LTO Network x Binance Chain

私たちのビジョンと次のステップ

 

By Ivan Golovko

LTO Network Japan Twitter/Telegram

 

 

日頃からのサポートありがとうございます。

全てのバリデーターから肯定的な投票を得ることができて、晴れてBinance DEXにリストされました。古いコミュニティと新しいコミュニティにまた一つ優れた流動性アクセスが追加されます。 私達には既に多くのプロダクトとユーザーの間で機能するメインネットがあるため、これが完全移行であると勘違いしないでください。 Binance Chainは流動性チェーンとして見ることができます。 ブリッジの助けを借りて、EthereumブロックチェーンでBTCをラップするようなイメージです。

全てのチェーンで同じLTOトークンであり、総供給量も同じです。 それに関しては何も変わりません。供給の希釈や改ざんもありません。

相互に自由に移動可能です。交換するための具体的な要件はありません。 手順は簡単です。メインネットLTOウォレットクライアントの指示に従うだけです。 必ずシードフレーズを保存してください。

ブリッジトロールには独自コンセプトがあります。相互運用性を実現するための手段だけでなく、新しいロック解除モデル設計のためのツールでもあります。 トークンは最初から流通しており、詳細はこちらで確認できます。 Bridge Trollの料金についても必ずお読みください!

 

 

下にスクロールして、ブリッジとトリプルトークンモデルの説明をご覧ください
LTOは、Binance ChainとBinance DEXが流動性とエクスポージャーを高める事をサポートすることを決まています。つまり、Binance DEXでの取引を促進します。 LTOメインネットをTrust Walletに統合し、Binanceエコシステム内でトリプル相互運用性を実現したいと考えています。

Binance DEXフォーラムスレッド

Binance Chainへの参加を誇りに思います! 完全なガイドはこちらです。

LTO NetworkはBinance Chainとの統合プロセスを開始しました。この記事では、トリプルトークンモデル、Binance Chainのビジョン、流動性への影響について説明します。

統合プロセス

チームのドキュメントとヘルプを使用して、Binance ChainでLTOを発行するのは非常に簡単でした。 SDKにより、スワップをブリッジに統合することがスムーズになりました。-LTO NetworkのCTO Sven Stam

Binanceチームは非常に親切に対応してくれました。 アカウントを設定して手順を完了するのにほとんど時間はかかりませんでした。

役立つ情報を以下に示します。

Binance DEX Twitter — twitter.com/Binance_DEX

Community Forum — community.binance.org

Home page of testnet trading interface and wallet

API endpoint base path

Testnet Blockchain Explorer

Binance Chain GitHub documentation

Binance Chain SDKs

私たちのビジョン:Binance Chainと相互運用性

相互運用性は、2017年以来注目されていますが、相互運用性について話すときは、一般的に資産の交換を意味します。こらのアクションには経済的な目的があります。 ゼロから構築されたDEXを想像してください。 DEXの最大の問題は何ですか? スケーラビリティよりも、流動性です。

そして、主要な取引所よりもその修正に適しているのは誰ですか? プロジェクトを1つのエコシステムに接続することにより、Binanceはプロジェクトの経済的な相互運用性を実現する可能性が最も高くなります。 そして、私たちはこれにより、グローバルな交換手段に対する私たちのサポートを示したいです!

学術論文は重要ですが、ブロックチェーンでは絶え間ない哲学的な戦いばかりでそれに囚われて道を見失いがちです。私達は常に主要目標である、採用とユーザーに焦点を当てていきます!
-Rick Schmitz, CEO of LTO Network

 

 

さらに開発に進むと、独自のビジネスエコシステムも拡大します。Binance Chainに含まれる他のすべてのプロジェクトにアクセスできるので、これもBinance Chainに参加することの大きな利点です。 Tendermintで構築されている多数のプロジェクトは、いくつかのクリックだけでそのエコシステムの一部になります。

デュアルからトリプルトークンモデルへ

LTO Networkには、以前からハイブリッドトークンモデルがあります。 現在、BEP2標準も追加し、これはどのように機能しますか?

これは同じLTOトークンであり、異なるチェーンに存在するだけです.

メインネットLTOトークン-ユーティリティ用。LTOメインネットは2019年1月から公開されており、現在最も多く使用されているブロックチェーンのトップ20にランクされています(出典:Blocktivity)。 実際のユーティリティトークンであるLTOメインネットトークンには、2つの目的があります。

ステーキング-ノードを実行またはリースすることにより、ノードにステーキングを行うことにより、ステーク量に比例した報酬を受け取ります。 これは、Proof of Stakeモデルのバリエーションの一つです。

ERC20トークン-流動性。イーサリアムに存在し、流動性の促進を目的としており、直接取引可能です。 メインネットLTOを取引するには、ブリッジスワップを行う必要があります。

BEP2トークン-流動性。Binance Chainに存在し、流動性を目的としており、ERC20トークンと同じように機能します。

 

 

ブリッジトロール:BEP2は抜け穴ではない

トロールブリッジは、LTOメインネットとERC20流動性トークン間のゲートウェイです。 ダイナミックトロール料金は、コミュニティを売却から保護し、LTOネットワークの成長中にシールドとして機能するように設計されました。

トロールブリッジは、メインネットからERC20への方法と同じ方法でメインネットからBEP2へのブリッジに実装されます。そうすることで、トロール手数料を回避するための抜け穴ではなく、BEP2トークンが確固とした目的に使用されるようになります 。

ERC20 -> Mainnet: 40 LTO がクロスブリッジ用としてメインネットノードに与えられます。

Mainnet -> ERC20: 動的手数料がかかり、永久に燃え尽きます。

Mainnet -> BEP2: 動的手数料がかかり、永久に燃え尽きます。

BEP2 -> Mainnet: 40 LTO がクロスブリッジ用としてメインネットノードに与えられます。

ERC20 -> BEP2: 手数料なし、LTO Networkがガス料金を支払う

BEP2 -> ERC20: 利用不可

 

 

要約すると、LTOメインネットトークンは取引可能ではありませんが、ブリッジを介して他のブロックチェーンに出入りすることができます。 流動性の目的で、LTO ERC20およびLTO BEP2トークンが使用されます。 これらは、現在アップグレード中のLTOネットワークメインネットクライアント内のブリッジを使用して相互に交換できます。

LTOトークンの供給量は決して増えません

LTOネットワークのステーキングモデルは非インフレです:ステーキング報酬は、インテグレーターとクライアントによって生成され、取引手数料から支払われます。

現在の総供給量は453,811,839 LTOで、低くはなっても、高くなることはありません。 可能性のある供給量の低下は、Bridge Trollでのバーンによるものです。 ブリッジトロールの新しいコンセプトの詳細については、こちらをご覧ください。

LTOトークンの大部分は流通していますが、希釈キャップと流通キャップの間には混乱があります。 私たちはCMCチームと一緒に取り組んでいます。 453,811,839 LTOのうち50,000,000 LTOは永久にロックされ、さらに80,000,000以上はM&Aファンドに2021年以降にのみ使用されることに注意してください。つまり、インフレではありません。 他のトークンは最初から流通しているか、今後3年間で追加のネットワークインセンティブとして使用されています。 詳細はこちらをご覧ください。

プロジェクトの流動性への影響

BEP2は、プロジェクトが他の取引所に拡大する到達するのを妨げていますか? 流動性を希薄化しますか?

アセットは、複数のチェーンに存在する場合もあれば、プロバイダーの完全な管理下にある場合もあれば、ユーザーが最も安全で便利だと思う場所ある場合もあります。 一般的に、流動性の大部分は依然として1対2の交換ペアのままで変わらず、取引可能です。

LTOネットワークは、Binance ChainとBinance DEXが流動性を高めることに対する支援を決めています。 したがって、投票後、Binance DEXでの取引量を促進し、より多くのLTOユーザーと保有者がBinanceエコシステムに流入するようにします。

 

 

採用、マーケティング、技術開発などに参加し、LTOをサポートする方法はたくさんあります。 私たちはコミュニティによる、積極的かつ有益であることに対して報酬を与えます。 私たちの旅に参加してください!

LTO Network Japan Twitter/Telegram

Website | Telegram Chat | Telegram News | Twitter | Reddit | LTO Docs

 

 

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/08/13 4.87 ALIS 0.00 ALIS
LTOnetworkJP's icon'
  • LTOnetworkJP
  • @LTOnetworkJP
LTONetworkはビジネス対応を第一考慮し、構築されたハイブリッドブロックチェーンであり、簡単かつスケーラブルでGDPRに準拠ており、あらゆるビジネスアプリケーションの基盤となるプロジェクトです。
コメントする
コメントする