クリプト

Max Kordek氏にLisk 3.0、半減期、そして彼自身の暗号通貨ポートフォリオについて独占インタビュー

uzamaru's icon'
  • uzamaru
  • 2020/10/10 04:36

暗号資産メディア「U.TODAY」がLiskのCEOであるMax Kordek氏へインタビューした記事「Exclusive Interview with Max Kordek on Lisk 3.0, Halvening and His Own Crypto Portfolioを翻訳しました。

Rimma Trukhina
LiskのCEO兼共同創業者Max Kordek氏がU.Todayに、Liskの最大のアップデート、半減期について語ったほか、160万LSKを保有しているアカウントが初期化されていないケースについて説明した。

Content image

この対談では、LiskのCEO兼共同創業者であるMax Kordek氏との会話の中で、ブロックチェーン分野での彼のキャリアの始まりから、彼の暗号通貨ポートフォリオに至るまでのすべてについてお聞きしました。Maxはまた、Liskのプロジェクトの技術的な側面を簡単な言葉で説明し、Vitalik Buterin氏の最近の発言に対する見解を共有しました。これは興味深いインタビューになりました。お見逃しなく!

 

U.Today:Lisk Foundationの共同創設者であるOliver Beddows氏とはどのようにして知り合ったのですか?リスクを設立しようという考えはどのようにして生まれたのですか?

Max Kordek:Oliverと私は別のブロックチェーンのスタートアップで18ヶ月間一緒に仕事をしていました。そのスタートアップの中心的なアイデアは、開発者が独自のブロックチェーンアプリケーションを構築するためのツールを開発することでした。それはLiskに少し似ていました。Oliverと私はそのアイデアをさらに発展させ、チームに提案しました。しかし、彼らはこのアイデアを真に受けようとはしませんでした。資金は減少していて、スタートアップのモチベーションは低くなっていました。彼らはプロジェクトを継続することを望んでいませんでした。

私たちはチームから離れてLiskという会社を作りました。最初のアイデアはその時に生まれたもので、基本的には開発者がブロックチェーンアプリケーションを簡単かつ迅速に構築できるようにし、それらのアプリケーションを他のブロックチェーンアプリケーションのより広いエコシステムに接続するというものでした。それはブロックチェーンアプリケーションのネットワークであり、そこにアプリケーションが追加されるごとに、より強力に成長していきます。それがすべての始まりです。Oliverと私は会社を設立してからの最初の半年間、実社会では会っていなかったので面白かったです。

Content image
Max Kordek 写真提供:Lisk.io

私たちは1月に事業を開始し、最初に会ったのは6月のベルリンでした。その時には既にすべての資金を調達し、すべてがスタートし、メインネットも稼動していました。私たちの関係はそれまでお互い会ったことがなかったし、実際に会ったこともなかったので、信頼関係に基づいていました。

U.Today:それは興味深いですね。以前のチームは、このプロジェクトに参加しなかったことを後悔していると思いますか?

Max Kordek:最初はそうだったかもしれませんが、彼らは皆、この分野の他のプロジェクトに移っていきました。それほど早い時期でしたしチャンスは至る所にありました。彼らの多くは、そのような機会を見つけました。今では全員が他の非常に成功したプロジェクトに移っていると思います。

U.Today:それは良かったですね。11月にはベルリンにLiskの新センターがオープンしますが、かなりのスピードで拡大しているのがわかります。現在Liskでは何人くらいの従業員がいて、今後も拡大していく予定はありますか?

Max Kordek:ベルリンにはLightcurveというブロックチェーンスタジオがあります。そこでは現在32人を雇用しています。スイスのチューリッヒにあるLisk Foundationでは4人を雇用していて、Oliverと私を含む3人の主要メンバーがいます。合計39名です。合計40人を超えてはいけないと思っています。40人程度居れば、私たちのビジョンを構築するのに十分な人数だと考えています。昨年末にはかなりの数の人たちを辞めさせました。

Content image
Liskチーム 写真提供:Lisk.io

私たちは基本的にチームを半数にしたのですが、それが影響し、さらに数人の人が去っていってしまいました。これまでの人生で最もハードなことの一つではありましたが、プロジェクトにとっては非常にポジティブなことをしたと思います。しかし、プロジェクトは生まれ変わった。モチベーションと情熱が本当に強く戻ってきました。そのために、また何人か人を雇う必要が出てきました。今のところ40人くらいが最終的な目標です。

U.Today:プラットフォームのコンセンサスのタイプとしてdelegated proof of stake(DPOS)を選んだ理由を教えてください。また、どのようにしてバリデータを誘致しているのですか?

Max Kordek:私の考えでは、delegated proof of stake(DPOS)は、現在市場に出回っている唯一のスケーラブルで安全な実証済みのコンセンサスアルゴリズムだと思います。通常のproof of stake(PoS)やproof of work(POW)のコンセンサスアルゴリズムでは十分なスケーラビリティがなく、Ethereum FoundationがEthereum 2.0のために取り組んでいるシャーディングメカニズムは、現在の市場では現実的に証明されていません。私たちは、証明されていてスケーラブルで安全な、delegated proof of stakeのようなものを必要としています。

要約すると、私たちは業界に最先端の技術をもたらすためにここにいるのではありません。私たちは、ブロックチェーン技術をアクセス可能なものにして、人々に届けるためにここにいるのです。それが私たちにとって最も重要なことであり、delegated proof of stakeは、バリデーターを惹きつけるためのすべてのチェックボックスを満たしています。私たちの場合、彼らはデリゲートと呼ばれています。これが、delegated proof of stake(DPOS)と呼ばれる理由です。彼らはただお金の流れに従うだけです。彼らを引き付けることに問題があったことは一度もありません。私たちの場合、デリゲートになるのは本当に大変な戦いです。多くの人が挑戦しているので、私たちのブロックチェーンを確保したいと思っているデリゲートは常に十分に存在するでしょう。

Content image
Max Kordek 写真提供:Lisk.io

U.Today:Lisk SDK 5.0について教えてください。何が新しくなったのでしょうか?

Max Kordek:Lisk Core 3.0について話すのが一番だと思います。私たちの場合は非常に複雑で、多くのバージョンがあります。Lisk Core 3.0には、Lisk SDK 3.0、4.0、5.0のすべての変更点が含まれています。SDKは基本的には、先ほどお話した開発者向けのツールキットで、Coreは当社のネットワークを構築するソフトウェアです。私たちのツールはサードパーティの開発者のためだけのものではありません。私たち自身のためでもあります。そのため、Lisk自体を構築するために自分たちのツールを再利用しています。私たちは今、Lisk SDK 3.0、4.0、5.0に一年かけて取り組んできました。これらはすべてLisk Core 3.0にバンドルされています。

これまでで最大のアップデートとなります。私の知る限りでは稼働中のブロックチェーンの中では世界最大のアップデートになるでしょう。それは本当に大規模なものです。

Lisk SDK 3.0が導入する機能のいくつかは、新しいBFT-Byzantine Fault Tolerance-consensusアルゴリズムです。ブロックチェーンが場合によってはロールバックする可能性があるため、常に一定数の確認を待たなければなりません。しかし、この機能を使えば、最悪の場合、150回の確認を経て、そのトランザクションは100パーセントブロックチェーンに永遠に固定されます。これは相互運用性やブロックチェーンから別のブロックチェーンへのトークンの送信で重要になります。セキュリティ上の理由を含め、非常に重要なエッジケースがあるかもしれません。

トランザクションのサイズも小さくしました。1つのブロックにより多くを収めることができ、スケーラビリティにも優れています。私たちは、ピアツーピアネットワークをより強固なものにし、SDK 3.0にさらに多くのものを追加しました。SDK 4.0では、新しい料金システムを導入しました。これにより、トランザクションの送信が大幅に安くなり、コミュニティが長い間求めていたより多くのトランザクションを各ブロックに収めることができます。またマルチシグネチャシステムを再設計し、より安全性を高めました。1人の個人では信用に値しないかもしれないが複数のグループでお金を監視することを信用する企業にとっては非常に必要とされる機能です。

Content image
Lisk.js. 写真提供:Lisk.io

あなたが質問した大きなプロジェクトが、現在品質保証(QA)中のLisk SDK 5.0です。これは新しいデータベースを導入したもので、Postgresと呼ばれるものからEmbeddedDBに移行しました。私たちはオンチェーンアーキテクチャと呼ばれるものを導入し、すべてのものをよりモジュール化し、カスタマイズすることができます。これは、開発者体験のためのよく考えられた新機能であり、また、セキュリティを高めるためのアドレス、トランザクション、ブロックのための新しいID システムでもあります。

これらの変更点はすべて、サードパーティのセキュリティ監査が終了した後に実装され、Lisk Core 3.0の大型アップデートが行われます。このアップデートにより、私たちのブロックチェーンは、セキュリティとスケーラビリティの面で業界のトッププレイヤーの中でも、全く異なるレベルになるでしょう。

U.Today:私の知る限りでは、Liskは半減期を迎えたばかりです。これはコミュニティに影響を与えるのでしょうか?もしそうだとしたら、どのように影響しますか?

Max Kordek:半減期は9月27日の日曜日の夕方に迎えました。基本的に私たちのブロックチェーンは、1ブロックあたり5 LSKのインフレから始まりました。つまり、デリゲートやバリデーターが新しいブロックを作成した場合、そのデリゲートは5LSKを取得し、さらに毎年減少していきます。ブロック報酬が減るという話の方が真実味があります。しかし、9月27日には2LSKから1LSKに減少しました。インフレ率が半減したので、最初で最後の実質半減期だったことになります。

私の知る限りでは、コミュニティにはあまり影響はないはずです。このようなインフレ率の低下が起こるのは、これが最後です。そして当然のことながら、デリゲートの資金が少なくなったので その資金でより少ない人数や プロジェクトを支援することになるかもしれません。

昔はあまりプロジェクトに分配されていなかったと思います。ネットワーク上のステークホルダーに多く分配されていました。インフレが減り、市場への売り圧力が減るということは、最終的にはトレーダーやLSKの価格を気にしている人たちにとっては良いことに繋がるはずです。しかし今後は、すべてのブロックは永遠に1LSKでデリゲートにインセンティブを与えることになります。その影響は、コミュニティ内ではあまり目に見えないはずです。

U.Today:最近、Vitalik Buterin氏は、「Ethereum killers」の本当のスループットは1秒間に100~300トランザクションであると主張しています。この発言についてコメントしていただけますか?また、Liskの帯域幅についてはどうでしょうか?

Max Kordek:Vitalik氏が言っていたのは、他のプロジェクトではしばしば法外なTPS数を主張していますが、これらの数字は真実ではないということです。私は彼の言うことに完全に同意します。1,000や10,000のTPSを主張するプロジェクトを見てきましたが、これは絶対的な嘘です。投資家のような、このトピックを理解していない人々を引き付けるために嘘をついているだけなのです。

数字を確認してみました。Ethereumは1日あたり約100万件、Bitcoinは1日あたり約30万件の取引があります。現在Liskでは人為的にそれを制限していますが、Lisk Core 3.0のリリースではEthereumと同じ帯域幅のスケーラビリティも実現します。これは、1日あたり100万トランザクションを意味します。これはちょうど1秒あたり11.5トランザクションですが、1日に何秒もあるので、結局100万件になります。Ethereumと同じようなスケーラビリティを持つことになります。この数字を選んだのは、単にEthereumと同じレベルになるためではなく、ブロックチェーン自体が成長しているからです。

Content image
Max Kordek 写真提供:Lisk.io

Ethereumと同じTPSで、私たちのブロックチェーンは年間50GB成長しています。これは理にかなった取引量であり、合理的なブロックチェーンの成長だと考えました。最も利用されているEthereumのブロックチェーンアプリケーションであるUniswapは、本日22万件の取引がありました。違いは、Ethereumの場合これらのブロックチェーンアプリケーションはすべてEthereumブロックチェーン上で動作しているということです。Liskの場合それらは独自のブロックチェーン上で実行され、他のすべてのブロックチェーンはトランザクション数の影響を受けません。

したがって、1日あたり1,000,000件のトランザクションがあれば、今後数年間はLiskにとって十分すぎるほどの規模であると結論づけることができます。

質問に戻りますが、300TPSの場合、ブロックチェーンは毎年1,300GBずつ成長することになります。10,000TPSの場合は、43,400 GBの成長を意味します。これらの数字がいかに不合理であるかを示している。

U.Today:あなたは個人的に暗号通貨ポートフォリオを持っていますか?あなたが持っている資産のいくつかを挙げることができますか?

Max Kordek:いいえ、暗号通貨は持っていません。

U.Today:本当に?

Max Kordek:もちろん冗談です。2012年から、私は暗号通貨を所有しています。私は多くの暗号通貨を持っていましたが、2018年の大きな誇大広告の後、私はそれを必要最低限のものに縮小しました。当たり前ですが、私はLiskを持っています。それは私のポートフォリオの最大の部分です。それ以外はビットコインとイーサリアムだけを保有し他には何も持っていません。DeFiについて実験するために数ドルのステーブルコインを持っていますが、それは実験のためだけのものです。私のポートフォリオはLiskとBitcoinとEthereumです。

U.Today:初期化されていないアカウントが何なのか、なぜ初期化されていないアカウントはセキュリティが低いのか、160万の初期化されていないLSKアカウントの場合はどうなっているのか、技術の知識がない私に説明していただけないでしょうか?

Max Kordek:2016年以降、Liskブロックチェーンは非常にシンプルなアドレスを使用しています。基本的には20桁程度の数字で、公開鍵をより簡単かつ短く表現したものですが、その一方で秘密鍵の表現であるパスフレーズはもっとたくさん存在します。基本的には文字や数字、記号など、想像できる限りの長さがあれば何でも構いません。

つまり、最終的には、2つの異なるパスフレーズが同じアドレスに繋がることがあるということです。これを衝突と呼びます。

Content image
Liskチーム 写真提供:Lisk.io

したがって、アカウント内にLSKを持つ人々が1回の送信トランザクションを行うことは非常に重要です。なぜなら、秘密鍵と同じ長さの公開鍵がブロックチェーン上に保存され、あなたのアカウントと結びつくからです。

公開鍵は秘密鍵と同じ長さと複雑さを持ち、あなたのアカウントはビットコインと同じ程度に安全になります。だからこそ、誰もが1回の送信トランザクションを行うべきなのです。

1,600,000LSKのアカウントは、送信トランザクションがないため、まだ公開鍵が追加されていないため、このような衝突攻撃を受けることになります。つまり同じアドレスにつながるパスフレーズのいずれかがこれらのLSKを取得することができ、私たちにとっては、誰が正当な所有者であるかを判断することは不可能です。このアカウントはICO参加者からのもので、その人にはすでに複数回連絡を取っています。しかし、私たちは返答を得ていません。ここでの唯一の危険は誰かがそのアカウントにアクセスして市場でLSKを売却することです。私は、この数量のLSKでは市場に大きな影響を与えないと信じています。

初期化についてはLisk SDK 5.0.0で変更され、新しいアドレスシステムが導入されます。そのため、すでに修正が行われており、現在は品質保証(QA)中です。

U.Today:最後の質問です。Lisk以外で、どの暗号通貨が面白いと思いますか?私はBitcoinとEthereumだと思っていますが、他にもいくつか挙げることができるかもしれません。

Max Kordek:明らかにBitcoinは、すべての暗号通貨の母であり、価値のデジタルストアであり、リストのトップにあるべきです。Ethereumは、誰も興味を示さない他のスマートコントラクトプラットフォームとは異なり、人々が実際にスマートコントラクトを開発するワールドコンピュータです。Liskはもちろん自分の子供で、採用を目指して頑張っています。

私は、他の開発者が全く新しいブロックチェーンを構築し、より広いエコシステムに接続して、直接ユーザーにオンボードしたり、既存のコミュニティを促進したりできるようなプラットフォームが世界に必要だと思っています。

それとは別に、私は市場調査をする時間があまりありません。Liskと比較すると、基本的に私たちには私たちと似たようなことをしているプロジェクトであるPolkadotとCosmosという 2 つの主要な競合がいます。どちらも開発者が独自のブロックチェーンアプリケーションを構築するためのSDKに取り組んでいます。Liskの場合、このSDKはJavaScriptで書かれています。Polkadotの場合はRust。Cosmosの場合はGoです。技術的な面ではだいぶ異なりますが、ビジョンは似ています。

それはさておき、私はすぐにDeFiの誇大広告に飛びつくつもりはありません。私にとっては、何か実質的なものを見るにはまだ早すぎるのです。正直なところ、開発者のためのツールを構築し、この分野を革新しているプロジェクト、つまりBitcoin、Ethereum、Polkadot、Cosmos、Liskのことを指します。これらのプロジェクトは、私にとっては、今のところ最高の競争相手であり、最高のプロジェクトだと思います。

 

出典:Exclusive Interview with Max Kordek on Lisk 3.0, Halvening and His Own Crypto Portfolio

 

 

Article tip 0人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 20.43 ALIS Article tip 0.00 ALIS
uzamaru's icon'
  • uzamaru
  • @uzamaru

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.99 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
54.01 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.06k ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS