クリプト

新しいLiskメインネットの紹介

uzamaru's icon'
  • uzamaru
  • 2021/08/29 13:39
Content image

Lisk Core v3 へのハードフォークが8月21日に実施されました。v2からの変更点や改善された点、今後の展開についてLisk公式ブログが概要をまとめていましたので翻訳してみました!
出典:Lisk公式ブログ Meet the New Lisk Mainnet

 

2021年8月21日午後2時(CEST)頃、Lisk Mainnet v2がLisk Mainnet v3への移行を正常に完了したことをお知らせします。今回の変更は、Liskブロックチェーンで行われた最大のプロトコル変更であり、手数料、コンセンサスアルゴリズム、アカウントに関するLisk Mainnet v2の弱点をすべて解消しています。また、今後の相互運用性のリリースに向けて様々な点で準備・改善が行われているため、Liskネットワークにとって全く新しい時代の始まりを意味しています。
 

概要

これは私にとってどのような意味を持つのでしょうか?

1. 新しいアカウントシステム
2. 動的料金(ダイナミックフィー)システム
3. 刷新されたDPoS
4. Lisk BFTによる完全な不変性
5. 大幅なパフォーマンスの向上
6. 新しいモジュールアーキテクチャ
7. Lisk Mainnet Partyの要約
8. 展望:今後の展開
9. 開発の焦点 Liskの相互運用性
10. 研究テーマ:ブロックチェーンの相互運用性
11. 結論
 

このセクションでは、新しいLisk Mainnet v3で利用できるようになった新機能と更新された機能の概要を説明します。
 

 

1. 新しいアカウントシステム

Lisk v3では、非常に安全性の高い新しいアカウントアドレスシステムを採用しており、タイプミスに対するエラー検出機能が組み込まれていることをご存知でしょうか?アカウントの初期化はもう必要ありません コミュニティに完全なセキュリティを提供します。

これまでのアドレスとIDシステムが変更され、既存のアカウントはすべて自動的に新しいシステムへ移行されました。これにより、より長いアドレスが導入され、ユーザーのアドレス衝突の発生が減り、プリイメージ攻撃に対抗できるようになります。さらに、Mainnet v2で必要だった新しいアカウントの初期化も不要になり、Liskネットワーク内のすべての新規アカウントが最初から完全に安全であることが保証されます。
 

あなたのアカウントの以下の認証情報は変更されていません:
・秘密鍵(プライベートキー)
・公開鍵(パブリックキー)
・12文字のパスフレーズ

したがって、今まで使用していたパスフレーズを使用して、以前のようにLisk Desktopにログインすることができます。
 

あなたのアカウントの以下の認証情報は変更されました:
・Liskアドレス
 

新しいアドレスは、以下の図のように公開鍵から作成されます。なお、現在はアドレスの最後にチェックサムを追加しており、アカウントアドレスのタイプミスの検出をサポートしています。

Content image

上図のチェックサムのおかげで、ユーザーがアドレスを4文字まで誤入力しても、アプリケーションがそれを検出することが保証されています。チェックサムの部分にエラーがあっても、160ビットのアドレスを表す部分にエラーがあっても構いません。

Content image

新しいアドレスとIDシステムに関するすべての重要な情報は、下記のブログ記事をご覧ください。
The new Lisk ID System
 

 

2. 動的料金(ダイナミックフィー)システム

Lisk v3では、取引手数料が最大98.64%も安くなることをご存知ですか?0.1LSKの代わりに、新しい最低手数料はわずか0.00136LSKです。私たちはコミュニティに競争力のある手数料を提供しています。静的な手数料に代わって、新しい動的な手数料システムが導入され、取引手数料の実行コストが大幅に削減されました。これにより、ユーザーは、より高い手数料と、上書きしたいトランザクションと同じnonceを設定することにより、トランザクションプール内のトランザクション(まだブロックに含まれていない未承認のトランザクション)を置き換えることが可能になりました。各トランザクションの最小手数料は、様々なゲーム理論的な攻撃シナリオに対してシステムを保護するために常にバーンされます。

Content image

ダイナミックフィーについての詳しい情報は、下記のブログ記事をご覧ください。
Lisk’s Dynamic Fee System
Static vs Dynamic Fee System: A Comparison of Both
 

