クリプト

プライバシーZKソリューションを提供するAztecの概要

ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • 2023/01/22 00:44

 

WAGMI Ventures

翻訳:Takeshi@Think Globally, Act Locally

Content image

Aztec は、イーサリアムの根本のコミットである「分散型で検証可能な世界のコンピュータ — 」を、暗号化してその能力を大幅に拡張する形で実現しています。暗号化によってWeb2を電子商取引、安全なアカウント、アクセス制御の時代へと導いたように、次世代の完全暗号化ブロックチェーンは、現在存在するWeb3の限定的な状態からの進化を先導するものとなるでしょう。Aztecは、a16z cryptoをリードにA Capital, King River, Variant, SV Angel, Hash Key, Fenbushiなどの参加によって$100MシリーズBラウンドを成功させました。

チーム

共同創業者兼CEOのZac WilliamsonとCPOのJoe Andrewsが、Aztec Networkを率いています。ZacはCERNとT2K Japanで素粒子物理学を学び、ゼロ知識証明アルゴリズム「PLONK」を共同開発しました。Joeは、シリコンバレーのフードテック系スタートアップであるRadishの元CTOで、インペリアル・カレッジ・ロンドンで材料科学のB.Engを取得し、豊富な開発経験を持っています。ZacとJoeは、チーフサイエンティストのAriel Gabizon、CTOのCharlie Lye、グロース担当のJonathan Wu、ビジネス開発担当のLisa Cuesta、暗号技術リードのMichael Connor、NoirリードのKev Wedderburnといった魅力的なリーダーシップチームによってサポートされています。リーダーシップチームは、暗号、エンジニアリング、商業、その他の部門からなる約30名のプロフェッショナルによって支えられており、それぞれAave, Consensys Academy, Celo Foundation, ChainSafe Systems, Rockstar Gamesの経歴を持っています。Aztecは、現在の急成長を加速させるために、現在の40人のチームの規模を倍増させようとしています。

Content image

 

Aztecの原点

Zacは、大企業の顧客にコーポレートローンとシンジケートデットを提供する分散型のプラットフォームとして、2017年にAztec(旧称Creditmint)を共同設立しました。Zacはその後、ブロックチェーン領域におけるプライバシーの不在が、チームがその市場セグメントに効果的にサービスを提供することを妨げる決定的なギャップと障害であることに気づきました。

その解決策を模索する中で、ZacはZcashzk-SNARKs(zero-knowledge Succinct Non-Interactive Arguments of Knowledge)という概念に出会い、魅了されます。Zcashとzk-SNARKsは、ある情報(暗号鍵)の所有を、その情報を明かすことなく、また証明者と検証者の間の相互作用なしに証明することができるという、基本的な証明構造からなります。この論理は、プライバシーと暗号に大きく関係しています。なぜなら、ブロックチェーン上では私的な取引を完全に暗号化しながらも、ネットワークのコンセンサスルールに基づいて有効性を検証することができるからです。6ヵ月後、彼はZKの博士号を取得し、Aztec Networkの起源となる「Aha」の境地に達したのです。ZKの登場は、ZacをCreditmintの範囲を超える新しい壮大なビジョンに導き、彼は完全に暗号化されたイーサリアムネットワークを構築するための新たな道を歩み始めたのです。

プラットフォームの概要

Aztec Networkは、Ethereum上のプライバシーファーストのZK-rollupで、zCashやIron Fishなどの他の暗号化ネットワークとは異なり、その技術は最近まで不可能だったプログラマブル暗号化を可能にします。このAztec 内の研究開発によるプログラム可能なブロックチェーン暗号化の最近の出現は、同プロジェクトがシリーズBで$100Mを調達するための重要な役割を果たしたとウィリアムソン氏は推測しています。

現在のAztecは、過去2年間に開発し、ネットワークに展開した一連の技術的ブレークスルーの集大成となるものです。2017年の創業から2021年3月のZK-ZK-Rollupとzk.moneyの導入、2022年7月のAztec Connectとリニューアルしたzk.moneyの発表、そして最新のNoir、これらの製品はAztecエコシステムの礎となりブロックチェーンを変革するレガシーとなったのです。

AztecのZK-ZK-Rollup & zk.money

AztecのプライベートZKロールアップであるZk.moneyの導入は、暗号技術にとって大きな前進であり、技術的にも一般的なZKロールアップとは一線を画すものでした。Zk.moneyは、イーサリアム上で効率的かつ完全にプライベートな取引を可能にし、プライバシーを保護するロールアップがパブリックブロックチェーンに展開された最初の例となりました。Zk.moneyでは、Aztecのユーザーは信頼できる第三者やコンセンサス・アルゴリズムに依存することはありません。その代わりに、そのシステムのセキュリティはZK暗号に支えられ、そのネットワークの合意はAztecのZK証明検証スマートコントラクトを介してイーサリアムの強靭な合意プロトコルによって直接導き出されます。このブレイクスルーは、Aztecのプロトコルの発明、最適化された証明システムの構築、ゼロ知識トランザクションを集約し処理するバックエンドサーバーなど、3年にわたるハードな技術設計の取り組みの成果として生まれました。

WilliamsonとGabizonは、Aztecの最先端のzk-SNARKである暗号プロトコル「Plonk」を開発し、その後、TurboPlonkとUltraPlonkという2つのバージョンアップ版をリリースしています。これらの製品の数学と技術、そしてそれらがどのように実現されたかには、信じられないほど深い複雑さがあります。しかし、最終的に得られたものは、現代のラップトップで高度な個人間取引をウェブブラウザで10秒以内に処理できるようにしたという驚異的な事実です。

Aztec Connect

Aztec Connectは、スマートコントラクトのプライバシーを備えた高速で分散化されたZKネットワークというAztecのビジョンに向けた次の大きな跳躍となるものでした。この製品によって、誰でもLido, Curve, ElementなどのDeFiアプリを絶対的なプライバシーで利用できるようになり、同時にイーサリアム上で個々の取引を実行するコストを最大100倍まで削減することができます。同ネットワークは、刷新されたzk.moneyファーストパーティDeFiアグリゲーターのダウンロードを公開することで、強力な新機能を探求ユーザーを惹きつけていきました。

Aztek Connectはまた、開発者が2つのユーザーフレンドリーな開発ツールでイーサリアムアプリケーションへのプライバシーの追加を可能にします。ブリッジコントラクトとSDKです。Bridge Contractsは、EthereumのスマートコントラクトをAztekのロールアップに接続します。SDKは、Aztek Connectの統合にアクセスするための美しくシームレスなWebインタフェースを可能にするフロントエンドツールキットです。Aztek ConnectはVPNに類似した働きをし、プロキシとしてロールアップコントラクトを使用し、ユーザーはAztekネットワーク内からイーサリアムサービスと対話することが可能になります。

これは、前例のない可能性もたらすものです:

完全機密のDeFiアクション(ステーキング、ボールト、レンディング、スワップ)

大幅なユーザーコストの削減

プライベートトレジャリーマネジメント、オンチェーンDAOガバナンス、NFTマネジメント

イーサリアムエコシステムのコンポーザビリティによって、メインネット上の流動性とコントラクトを維持

流動性の分断、コントラクトの再展開、コードとコントラクトの再監査がない

Aztec Network

ネットワークにおけるユーザーの参加は、入金や引き出し、DeFiインタラクションのようなプライベートトランザクションの開始から始まります。ユーザーは、プラットフォームのフロントエンド(ネットワークのファーストパーティであるzk.moneyまたはAztec SDKを統合したイーサリアムアプリ経由)と対話することで取引を開始します。ユーザーアカウントはAztec Connect SDKによってアクセス、管理され、Ethereumと同様に公開鍵と秘密鍵が含まれています。ただし、Aztecのアカウントには、1つの公開鍵と、閲覧鍵と支出鍵の2種類の秘密鍵が含まれています。

AztecのSDKは、ユーザーフレンドリーなAPIを介して上記の全てを管理し、開発者は最小限のコーディングでアカウント登録、回復、資産移転機能を統合することが可能になります。SDKは暗号化された状態を取得し、ユーザーに提供しやすい方法で開発者に提示すると同時に、個人情報を管理し、アプリケーションの手の届かない安全な場所に置くことができます。ユーザーはアプリケーションに自分のアカウントへのアクセスを許可し、SDKは状態(ユーザーが所有)を管理し、ユーザーのトランザクション(証明を構築して状態を更新する)を容易にします。

FalafelはAztecのクライアントであり、ユーザーのプルーフ(暗号化取引)を受け入れ、それらを集約してロールアッププルーフを作成し、検証のためにロールアップコントラクトにロールアッププルーフを送るオフチェーンソフトウェアとして機能します。インナープルーフには個々のトランザクションが含まれ、大規模なアウタープルーフには多数のユーザートランザクションが含まれます。Falafelは本質的に、ユーザーと実際のブロックチェーンの間のインターフェースとして機能するバッチメカニズムです。

入出金や新規アカウント登録、アズテックコネクトブリッジ取引など、暗号化されたさまざまなユーザーアクションを含む外部証明が構築されると、検証や状態更新のためにオンチェーンのロールアップコントラクトに送られた後、イーサリアムに公開されます。

Noir

Noirは、ゼロ知識証明の作成と検証のためのRustベースのドメイン固有言語(DSL)であり、あらゆる証明システムと互換性のあるzkアプリケーションを書くための最も簡単な方法です。このAztecエコシステムの最新の礎は、ブロックチェーン上で完全にプログラム可能な暗号化というエンドビジョンの真髄をなす要素です。

Noirは、 CircomZoKratesのようなZKアプリ開発者に複雑な暗号概念の知識を要求するという障壁を取り除き、ブロックチェーン開発者のZKへのアクセスを民主化するのに貢献します。つまり、暗号の専門知識を持つ開発者だけでなく、あらゆる開発者がZKアプリを構築する能力を持ち、プライベートアプリケーションのロジック構築にのみ集中すればよいということを意味します。Noirは、回路開発でよく使われる最適化された関数を標準ライブラリとして持っており、使いやすい抽象化レイヤーで高い回路効率を実現します。ZKゲームのようなアプリを従来よりも早く開発できるようになり、ZKの実用化に向けて大きな一歩を踏み出しました。
 

今後の展望

メインネットにデプロイされて以来、Aztecは2億5000万件以上の取引を処理し、総額3800万ドル以上の預入資産を有しています。Aztec Connectエコシステムは何十万もの取引を促進し、Aave, Curve, Lido, Element, Set Protocol, Compound, and Liquityなどの主要なイーサリアムDeFiプロトコルを搭載しています。

Aztecのグラントプログラムは、既存のイーサリアムサービスにプライバシーを組み込んだり、全く新しいAztec-nativeプライバシーアプリを構築する開発者にインセンティブを与え、エコシステムを前進させる取り組みとして機能しています。このプログラムは、Aztec Connectブリッジ、Aztec Connectブリッジのためのスタンドアロン消費者向けフロントエンド、本格的なAztecネイティブアプリケーション、Noirテスターに資金を提供しています。Nucleo、Trelis、zkGivingなどの独立したAztecグラントプロジェクトは、ネイティブなプライベートEthereumアプリケーションに取り組んでいる初期のパイオニア企業でもあります。

Aztecのテストネットは今後12ヶ月以内に稼動し、その後6~12ヶ月でメインネットが稼動する予定です。世界的な不況にもかかわらず、ネットワークは急成長しており、エンジニアリング、ノワールツーリング、SDK開発、P2Pネットワーク構築、データサイエンス、暗号の分野で世界レベルの新しい人材を積極的に募集しています。

Aztecは、今後も暗号化技術を研ぎ澄まし、メインストリームでの採用をサポートするレベルまで完成度を高め、従来の金融業界を根底から破壊していくことでしょう。

著:WAGMI Ventures LinkedIn | Join Syndicate

 

翻訳:Takeshi@Think Globally, Act Locally

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 22.23 ALIS Article tip 193.00 ALIS
ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • @JustInBeliever
真に意味のあるプロジェクトの記事のみを掲載していきます。クリプト分野も日本独自のガラパゴス化を歩んでいます。確かな目と耳を持ちませんか?

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
54.01 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.06k ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
61.20 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS