クリプト

Aptosのインフラ、ツール、AI、公共財:知っておくべき全知識

ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • 2023/06/06 05:17

 

Alice Orlova | Pontem Network

Content image

5月30日、Pontem NetworkはHack Hollandハッカソンの準備として、Move Tuesday Twitter Spaceを共同開催しました。パートナーのAptos Labs、Concordia、Sentio、Switchboard、Panther Protocolとともに、Aptosのインフラ、ツール、AI、公共財について話しました。

録音はこちらでお聴きになれます🎙️


 

Content image

Hack HollandでのPontem主催のインフラセッションに備えよう

6月5日から7日にかけて、アムステルダムではAptos Foundationが主催する大規模なグローバル・ハッカソンである「Hack Holland」が開催されます。Aptosで構築している最高のチームと、未来のブロックチェーンプログラミング言語「Move」を学ぶ全ての人々が集結します。

Pontem Networkは、Hack Hollandのインフラトラック(インフラ、Move開発者向けツール、ブロックチェーン上の公共財、AIを扱うイベントの一部)のスポンサーを務めています。参加者には、自分のアイデアを発表し、ネットワークを構築し、新しいプロジェクトをコーディングし、賞品を獲得する機会があります。また、イベントの一環として、PontemのCTOであるBoris Povodが主宰する、オンラインワークショップも開催されます。

Aptosのエコシステムの成長は、最終的にインフラとツールに依存するため、このトラックは最も重要なトラックだと考えています。幸いなことに、Aptosは非常に開発者フレンドリーで、他のエコシステムから来たチームにもMoveでdAppを構築するための高品質なツールをすでに提供しています。

Solidityに慣れている人は、Moveは明快で安全、そして簡単に使いこなせるという発見があります。そしてもちろん、Moveビルダーのコミュニティは常に新参者を助け、導いてくれる存在でもあります。

この記事では、Pontemのインフラツールが何をするのか、オラクルはどのように機能するのか、そしてAIとブロックチェーン産業が衝突したときに何が期待できるのかについて説明します。

AptosとMoveのPontemインフラ:ウォレットからEVMの導入

インフラ(ストラクチャー)とは、ノード、仮想マシン、dApp開発プラットフォーム、ブリッジ、ウォレットなど、ブロックチェーンを機能させるあらゆるソリューションの総称です。

インフラは、開発者がdAppや新しいブロックチェーンを構築するために使用するソフトウェアであるツーリングと部分的に交差しています。このツールには、ウォレット、コントラクトデバッグツール、コードエディター、ライブラリなどが含まれます。

エンドユーザーであれば、Pontem Wallet、Liquidswap、NFTコレクションを既にご存じでしょう。しかし、私たちはAptosインフラソリューションの主要なプロバイダーの1つでもあります。

Moveコードプレイグラウンド

プレイグラウンドは、Moveのための初めてのブラウザベースのコードエディターです。Aptosや他のMoveVMベースのブロックチェーンで構築を始めるには、これが最も簡単な方法となります。ソフトウェアのダウンロードやセットアップは不要です。https://playground.pontem.network/ にアクセスするだけで、ワークスペースにアクセスできます。このツールは完全に無料です。

Move Playgroundを使うことで、あらゆるMoveスマートコントラクトを書き、デプロイすることができます。初心者として最初の一歩を踏み出し、新しいトークンを作成する — または本格的なdAppを構築してください。いくつかのドキュメントが含まれており、TelegramのPontem Tech Supportチャットで追加の質問をすることができます。

IntelliJ IDEプラグインを動かす

IntelliJは、統合開発環境(IDE)の最も有名なツールの1つです。これらは、Python、Java、C、C++などの言語で作業するソフトウェア開発者の生産性を最大化するプラットフォームです。IntelliJの開発元はJetBrainsです。

PontemのIDEプラグインを使うことで、コーダーは使い慣れたIDE環境を使ってAptos dAppsを構築することができます。Move Code Playgroundと同様、このプラグインは100%無料です。主要なIntelliJ IDE(IDEA、PyCharm、CLionなど)と互換性があります。

このプラグインには、Moveコードの自動フォーマットやステートメント処理、シンボルサポート(クイック検索、リネーム、オートコンプリート付き)、オンザゴーのエラーチェックなどの機能があります。これらのことはすべて、開発者の体験をとても幸せにするものです。

ByteBabel: SolidityからMoveへのコードトランスレータ

もし、Ethereum用に作られたdAppを取り出し、そのコードを魔法の箱に通して、Aptos上のdApp用の動作するコードを手に入れることができたらどうでしょうか。ByteBabelは、SolidityのコードをMoveのバイナリコードにコンパイルする最初のツールなのです。

ByteBabelは、開発者がコードを書き直すことなく、EVMチェーン向けに書かれたプロジェクトをAptosエコシステムに移植することを可能にします。Aptosの処理能力(100,000 TPS)と低料金(トランザクションあたり約0.01ドル)のすべてで、Move上のEVMを試すことができる画期的な方法です。このプラグインは、すべてのイーサリアムツールをサポートしています: MetaMask、Truffle、Remixなどです。

Pontemはまた、EVMチェーンのためのMoveVMの業界初の実装に取り組んでいます。詳細はこちらをご覧ください。

AIとブロックチェーン:4つの興味深いユースケース

ニューラルネットワークは2023年の最もホットなトレンドであり、実際に多くの専門家が、ChatGPT、Midjourneyなどが職場で取って代わるのではないかと考えられています。暗号業界はこのトレンドにいち早く乗り、AGIX、OCEAN、FETなどのAI関連トークンが100%以上上昇しました。

しかし、ブロックチェーン上にAIのユースケースは本当にあるのでしょうか?もしそうなら、AIはAptosのエコシステムの発展にどう役立つのでしょうか?

まず、AIとブロックチェーンがうまく混ざり合わない領域があります:

ML(機械学習):巨大なコンピューテーションとメモリリソースが必要なので、オンチェーンで行うことはできません。

セキュリティマージンが高いdApps:クローズドソース(ブラックボックス)であるAI駆動のブロックチェーン決済ボットを想像してみてください。おそらく、100ドルなら任せられるでしょうが、100万ドルは任せないでしょう。金融やセキュリティの重要なタスクを、振る舞いを制御できないニューラルネットワークに任せることはできません。いずれにしても、金融や決済のボットをオンチェーンで動かせるようになるには、まだ遠いと言えます。

一方、期待できる領域としては以下のようなものが挙げられます:

コンテンツの出所証明

Move Tuesdayに登壇した専門家たちは、AIにおけるブロックチェーンの素晴らしいユースケースとして、コンテンツの出所証明についても言及しています。AIが作成したコンテンツや画像を、人間が作成したものと区別するのは難しくなってきていますが、これを実現する方法が必要です。ある特定の画像は、人気デジタルアーティストが描いたものなのか、それともニューラルネットワークが彼女のスタイルを模倣したものなのか?ある記事は本当にNew York Timesのものなのか、それとも偽物なのか。

ブロックチェーンは、事実を証明し、物事の起源をたどるのに適しています。だから、デジタルアイテムをそのクリエイター(署名者)に遡ってトレースするための、ブロックチェーンベースの透かしシステムを考え出すことができるかもしれません。真実と同じではありませんが、少なくとも誰が何を作ったかを証明することができるようになるのです。

簡単なコーディングとデバッグ

AIはすでにコードを書くことができますが、その結果は常に人間のプログラマーが確認する必要があります。Move言語を扱える自然言語モデルができれば、それを使って簡単なフレームワークやテスト、デバッグのアイデアを生み出すことができるようになるでしょう。

分散型インテリジェンス(DI)

このアプローチでは、AIの処理タスクが多くのユーザー(ノード)に分散されます。ブロックチェーンの仕組みに似ており、暗号ではすでに多くの「分散型AI」プロジェクトが存在します。Panther Protocolの共同設立者兼チーフサイエンティスト Anish Mohammed博士は、現在の中央集権型AIとオンチェーンAIの橋渡しになると考えています。しかし、DIシステムは制御や更新が難しいため、同じようにセキュリティマージンの問題が残ります。

ZKシステムのアシスト

どのAIモデルもゼロ知識証明を本当に検証することはできませんし、いずれにしてもセキュリティマージンが高いので、AIが独立してそのような作業を行うことを信頼することはできないでしょう。しかし、興味深い研究分野ではあります。

