープロフィール:5月からライターとして活動。仮想通貨やアフィリエイトに興味あります。

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/07/27 17.07 ALIS 0.00 ALIS
marco's icon'
  • marco
  • @marco
自称イタリア人ハーフ!キャズム渡り案内人。ブロックチェーン・暗号資産エバンジェリスト。コンテンツマーケター。日本と世界を繋ぐでっかい事したい! twitter:kojimarco
コメントする
コメントする