オートファジーで空腹を幸福に!

【空腹がヒトを健康にする?】

今回は、2016年3月に東京工芸大学 「大隅良典 」栄誉教授がノーベル賞を受賞した、「オートファジー」についてお伝えしていこうと思います。

Content image
サイエンスジャーナルより画像引用

【オートファジーとは…?】

オートファジーとは、細胞が飢餓状態になると、細胞自身の一部や、体内の不要な細胞を分解し栄養源を作る機能のことです。

 

不要な細胞とは、病的に侵された細胞や老廃物など不要と判断された細胞のことです。

 

【オートファジーの仕組み】

Content image

 

飢餓状態やDNA損傷などのストレス状態になると発動。

細胞内に膜が発生し、細胞質成分を包み込みます。(この状態をオートファゴソーム)

次に、分解酵素をもつリソソームと融合しオートリソソームを形成▶分解▶栄養源

という細胞の自浄作用があることが解明されています。

 

【オートファジーでアンチエイジング】

現在、効果的な老化抑止法として食事制限が知られています。

食事制限は、糖尿病、心臓血管疾患、ガン、脳萎縮の発生率を低下させ、延命効果をもたらす報告もされています。

同時に、オートファジー活性化させることも明らかになっています。

(まだ研究段階ですが、アミノ酸を合成することから、髪の毛、爪、美肌にも関係する旨の報告も多数あります。)

 

【オートファジーをおこせないと…?】

正常なマウスとオートファジーをおこせないマウスを比較してみると、
下の図のように、正常なマウスは、手足を広げるような動作をします。

一方、オートファジーをおこせないマウス手足をすぼめるような動作をしています。
 

Content image
手足をすぼめるマウスは、脳(神経)細胞に異常があること示しています。

オートファジーの機能不全によって神経細胞にゴミがたまり、神経の病気の原因になることや、身体の炎症(老化)に関係することが分かってきています。

 

【オートファジーをおこすには…?】

ヒトのカラダではオートファジー毎日起こっています。

年齢を重ねるとともに、オートファジーを抑制する因子が増え、
オートファジーの機能が損なわれていきます。

その結果、自浄作用が失われていき、老化に繋がるとされています。

しかし、このオートファジーを活性化させる方法も見つかってきています。

それは「ファスティング(断食)」です。

 

マウスでは、餌を断ってから約6時間でオートファジー機能が活性化。
24時間では全身でオートファジーの反応が観察できます。

ヒトで言うと、断食約24時間で活性化。
3日で全身でのオートファジーの活性化が確認される計算です。

 

家事や仕事も考えると、3日も断食することは現実的ではありません。

実際にところ、オートファジーを起こすためには、空腹の時間を増やすだけでも効果的だとされています。

 

【オススメのファスティング法】

オススメは、1日に8時間だけ食べることができる時間帯を作るファスティング法。

プチ断食とも言われています。

例えば、10時~18時までの8時間は自由に食べてOK。

18時~翌日10時までの16時間は、ノンカロリーの水分以外は摂らないというもの。

Content image

 

以前駆け込みドクターでも紹介されていました内容です。

Content image

「どれだけ食べてもOK」というと語弊がありますが、
野菜などもバランスよく食べる、揚げ物はなるべく控える等
度が過ぎない程度に食べることが前提です。

とにかく空腹の時間を作って胃や腸を休ませることがオートファジー活性化に繋がります。

 

【オートファジーの研究状況】

この十数年でオートファジーの研究は劇的に進歩していますが、
まだ明らかになっていないことが多くあります。

東京大学細胞生物学教授の水島昇教授の見解では。(大隅栄誉教授の意見も踏まえて)

「主要な機能の解明は大きく進歩しているが、病気への関与などは可能性はあるが、予想は困難」といった状況だそうです。

大隅栄誉教授自身も、十分には仕組みを理解できておらず、研究の課題は多い模様で、今後の伸びしろが期待されている分野です。

Content image

 

(詳しく知りたい方は↓の動画をご参照ください。)

 

【まとめ】

・オートファジーが身体不要なものを栄養源に

・オートファジーの条件は空腹を作ること

・空腹を作るにはファスティング(断食)がオススメ

・オススメのファスティングは8時間断食

・オートファジーの今後の研究、解明に期待

 

というわけで、オートファジーについてのまとめでした。

ファスティングもやり始めは辛いですが、
慣れてくると空腹の時間が楽しめるようになってきます。

筋トレも一緒にやると、
腹筋も割れて細マッチョになれるし
良いことずくめ黒ずくめです。
(ゴリマッチョはちょっと難しいでしょうが…)

 

あ、でも風を引きそうになりそうなときは
ルールを破ってガッツリラーメン食べにいきます。

まぁラーメンは風邪薬みたいなものですから仕方ないですね…

 

出典)
オートファジーと老化の関連性2018年7月(PDF)

オートファジーと自己免疫疾患2014年3月(PDF)

+論文に付随する参考文献

東工大ニュース
 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/04/03 43.72 ALIS 0.00 ALIS
KTAG's icon'
  • KTAG
  • @KTAG
【家庭教師&塾講師&オンライン講師】好きな物はドラムとバイクと調べ物【座右の銘】無理なものは無理
コメントする
コメントする