 

3. 刷新されたDPoSコンセンサス・アルゴリズム

Lisk v3では、DPoSコンセンサスアルゴリズムが全面的に刷新されたことをご存知でしょうか?公正なネットワーク、新しいバリデータ、そしてカルテルはもうありません。私たちはコミュニティに公正な非中央集権を与えます。

DPoSのコンセンサス・アルゴリズムは完全に再設計され、バリデータ選択アルゴリズムの分散性と安全性が向上しました。これには、新しい投票メカニズム、フォージングラウンドごとにランダムに選ばれた2人のデリゲートの追加、悪意のあるデリゲートに対する新しい罰則メカニズムなどが含まれます。

なお、これまでのデリゲートへのすべての投票は、新しいLisk Mainnet v3に移行されないため、すべてのアカウントでお気に入りのデリゲートへの投票をやり直す必要があります。

詳細については、下記のブログ記事をご覧ください。
Actions Required for the Upcoming Mainnet Migration

DPoSの新しいコンセンサス・アルゴリズムの最も重要な機能のリストは、以下の図で見ることができます。

Content image

新しいDPoSの詳細については、下記のブログ記事をご覧ください。
3 New DPoS LIPs: Changing the Voting System for Lisk
 

 

4. Lisk BFTによる完全な不変性

Lisk v3では、トランザクションを送信して二度と元に戻らないことが保証できることをご存知ですか?これは、私たちのブロックチェーン・アプリケーション・プラットフォームにおける将来のクロスブロックチェーン取引のための方法です。私たちはコミュニティに完全な不変性を与えます。

次のメジャーリリースであるLisk Core v4でサイドチェーンと相互運用性がLiskのエコシステムに加わることで、ブロックチェーンアプリケーションは複数のブロックチェーン間の取引を促進することができるようになります。そのためには、送信したトランザクションが二度と元に戻らないことを保証する必要があります。それを実現しているのが、今回実装されたLisk BFTコンセンサスアルゴリズムです。

ブロックは平均して155ブロック後、つまりブロックチェーンに組み込まれてから約26分後に確定します。ブロックが確定していることを確認したい場合は、そのブロックの高さとブロックチェーンが確定した高さを比較してください。(例えば、Lisk Desktopやコミュニティで維持されているExplorerのLisk ObserverやLisk Scanで確定した高さを確認してください)そのブロックの高さが確定した高さよりも低い場合、そのブロックとそれに含まれるすべての取引が確定しており、二度と元に戻したり変更したりできないことが100%保証されていることになります。

新しいLisk BFTコンセンサスに関するすべての重要な情報は、以下のブログ記事をご覧ください。
Introducing Byzantine Fault Tolerance Consensus for Lisk
Exploring Pre-Votes and Pre-Commits
 

 

5. 大幅なパフォーマンスの向上

Lisk v3では、1日に100万件以上の取引を処理できることをご存知ですか?これは、前バージョンの5倍という膨大な数です。私たちはコミュニティに大きなスケーラビリティを与えます。

Lisk Coreのパフォーマンスは複数の点で改善されています。主な改善点は以下の通りです。
ブロックチェーンサイズの減少:ブロックチェーンのデータは、v2で使用されていたPostgresデータベースではなく、key-valueストアに保存されるようになりました。そのため、必要なブロックチェーンのサイズは減少し、現在では10倍程度になっています。
クエリ応答時間の短縮:APIクエリの応答時間が大幅に向上しました。
ブロック処理時間の高速化:ブロックの処理に必要な時間は、空のブロックでは平均3倍、トランザクションを含むブロックでは33倍以上に短縮されました。
1秒あたりの最大トランザクション数(TPS)の増加:バイトベースのブロックでは、より多くのトランザクションを1つのブロックに含めることができます。

Content image

Lisk Core v3のパフォーマンス向上に関する詳細は、下記のブログ記事をご覧ください。
Benchmarking Lisk Core v3.0.0 against Lisk Core v2.1.6
 

 

6. 新しいモジュールアーキテクチャ

プロトコルの大幅な改良に加え、Lisk Core v3にも採用されているLisk SDKのコードベースも大幅に改良されています。

ブロックチェーンアプリケーションを完全にモジュール化し、開発者がアプリケーションの様々なコンポーネントを変更、拡張、置換できるようにしたことで、全体的な開発環境が大きく向上しました。

