【農学】オクラ 60日目 傾向対策解説【栽培】

 

オクラを種蒔きして、60日目の生育状態です。データ・スペックは以下です。

【データ オクラ】

品種:オクラ

日光:多め

水分:土が乾いたらたっぷり水やり

気温:20度から30度

鉢号:10号鉢(30cm)

鉢材:プラスチック(白)

 

Q:オクラの栽培で、60日目にどうなるのですか?
A:オクラ60日目には本格的に成長していきます。また、茎葉にムチンが現れるようになります。

茎はしなやかに曲がりながら伸びていきます。

 

人間の手のように葉が広がり、日光をたくさん吸収できるようになります。

 

細胞分裂がたくさん進んでいます。毛もボーボーです。

 

茎のところどころにムチンが現れています。ムチンは無害なので、特に手入れは必要ありません。



Q:オクラの栽培で、ムチンとは何ですか?
A:オクラのムチン(mucin)とは、茎葉に現れる白いツブツブです。水玉にも似ていますが、触れるとネバネバしていますので、区別しやすいです。ムチンは、糖とタンパク質が結びついた粘性物質です。ムチンの役割には、表層保護や害虫予防があると考えられています。

 

元記事 オクラ 栽培 傾向対策解説


農学 基礎知識技術編

 

Q:オクラとは何ですか?

A:オクラはアオイ科の多年草です。初心者でも栽培しやすく、家庭栽培に適しており、入門用にふさわしい植物です。

 

Q:オクラの呼び方にはどのようなものがあるのですか?

A:オクラはさまざまな呼び名がついています。以下のようにまとめられます。

和名:オクラ・アメリカネリ

学名:Abelmoschus esculentus Moench

英名:Okra・Gombo

 

Q:オクラはおいしいですか?

A:オクラは栄養価の高い緑黄色野菜です。独特のネバネバがありますので、お鍋に混ぜたり、さっぱりとした料理の副菜として楽しまれています。

 

Q:オクラはどのように料理すればよいですか?

A:オクラはお鍋で2分ほど茹でれば、おいしく食べられます。好みに合わせて、正油・マヨネーズ・酢なども和えるとよいです。

 

Q:オクラの栽培で、日頃のお手入れはどうしたら良いですか?

A:オクラの原産は熱帯地方なので、似たような環境を作りましょう。オクラの日々のお手入れは以下がおすすめです。

日光:多め

水分:土が乾いたらたっぷり水やり

気温:10度から25度

PH:6.0ー6.5(弱酸性)

 

 

 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/04/28 13.12 ALIS 0.00 ALIS
東京先生 Tokyo-Teacher's icon'
  • 東京先生 Tokyo-Teacher
  • @yujiyabe
プロ家庭教師・教育コンサルタント・Edtech・ICT
コメントする
コメントする