Ethereumで広がるALISの可能性

 

ども、Pockyです。

 

ALISはイーサリアム上のDApps(分散型アプリケーション)です。

そして$ALISイーサリアムチェーンで稼働するERC-20規格トークンです。

 

これが何を意味するか。今日はその可能性について考えてみます。

夢物語半分みたいなとこもありますが、よければお付き合いください。

 

 

- 目次 -

◆ ワールドコンピューター「Ethereum」

◆ 分散型金融「DeFi」

◆ 非代替性トークン「NFT」

◆ イーサリアムとALISの可能性

◆ まとめ

 

 

◆ ワールドコンピューター「Ethereum」

Content image
Ethereum

 

「イーサリアム」というと仮想通貨としての「ETH」を思い浮かべがちですが、そもそもイーサリアムというのはDappsを構築するためのプラットフォームです。

 

DAppsというのは、「Decentralized Applications」の略で、日本語では「分散型アプリケーション」と呼ばれます。

これはブロックチェーン上にプログラムを構築することで、契約の実行や決済を自動化できる「スマートコントラクト」を採用したアプリの総称とも言えます。

 

例えばALISでは、あらかじめ設計されたロジックに基づいて、投稿記事にALISトークンが報酬として付与されます。

これがスマートコントラクトの利用例です。

 

つまり、集計・承認・配布といった一連の契約自立化されるため、中央管理者必要ないことがDAppsの大きなメリットです。

 

 

そして通貨としてのETHは、あくまでここで使用されるガス代(手数料)に過ぎません。

 

つまり、イーサリアム目的「プラットフォームの構築」であり、価値の保存や送金を目的に作られたビットコインとは、根本的に性質異なります。

 

イーサリアムによって提供されるサービスの可能性無限大であり、イーサリアムは別名「ワールドコンピュータ」とも言われています。

 

 

◆ 分散型金融「DeFi」

Content image
Instadapp

 

イーサリアム上に作られたそれぞれのDAppsは、それが全く別のサービスであっても互いに無関係ではありません

なぜならイーサリアムというチェーンによる繋がりがあるからです。

 

例えば「Uniswap」もイーサリアムベースのDappsです。

これにより、イーサリアムチェーンで稼働する全てのERC-20トークンは、Uniswapを通じて交換できるようになりました。

おかげでALISUniswapを通じてETHに交換することができます。

 

また、「MakerDAO」「Compound」といった銀行サービスの役目を果たすDAppsも登場しました。

これにより、ERC-20規格のトークンを貸し借りしたり、利子を受け取る目的でトークンを運用したりすることが可能です。

 

これらの金融サービスは「DeFi(分散型金融)」と呼ばれ、今やブームとなっています。

 

 

◆ 非代替性トークン「NFT」

Content image
Hashmasks

 

DeFiと並んでブームとなっているのが「NFT:Non-Fungible Token」です。

日本語では「非代替性トークン」または「唯一無二のトークン」と呼ばれます。

 

NFTはいわば、権利のデジタル化です。

音楽・アート・ゲームアイテムなど、所有権を持つアセットトークン化してブロックチェーンに載せることで、その権利明白なものにし、改竄盗難といったリスクから遠ざけることができます。

 

NFTの規格はERC-721ですが、イーサリアムチェーンであることに変わりはありません。

FlowMaticといった別チェーンで稼働するNFTもありますが、やはりイーサリアム王道と言えます。

 

発行されたNFTは、DAppsマーケットプラットフォームを通じて交換売買が可能です。

 

 

ちなみに、ALISでも過去に試験的にNFT発行しています。

アルティメット紅白大運動会」と称した企画により、優勝チームのユーザーにはバッジが送られました。

このNFTは、個人ページの「バッジ」タブ閲覧可能です。

 

 

◆ イーサリアムとALISの可能性

Content image
ALIS

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ここから本題です。

 

前述したように、次々に生まれるDAppsとその連携により、イーサリアムエコシステムには様々な機能がもたらされています。

そしてALISもその一部として、大いにその恩恵に預かっています。

 

ALISトークンメタマスクによる入出金Uniswapでの換金NFTの取扱い...。

現在利用できるこれらの機能は、すべてイーサリアムおかげです。

 

勿論、独自チェーンでそれらを作ることもできなくはないです。

現にSteemit独自チェーンで開発を行い、50以上Dappsも登場しています。

 

しかし、ALISにそこまでの開発力があるか、といえば「否」です。

しかしALISにそこまでの開発力があるかといえば、「否」です。

イーサリアムというベースがあるおかげで、開発工数を削減することができるだけでなく、他のDAppsの機能を利用することもできます。

 

 

とはいえ、イーサリアムエコシステム発展はまだ序章に過ぎません。

今後さらなるサービスの増加とその連携により、ありとあらゆること可能になることが期待できます。

 

ではその中で、ALISでは何ができるようになるでしょうか。

いくつかそのを挙げてみます。

 

 

● ALIS上での換金

Content image
Uniswap

 

現在、ALISトークン換金するには、ALISウォレットからメタマスクに出金し、Uniswapに移動してETHに交換する必要があります。

さらにそのETHを日本円にしようと思ったら、国内仮想通貨取引所に送金して換金し、銀行口座に出金しなければなりません。

 

これでは手間だけでなく手数料もかなりかかります。

これはALISに限った話ではなく、その他のDappsにも起こり得る問題です。

 

しかし将来的な可能性として、現在のプラットフォーム上でUniswapなどのDEX(分散型取引所)を起動して、トークン換金出金が可能になるかもしれません。

 

現にMaskNetworkではこのような開発を行っており、既にTwitter上法定通貨からトークンを購入・スワップできる仕組みを作り上げました。

 

今後ALIS自身がこういった仕組みを一から構築せずとも、こういったプロジェクトと提携することで、サービスを利用できるようになります。

 

大袈裟な話、国内取引所上場する必要すらなくなるかもしれません。

 

 

● ALISトークン支払い

Content image
Avacus

 

これはすでに「ALIS Market」によって可能ですね。

特に、「Avacus」「amazon」の商品をALISで購入できるようにしたのは画期的な仕組みだと思います。

現状は$ALIS流動性がなさ過ぎてあまり機能してませんが、この発想自体は将来に繋がりそうです。

 

より多くのサービスを繋いで流動性を確保することができれば、ALISで何でも買えるようになります。

 

例えば、ALISのブログ紹介されている商品を、その場でALIS支払いによって購入することができたらとても面白いと思います。

 

 

● NFTの活用

Content image
ALIS

 

ブログサービスという本来の趣旨からはずれるので賛否両論あるかもしれませんが、個人的には、ALISでもっとNFTを活用してほしいと思います。

 

試験的に発行した前回のNFTバッジは閲覧こそできるものの、信頼の可視化という観点で影響力があるとは到底思えません。事実上、無価値です。

 

例えば、発行したNFTバッジにトークン保有ボーナスのような機能を持たせるとか、バッジではなくコレクタブル性を高めたアイテムにして$ALISにより売買可能にも面白そうです。

 

 

● ALISによるDeFi運用

Content image
MakerDAO

 

ETHを担保にDAIを借りることができるサービスとして知られる「MakerDAO」ですが、2019年10月にはETH以外にも複数のトークン担保として取扱可能「マルチコララテルDAI」を発表しました。

いずれはあらゆるトークン担保として利用できるように開発を進めているそうです。

 

一方、これらのDeFiプロダクト同時接続してサービスブリッジ運用一括管理できる「Instadapp」というサービスもあり、DeFi運用はより身近なものへとなっていきそうです。

 

いずれはALISトークン担保DeFi運用で利息を得るということも可能になるかもしれません。

 

 

◆ まとめ

 

ざっと思いただけでも、これだけの可能性が挙げられます。

 

ただし、全てはALISトークンがそれなりの流動性を保ってある程度の価値を保証できることが前提の話です。

つまり、イーサリアムエコシステムの一部として恩恵を受ける前に、ネットワークの一員として寄与する必要があると思っています。

 

現状、ALISトークンを保有するインセンティブは全くありません。

そもそも、ただ送金決済に使えるというのは価値ではないです。

 

ALISがイーサリアムの一部として価値を持つためには、ALISを保有する、または支払うことでしか手に入らない「何か」が必要です。

 

極端な例ですが、例えばALISポケモン提携して、ALISトークンでしか買えないNFTデジタルカードを発行したとしましょう。

おそらくみんなポケモンカードNFTを買うためにALISを買います。

これは立派なインセンティブです。

 

ぶっちゃけ、ポケモンに限らず質の高いNFT販売でもしたらマネタイズ問題まで一気に解決しそうな気もしますが、ALISの方向性的にそれはしなさそうですね。

 

 

話が逸れましたが、何が言いたいかというと、イーサリアムは偉大だということです。

ALISにはそのメリットを十分に活かして頑張って欲しいと思います。

 

Content image

 

いいね・コメント・投げ銭

ありがとうございます。✨

 

よければTwitterフォロー

お願いします。^ ^

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2021/03/23 523.75 ALIS 14.67 ALIS
Pocky's icon'
  • Pocky
  • @Pocky
釣りの合間に船で働く航海士。休暇中はFX、BTC、EXC、ALISブログ等々に没頭。
コメントする
コメントする