AIには解決しなければならない3つの深刻な問題があります:

1)透明性

2)説明可能性と真実のソース

3)情報の保存とセキュリティ

Pontemは、AIに関するオンライン専門家パネルを企画しており、そこでこれらの問題を議論する予定ですので、ご期待ください。

ツーリング、オラクル、データ分析

このセクションでは、Switchboard, Concordia, Sentio, Panther ProtocolなどのAptosの専門家が、取引の追跡、外部データの検証、ツール開発におけるコラボレーションなど、複雑だが本質的な問題について議論しました。

新しいネットワークであるAptosには、EVMチェーンで利用できる豊富なツールはまだありませんが、Aptos Foundationには、この分野の提案に対する活発な助成金制度があります。

ブロックエクスプローラーとリアルタイムのオンチェーンデータ

ここで私たちは、Aptosブロックエクスプローラーとオンチェーンデータダッシュボードで素晴らしい仕事をしているSentioに賞賛を送りたいと思います。私たちはLiquidswapでの活動を追跡し、Aptosエコシステム全体の採用を監視するためにこれらを使用しています。

トランザクションのトレース

スマートコントラクトで呼び出されたエントリー関数だけでなく、様々なコントラクトの相互呼び出しや仮想マシンで実行されたオペコードなど、それぞれのトランザクションの内部を見ることができることが重要です。

これにより、どのようにエクスプロイトが行われたのか、あるいはなぜトランザクションが意図したとおりに機能しなかったのかを特定することができます。また、透明性や独立したレビューのために、エコシステム内のすべての人がこのようなデータにアクセスできるようにすることも重要です。

EVMチェーンにはすでにそのようなトレースツールがあり、Aptosでもすぐに登場することを期待しています。
 

共同インフラ構築

ConcordiaのThomas Rubleは、健全なブロックチェーンエコシステムは、再利用可能でモジュール化された特定のプログラム(清算ボット、ローン担保のリスク管理アルゴリズム、ステーキングプロトコル、DAO管理ツール、アーカイブノード、公開データウェアハウスなど)からなるべきだと強調しました。

理想的には、チームが自分たちの得意なことに取り組み、その結果をお互いに自由に共有することを望んでいます。これはLinuxの文化に似ていて、LinuxユーザーはOSの中に何百もの小さなフリープログラムを持ち、それらはすべて異なる開発者によって作られています。

問題は、こうしたツールを構築するには、お金とリソースが必要だということです。清算ボットのように収益化できるものもあれば、ガバナンスプロトコルのように収益化できないものもあります。Aptos Foundationには助成金のプログラムがあり、理想的にはAptosチームは同じ製品について競合する提案を見たいと考えています。エコシステム全体がすでに非常に開発者フレンドリーであり、うまくいけば、共同でプリミティブを構築するシステムが出現することになるでしょう。
 

トランザクションのスケジューリングと複数の手数料支払者

Aptosに必要なもう1つのプリミティブは、Switchboardの創設者(@DoctorBlocks)が指摘したように、トランザクションのスケジューリングと料金支払いモデルに関するプロトコルです。ユーザーは、情報をどのようにオンチェーンに持ち込むか、どのように公開するか、ガスのスケジュールをどのように制御するかを決めることができるはずです。

複数のマルチペイヤーモデルは、特に興味深く、価値があります。これは、異なるエンティティがトランザクションの異なる部分に対して支払うことができるというものです。これは、複数のアドレスが同じトランザクションを承認するマルチシグとは異なるもので、マルチペイヤーモデルでは、複数の署名は存在しません。あなたが取引の主人公であることに変わりはありませんが、他の誰かが手数料のスポンサーになることができます。例えば、ゲームがユーザーを集めるために、プレイヤーに手数料を支払うことができる、などです。

Aptosは、すでに巧妙なマルチエージェントモデルを備えており、理論的には複数のガス支払者スキームに対応することができます。それでも、いくつかの課題があります:

アクセス制御(どのエンティティがトランザクションの一部を支払うことを許可されるか)

リプレイ攻撃からの保護

権限の垂直性

タイムリーな署名の集約;

適切なエンティティが報酬を得ることの確認

Switchboardはすでにこの機能をオラクル製品に組み込んでいます。興味のあるチームは、より詳しい情報を得るために彼らに連絡することを歓迎します。

ランダム性

多くのdApps(ゲームなど)はランダム性を使用しており、検証可能である必要があります。このため、サードパーティのランダムネス・ビーコンを使用することがよくあります。課題は、当事者同士が共謀できる状況にあることです。このため、ソースの数が多ければランダムな結果が保証されるわけではありません。

Aptosは、この問題を解決するために、組み込みのランダム性ソリューションに取り組んでいます。これは、Aptosの膨大なロードマップの中における注目要素となります。

オラクル:3つのモデル

Switchboardは、Aptosの主要なオラクル・プロジェクトで、ビルド・ユア・オウン・オラクル製品を提供しています。同CEOであるMitchell Gildenbergは、ブロックチェーンのオラクルが従う3つの主要なモデルについて説明しました:

プッシュボタン:オラクルは、共有したいデータ(通常は資産価格)をオンチェーンに置く。フィード作成者は、オンチェーンでの更新に対価を支払います。このようなサービスは、データを共有することを「熱望している」ことを表現することができます。

プルベース:オラクルは、選択したL1ブロックチェーンにデータを流し、L1ブロックチェーンは各価格更新を検証するメカニズムを持っているはずです。ユーザーは必要に応じてそのデータを引き出すことができますが、価格を供給するフロントエンドでボトルネックが発生するリスクがあります。

コミット・リベール Mitchell Gildenbergのお気に入りのモデル。プロトコルが特定のデータフィードを指し示し、オラクルは短い遅延の後に価格の更新をプッシュします。このようなオラクルは、要求されたときだけ情報を共有するため、「怠け者」と呼ぶことができます。

このようなオラクルの利点は、MEVウィンドウを根絶することにあります。(エコシステムにとってのMEVのコストについては、memecoinsの記事を参照してください)。トランザクションがメンプールでどのように順序付けされようとも、MEVアクターは価格の更新を利用して有利になることはないと考えられます。

注意すべき点がいくつかあります:

複数のブロックチェーンにまたがる同期:関係するすべてのチェーンがオラクルから提供された更新を知るようにすること。例えば、ETHが20の異なるチェーンで「生きている」場合、理想的には「サウロンの目」が常にすべてをスキャンして、ブロックチェーン間で価格がほぼ同じになるようにしたいものです。

信頼:第三者が提供する価格帯が真実であることを誰が検証できるのか?また、データを正しく報告するオラクルをどうやって信頼できるのか?Switchboardは、Trusted Execution Environment (TEE) Oraclesと呼ばれる、これに対する解決策にすでに取り組んでいます。

Moveを使った構築を開始する

ディスカッションでは、他にも多くの興味深いポイントが語られたので、こちらで全文を聞くことをお勧めします。Aptosでの構築に興味がある方は、6月5~7日にアムステルダムで開催されるHack Hollandに登録してみてください。

Pontemでは、CTOのBoris Povodが率いるMoveを使ったコーディングのオンラインワークショップを開催する予定です。私たちは常にPontem WalletとLiquidswapの上に構築するチームを歓迎していますので、ヘルプやガイダンスが必要な場合は、遠慮なく私たちに連絡してください。

PontemのTwitterTelegramDiscordでHack Hollandのアップデートをフォローしてください — もっと多くのレポがあります。

一緒にAptosのエコシステムを拡大していきましょう!

 

Pontemについて

Pontem Networkは、Aptosの基盤となるdAppsを構築するプロダクトスタジオです。私たちの製品は以下の通りです:

Pontem Wallet — 最高のAptos wallet

Liquidswap — Aptos初のDEX (AMM)

Move Playground — Move code editorとしてのシンプルなブラウザ

Move IntelliJ IDE plugin — 開発者向けツール

ByteBabel — Solidity-to-MoveのトランスレーターでAptos初のEVM

Pontem Networkの各コンテンツはこちら

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 206.86 ALIS Article tip 282.00 ALIS
ブロックチェーン通信's icon'
  • ブロックチェーン通信
  • @JustInBeliever
真に意味のあるプロジェクトの記事のみを掲載していきます。クリプト分野も日本独自のガラパゴス化を歩んでいます。確かな目と耳を持ちませんか?

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.10 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.06k ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS