天国へのエレベーター

 

 病院は停電になると、自家発電に切り替わって、生命維持装置や手術室の器械は、止まらない様になっている。

そんな環境で、仕事をしているから、停電は怖くなかった。

準夜勤の勤務が終わり、仮眠室にエレベーターで向かった。

11階のボタンを押した直後に、エレベータ内の電気が点滅して、電気が切り替わった、また、停電?

疲れていたし、「動いてくれていればいいや!」と思っていた。

一度閉まりかけたドアが開いて、女の人が入ってきた。

初めての顔?

どこかで会っているけど、思い出せない。

それに、看護師ではないのかな~白衣を着ていない。

女医さん?

・・・

白くて細い手が美しい

長い髪が、顔を隠している。

白くて細い手が13階を押している

・・・・

あれ~?

この病院には、13階はない。

11階が、スタッフルームになっている 。更衣室、仮眠室もある

12階は屋上だ。

・・・

「お世話になりました。看護師さん」

彼女は振り向いて、顔をみせた。

「あ~、2時間前に、亡くなった患者さん、こんなに奇麗で、若々しい人だったんだ」

さっき、私が死後の処置をさせてもらった。若いのに、老人の様に痩せこけていた。

何だか、辛くて、可哀想で・・・苦しくなった。

お見送りの時に、感情が抑えきれなくて、思わず泣いてしまった。

その思いを引きずってしまって・・・

そして

彼女を連れて来てしまったのだ・・・


13階の扉が開くと、彼女は、優しい笑顔を見せて、そっと、お辞儀をして出て行った。

扉の向こうにある天国への階段を登って行く・・・


ドアが閉まる


エレベーター内の電気が点滅して、電源が切り替わる音がする


11階のドアが開いた。

屋上の上には、もう13階のボタンは無くなっている


私の、彼女への感傷も、スーッと消えて無くなった。



過去記事 https://alis.to/users/Enigma



Twitter⇒https://twitter.com/nextBBA

公開日:2019/03/14
獲得ALIS:26.98
ALISのお婆ちゃん's icon'
  • ALISのお婆ちゃん
  • @Enigma
興味あって、見る側に居ましたが、私もやってみようかな!年齢制限もないみたいだし、精神年齢だけは若い。何なら、止まっているのかも。
コメントする
  • mikazuki-kazuki
  • 4日前

私も最後にお礼の言葉を伝えていくような死に方をしたい…

返信
  • ころん
  • 5日前

怖いような切ないような!

返信
コメントする