カフェイン摂取をやめて3ヶ月がたった。

 

 

私はカフェインが大好きだった。

 

コーヒーが好きだったわけではない。ただただカフェインが好きだった。

 

と言うのも、カフェインをとると眠気がなくなってどこか集中できる気がした。

 

そんなある日気づいたこと。

 

カフェイン代がバカにならない。

およそ10000円/月。

 

そこでふと考えた。「カフェインて本当に自分にとって必要なのか?」

3ヶ月やめれば、必要かどうか分かるだろうと思い、実行してみた。

 

そして、3ヶ月がたった。

 

結論から言うと、

 

私にはカフェインはいらなかった。と言うよりなんでもよかった。

 

その理由はカフェインの代替が可能だったこと。

 

私はこの3ヶ月、眠いと感じたら「白湯」を飲むようにしていた。

特に意味はない。ググったところどうやら白湯が体にいいというくらいだ。

 

最初の一週間。

眠い。カフェインが欲しい。覚醒したい。

白湯頑張って飲む。

 

次の一週間。

眠いから白湯でものむか。

 

そう、効果はたったの一週間で表れた。

眠い状態から解放されたい→カフェイン

だった私は、

眠い→カフェイン→頑張る

と言うサイクルに陥っていた。

 

そのサイクルを、

眠い→白湯→頑張る

にした結果、たった二週間で、

眠い状態から解放されたい→白湯

へと思考が変わっていった。

 

要は、なんでもよかったのだ。眠気から解放されると信じることができる何かがあれば。

この現象、生活の他の部分でも当てはまりそう。

 

今では、美味しさを求めてコーヒーを飲むことはあるがカフェイン摂取のため(眠気覚ましのため)に飲むことは全くない。

 

でも私の名前、カフェラテなんだよね。どうしよう。

 

 

ちなみに、よく

「カフェインをやめて夜ぐっすり!朝スッキリ」とかの、

「カフェインをやめて○○!」系は特になかったよ。

 

 

 

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/10/03 33.74 ALIS 5.20 ALIS
カフェオレ's icon'
  • カフェオレ
  • @Cafe-au-lait
仮想通貨、キャッシュレス、映画、読書に絶賛どハマり中です。よろしくお願いします。
コメントする
コメントする