Lisk Commanderは強力なCLIツールとなり、ブロックチェーンアプリケーションの構築を大幅に簡素化しています。例えば、全く新しいブロックチェーンアプリケーションを1つのコマンドでブートストラップしたり、ブロックチェーンアプリケーションの新しいモジュール、プラグイン、アセットのスケルトンを生成したりすることが可能になりました。

Content image

新しいアーキテクチャの詳細や、Lisk SDKを使ったブロックチェーンアプリケーションの開発方法については、Lisk SDK documentationをご覧ください。
 

 

7. Lisk Mainnet Partyの要約

Lisk Mainnet史上最大のアップデートを記念して、Liskブロックチェーンにおける最大のプロトコル変更の概要紹介とLiskの次のステップへの洞察をコミュニティに提供するために、私たちはLisk Mainnet Partyを企画し、楽しくてダイナミックな限定オンラインイベントはYouTubeCrowdcastでライブストリーミング配信されました。

8月21日には、Liskのこれまでの最大の功績を称えて、Lisk Mainnet PartyがLisk Center Berlinのステージからライブで開催されました。イベントは、LiskのCEO兼共同創設者であるMax Kordek氏による、Lisk Core v3によってもたらされた主な変更点や改善点を網羅した、Liskメインネットの移行プロセスに関する広範囲にわたる詳細なプレゼンテーションから始まりました。このダイナミックなイベントは、Liskのコミュニティにとって、Liskのリサーチ、開発、マーケティングチームと交流する素晴らしい機会となりました。

最終的に移行ブロックの高さに到達すると、Maxは、Mona Bärenfänger氏(テクニカルライター)、Iker Alustiza氏(リサーチサイエンティスト)、Ishan Tiwari氏(バックエンド開発者)、Mitsuaki Uchimoto氏(バックエンド開発者)と有益なディスカッションを行い、プロジェクトの主な成果を振り返り、舞台裏の話をし、それぞれのこれまでの道のりに関する洞察を議論しました。

201ブロックの待機時間が終わり、スナップショットが正常に取得され、Liskメインネットが移行されると、マーケティング・リードのMonica Tartau氏がステージに招かれ、Liskのこの素晴らしい成果について語りました。Monicaは、今後のマーケティングプランに関するコミュニティからの質問に答え、10名のミームコンテストの受賞者を発表しました。

Lisk Mainnet Partyは、Liskメインネットへの移行が成功したこと、Liskの将来性、今後数ヶ月の計画などを説明したMaxのライブAMAを経て終了しました。

Content image



 8. 展望:今後の展開は?

Lisk Mainnet v3への移行が成功したことで、ロードマップにおける "エメラルド "フェーズが終了し、"サファイア "フェーズが始まります。

プロトコルとコードベースにおける上述のすべての改善により、新しいLisk Mainnet v3は、今夏のLisk.jsで初めて一般に発表されたLiskの相互運用性ソリューションを統合するための完璧な準備が整っています。この相互運用性は、ブロックチェーンアプリケーションがサイドチェーンとして登録できるようにするための最後の重要な機能です。これにより、Liskメインチェーンとその他の接続されたサイドチェーンで構成されるLiskエコシステムとのやり取りが可能になります。

 

9. 開発の焦点:Liskの相互運用性

次のメジャーリリースLisk SDK(v6)とそれに続くLisk Core(v4)の計画と開発は、すでにフルスピードで進んでいます。Lisk Core v4のリリースにより、Liskの相互運用性ソリューションがLisk Mainnetに導入されます。現在の進捗状況は、GitHubリポジトリの対応するプロジェクトをフォローすることで、リアルタイムに確認することができます。

Lisk SDK projects
Lisk Core projects
 

10. 研究テーマ:ブロックチェーンの相互運用性

これまでに、合計40のLIPが公開されています。既存のすべてのLIPの概要は、GitHubのLIPsリポジトリに掲載されています。相互運用性に向けた開発の進展とは別に、相互運用性に関連するいくつかの新しい研究対象が準備されています。

以下の10の研究対象はほぼ完了しており、これで研究フェーズ「Lisk Interoperability」が完了します。

Chain registration(チェーン登録)
Cross-chain messages(クロスチェーンメッセージ)
Introduce the auth module(authモジュールの導入)
Introduce the fee module(料金モジュールの導入)
Proof-of-Authority validator selection mechanism(Proof-of-Authorityのバリデータ選択メカニズム)
Properties, serialization, and initial values of the interoperability module(相互運用モジュールのプロパティ、シリアライズ、初期値)
Define state and state transitions of the random module(ランダムモジュールの状態と状態遷移の定義)
Define state transitions of the reward module(報酬モジュールの状態遷移の定義)
Introduce the validators module(バリデータモジュールの導入)
Add weights to Lisk-BFT consensus protocol(Lisk-BFTコンセンサスプロトコルへの重みの追加)

以下の研究対象はすでに計画されており、研究フェーズ「相互運用性の向上」の一部となっています。

・Reduce time to finality(ファイナリティまでの時間短縮)
・Provide relayer incentivization mechanism(レイヤーのインセンティブメカニズムの提供)
・Generalize the transaction fee system(取引手数料システムの一般化)

研究チームは、「Liskの相互運用性」と「相互運用性の向上」というマイルストーンを含むサファイア・フェーズを終えた後、「ブロックチェーンの相互運用性」という研究マイルストーンを含むダイヤモンド・フェーズに集中し、LiskのエコシステムとEthereum、Cosmos、Cardano、Polkadotなどの他のブロックチェーン・エコシステムとの相互運用性に焦点を当てていきます。これにより、Liskのサイドチェーンは、他のエコシステムのブロックチェーンアプリケーションと通信できるようになり、またその逆も可能になるため、大きな飛躍が期待できます。ブロックチェーンの相互運用性は、Liskのエコシステムにとって次の大きな進化のステップであり、異なるブロックチェーンプラットフォーム上にある様々なプロジェクト間の協力に大きく貢献するでしょう。最後に、これはブロックチェーンアプリケーションの全体的な普及を進める上で、重要な意味を持ちます。

Content image

 

11. 結論

要約すると、私たちがこの3年間にわたって熱心に取り組んできた新しいLisk Mainnet v3と、その上述のすべての機能および変更点をついに発表できることを嬉しく思います。これは膨大で複雑な作業でしたが、結果的にこれらの新機能をLiskメインチェーンの大規模かつ包括的な移行にまとめ、ネットワークで必要なハードワークの数を減らすことに成功しました。今では、待ち望んでいた次世代の機能のすべてを利用することが可能です。

しかし、これはほんの始まりに過ぎません。Lisk SDKはすでに輝く宝石のようなものですが、今後も改良・改善が続けられるでしょう。Lisk相互運用性が到来すれば、現在存在する最も先進的でスケーラブルなブロックチェーン相互運用性ソリューションの1つを手に入れるまであと一歩です。

Liskを次のレベルに引き上げるこのエキサイティングな旅にお付き合いいただいた皆様に感謝いたします。まず第一に、Liskの熱心なコミュニティです。コミュニティは常に協力的で親切であり、さらに向上するための刺激を与え続けてくれます。皆様のご支援がなければ、このようなことはできませんでした。コミュニティメンバーがLisk SDKを活用して、コミュニティに役立つサービスを提供するウェブサイトを構築したり、Lisk.chatに継続的に参加したり、他のコミュニティメンバーをサポートしたりするなど、さまざまな革新的なプロジェクトやアイデアを実現しているのを見て、非常にモチベーションが高まっています。最後に、優れたサポートと建設的なフィードバックを提供してくれたコミュニティ・モデレーターとコミュニティ・スクワッドにも感謝したいと思います。私たちは、このような活発で支持的なコミュニティがあることに永遠に感謝しており、コミュニティの拡大とさらなる成長に合わせて、今後もサポートを提供していきたいと考えています。

皆さん、新しいLiskメインネットを楽しんでください!
 

出典:Lisk公式ブログ Meet the New Lisk Mainnet

 

Supporter profile iconSupporter profile icon
Article tip 2人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 161.04 ALIS Article tip 5.53 ALIS
uzamaru's icon'
  • uzamaru
  • @uzamaru

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

17万円のPCでTwitterやってるのはもったいないのでETHマイニングを始めた話

Like token Tip token
46.60 ALIS
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS