風呂好きが入り浸る山田温泉玄猿楼

Content image

山田温泉玄猿楼は、富山の奥座敷、日帰り入浴可能。フロントで600円払って入る。旅館なのでフロントのスタッフの腰が低い、感じがいい。

 

 

Content image

お風呂は大浴場と夢殿の2ヶ所ある。夢殿は露天風呂と岩風呂があって、男女入れ替えとなっている。最初、夢殿に入って、大浴場で体を洗おうと移動した。

 

 

Content image

旅館のお風呂なのでロッカーはなく脱衣かごのみ。コインロッカーは夢殿前にあった。100円戻るやつ。(^^

 

 

Content image

加水なし、循環なし、混じりけなしの100%源泉かけながしである。

 

 

Content image

湯船からお湯がさらさら流れ出ていた。お湯はぬるめで、長くゆっくりのんびり入っていられる。皆さん夢殿に入るのか、人も少なく静かでボーッとしていられた。

 

 

Content image

休憩どころはないが、ロビーでくつろげる。奥の卓球コーナーでは、老夫婦?がありえないスピードでひたすら卓球の練習をしていた。年をとっても鍛えれば、体力でもなんでも維持できるし成長もする。

ちょっと休んで、もう一度夢殿へ。大浴場と夢殿をロビーを挟んで行ったり来たり。

夢殿の檜風呂、大きい方は3〜4人、小さい方はひとり用、内風呂もある。防水タブレットで読書している人がいた。なるほど、風呂好きかつ読書好きには楽しめる方法だ。ぬるめのお風呂なので、入り浸っていられる。

「つぶれた時はどうしようかと思ったけど、再開してくれて良かったよ。」お風呂でそんな世間話が聞こえた。玄猿楼は2017年に倒産して、滋賀県の別会社が経営を引き継いだ。HPの予約サイトは満室日が多く、繁盛しているようだ。

上がって服を着ていると、社員が洗面など濡れたところをササッと拭き取っていった。クレンリネスも徹底されたいい温泉である。地元に愛されながら存続するだろう。(2018.2入湯)

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/03/26 12.21 ALIS 0.00 ALIS
odkTmの道's icon'
  • odkTmの道
  • @odktm
山登り、沢登り、山スキー、サイクリングなど自分の足跡を記録します。
コメントする
コメントする