【ALISで写真】夏の花火②

 

今回は

 

夏の花火紹介と撮り方についての紹介その2です(^o^)

 

今日ご紹介するのは、

 

大分県の日田市で行われます、

 

日田川開き観光祭の花火大会です。

 

Content image
打ち上げの様子

 

 

まずはイベントの詳細をどうぞ( ´ ▽ ` )

 

●日田川開き観光祭 花火大会

日時

毎年、5月20日過ぎの土曜日、日曜日

場所

日田市内一円、三隈川周辺

打ち上げ発数

10000発ほど

 

水郷日田に初夏の訪れを告げる日田川開き観光祭には

県外からも多く人が集まり、

見所である花火大会には、

河川の周りに観光客と大勢のカメラマン、

 

さらに川の中心に屋形船が固定され宴が行われる中、

花火が打ち上げられるという風情あるイベントです( ◠‿◠ )

 

Content image
屋形船の写真

花火大会としては早い5月に実施され、

夏の訪れを迎える前にふさわしい花火大会です^ ^

 

 

さて、先日の記事では、花火の撮り方についても

軽く紹介しましたが、

 

今回は変わった花火写真を紹介します。

 

前提として、通常、花火は三脚で固定し、

 

花火が打ち上がり、花を開くタイミングでシャッター

を押すというのを繰り返しおこないます。

 

しかし昨年度は、なんと三脚を忘れてしまったのです(T . T)

 

では、どう撮ったのか。

 

まずは写真をどうぞ(^-^)

 

Content image
変わった花火の撮り方

通常のように線を残す花火ではなく、

より、花の様に見えませんでしょうか( ・∇・)

 

撮り方としては、

手持ちでカメラを構えつつ、

ピントを合わせた状態のまま

打ち上げ、

花が開くまで待ち、、

 

開いた瞬間のタイミングで

フォーカスリングをグリっと回し

ぼかしを入れる手法です。。

 

んな、むちゃなという感じですが、

ほんとにこの手法は難しく満足いくものが撮れるのは

私では数を撮るしかありません。。。(^◇^;)

 

でも、普段とは違った表現もできますし、

結構楽しいんですよ笑

 

ちなみに上の写真に同じように撮れた写真を

組み合わせると以下の様になります。

 

Content image

 

どうでしょうか(*゚▽゚*)

違った花火の綺麗さがありませんか。

 

同じ様な構図で撮るのも楽しいですが、

違った表現ができると楽しさも倍増です^ ^

 

ただ、ハマりすぎると撮影だけで終わってしまうので

"見る楽しさ"

も忘れずに花火を楽しんでくださいねb

 

 

 

 

 

 

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/06/14 32.81 ALIS 13.87 ALIS
popomark's icon'
  • popomark
  • @popomark
九州のイベント、景色、グルメ情報を写真付きでお届けしていきます(^∇^)
コメントする
コメントする