Admin, When Binance?に対する LTO Network の回答

 

By Ivan Golovko

LTO Network Japan Twitter/Telegram

 

 

LTOはBinance DEXにリスティングされました。

このリスティングへの道程は、Binance Chainの統合から始まり、トライアルトークンモデルのセットアップ、そして最終的にバリデーターによって承認されました。開発者とコミュニティによる刺激的な経験となりました。歓迎してくれたBinanceファミリーに感謝します!

その後、Binanceはコミュニティのリストプログラムを復活させましたが、新しいセットアップでした。もちろん、誰もがLTOがこれに対しどのように反応するかを気にしていました。透明性を保つために、LTOのスタンスを説明したいと思います。私たちは常に採用、マーケティング、開発に関してコミュニティと協力しており、この質問も例外ではありません!

更新のログを確認してください。
Binanceリストの要件を見てみましょう。

 

・フォームを送信:これはすぐに行われました。

・プロジェクトの品質:コミュニティと素晴らしい結果を達成できていることを誇りに思います! 5か月で0から“最もよく使用されるブロックトップ20”まで上り詰めました:IBM Watson、SignRequest、Capptions、CertiK、Axveco、V-ID、Firm24、CMSなどと連携しています。 ISO委員会のメンバーにもなりました。2019年第1四半期から第2四半期の進捗状況に関する完全なレポートを確認してください。これはほんの始まりに過ぎません。

・1日あたりの取引量5万$:記事の後半で説明します

 

プロダクトとしてのトークン

暗号化プロジェクトにはプロダクトとトークンがあります。これらは同じものではありません。
主な目標は、プロダクトが高いレベルで採用され、トークンがそれに見合った価値を獲得し、結果として成長することです。

このプロセスは当初からの焦点であり、現在までうまく機能しています。しかし、多くのプロジェクトが無視していることの1つがあります:彼らは“それを構築すれば、彼らは来る”と考えています。これは間違っています。この分野は全てのスタートアップに対して開かれていますが、競争は狭まりつつあります。実際には、最も強く、機敏で、勤勉なチームとコミュニティのみが参加します。トークンについても同じことが言えます。
プロダクトがその価値をすべて獲得するとは思わないでください。トークンには意図されたユーティリティがありますが、優れたエコシステムのアプローチは、“トークン”が単なる付属品としての存在ではないことを確認することです。新しいユーティリティを提供し続け、エコシステムを大きくし続ける必要があります。コミュニティはプロダクト自体を使用することはないかもしれませんが、マーケティングと開発をサポートすることができます。

プロダクトとしてのトークンには、独自の流動性があり、独自のマーケティング戦略、コミュニティエンゲージメントなどがあります。
これはマラソンであり、スプリントではありません。長期的視点を持ち、常にユーザーに価値を提供し、コミュニティと協力して採用を増やす事に重点を置いて考えています。

もちろん、親しみをもって歓迎することも重要です。 私たちは、Binance Chainエコシステムを一緒になって成長させていく意向を表明しました。そのためのクールなアイデアがいくつかあります。

BNBurgerコンテストはとても楽しかったです! クールな記事が公開されています。 35人のクリエイティブメンバーにBEP2 LTOを提供しました。今後、このような楽しいキャンペーンを実施する予定です。

マルチチェーンウォレットが、ERC20、BEP2、メインネットLTOを同時に保存できるTrust Wallet内で完全なトライアル相互運用性を持つ最初のプロジェクトになる予定です!

Trust Walletは、Wallet Connectのおかげで、モバイル台帳になることができます。 エクスプローラーとメインネットウォレットクライアントをアップグレードして、毎回キーを公開せずにスワップまたはログインできるようにします。 エクスプローラーを開いて、ブリッジスワップ機能をクリックし、携帯電話でコードをスキャンするだけです。それは素晴らしいユーザー体験です!

 

トレーディングコンペ
Binance DEXでの取引ボリュームを促進するための創造的なアイデアがいくつかあります。 ボリュームコンペとERC20からBEP2へのスワップに集中する可能性が高いでしょう。 詳細は後で説明します、ご期待ください。

 

私たちは前からここにいて、今後もここにいます

LTOネットワークは、独自のアイデンティティ、実証済みの実績、およびエコシステムを成長させ、ヨーロッパの主要なブロックチェーンになるためのスタンドアロンプロジェクトです。

これまでの牽引力は驚くべきものでした。 先週、リック・シュミッツはIBMでのプレゼンテーションを含む1日とCMS会議での1週間で3つのプレゼンテーションを行いました。 Martijn Broersmaは、3日間のマドリード訪問中に10回以上のミーティングを行いました。 これは、私たちが日常的に行うことのほんの一部に過ぎません。コミュニティ、技術開発、ビジネス導入のためです。

私たちは真の焦点である採用を失うことはありませんが、LTOのコミュニティを最高の状態であることを見せつけてやりましょう。 LTOこそがこのリスティングにふさわしい理由を示しましょう!

これはThe Voiceのエピソードではありませんが、赤いボタンが必要です!

 

Website | Telegram Chat | Telegram News | Twitter | Reddit | LTO Docs

LTO Network Japan Twitter/Telegram

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/11 9.43 ALIS 0.00 ALIS
LTOnetworkJP's icon'
  • LTOnetworkJP
  • @LTOnetworkJP
LTONetworkはビジネス対応を第一考慮し、構築されたハイブリッドブロックチェーンであり、簡単かつスケーラブルでGDPRに準拠ており、あらゆるビジネスアプリケーションの基盤となるプロジェクトです。
コメントする
コメントする