DeFi事件簿「フラッシュローンから始まるノーリスクアタック」Fulcrum,synthetixを経た攻撃。

Content image
立て続けに起こるフラッシュローンからの攻撃的トレード

https://etherscan.io/tx/0x762881b07feb63c436dee38edd4ff1f7a74c33091e534af56c9f7d49b5ecac15

↑これがそのTX

概要↓

 

何が起こったか要約

1、7500ETHのフラッシュローン(bZx)

2、約3500ETHでsUSDを購入(←もしくはsynthetixで発行?)

3、「2」のsUSDを担保(torque?)に入れる

4、900ETHでsUSDを購入(Kyber)

5、sUSDの値上がりにより「3」から過剰なETHの引き出しに成功。

6、「2」と「4」の逆行と、「5」からのETHで7500ETHのフラッシュローン返済
  残りは利益、推定1000ETHほどらしいけど詳細不明。

 

そしてどうなったか

1、torque(←定かではない)で担保割れしたETHの貸し出しが推定1000ETH残った?

2、「1」の貸出総額はsUSDが過小担保として支えているだけ。

3、攻撃者はこのローンはデフォルトのためスルー。プロトコルは清算を中断中だと思われる。

 

詳細の公式発表はまだないので、真偽は定かではない。

公式発表後に記事を更新する予定です。

 

 

一回目のアタックのとりまとめはこちら↓ 併せてご確認ください。

 

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2020/02/18 146.63 ALIS 3.90 ALIS
CryptoChick's icon'
  • CryptoChick
  • @CryptoChick
ただのひよこ。 Just a chick   
コメントする
コメントする