クリプト

Ethereumで広がるALISの可能性

Taka | 仮想通貨(DeFi/NFT)ブログ's icon'
  • Taka | 仮想通貨(DeFi/NFT)ブログ
  • 2021/03/23 01:44

 

ども、Takaです。

 

ALISはイーサリアム上のDApps(分散型アプリケーション)です。

そして$ALISイーサリアムチェーンで稼働するERC-20規格トークンです。

 

これが何を意味するか。今日はその可能性について考えてみます。

 

 

- 目次 -

◆ ワールドコンピューター「Ethereum」

◆ 分散型金融「DeFi」

◆ 非代替性トークン「NFT」

◆ イーサリアムとALISの可能性

◆ まとめ

 

 

 

◆ ワールドコンピューター「Ethereum」

Content image
Ethereum

 

「イーサリアム」というと仮想通貨としての「ETH」を思い浮かべがちですが、そもそもイーサリアムというのはDappsを構築するためのプラットフォームです。

 

DAppsというのは、「Decentralized Applications」の略で、日本語では「分散型アプリケーション」と呼ばれます。

これはブロックチェーン上にプログラムを構築することで、契約の実行や決済を自動化できる「スマートコントラクト」を採用したアプリの総称とも言えます。

 

スマートコントラクトはよく自動販売機の仕組みに例えられます。

自販機にお金を入れてボタンを押すとジュースが自動で提供されます。

この一連のやり取りは全てプログラムによって実行され、そこに仲介者は存在しません。

このため人為的なミスや誤解が発生することはなく、トラストレスな取引が可能です。

 

これをブロックチェーン上で仮想通貨を使って実現したのがスマートコントラクトです。

プログラムをブロックチェーン上に構築することで、ありとあらゆるP2Pの取引が可能になります。

 

集計・承認・配布といった一連の契約自立化されるため、中央管理者必要ないことがDAppsの大きなメリットです。

 

 

そして通貨としてのETHは、あくまでここで使用されるガス代(手数料)に過ぎません。

 

つまり、イーサリアム目的「プラットフォームの構築」であり、価値の保存や送金を目的に作られたビットコインとは、根本的に性質異なります。

 

イーサリアムによって提供されるサービスの可能性無限大であり、イーサリアムは別名「ワールドコンピュータ」とも言われています。

 

 

 

◆ 分散型金融「DeFi」

Content image
Instadapp

 

DeFi(Decentralized Finance)は日本語に直訳すると分散型金融です。

これはイーサリアム内における金融システムを総称した言葉です。

 

イーサリアム上に作られたそれぞれのDAppsは、それが全く別のサービスであっても互いに無関係ではありません

マネーレゴとも表現されるDeFiの世界は、様々なサービスが互いに連携することでより便利な世界へと発展していきます。

 

例えば「Uniswap」は取引所としての役割を果たすDAppsです。

これにより、イーサリアムチェーンで稼働する全てのERC-20トークンは、Uniswapを通じて交換できるようになりました。

おかげでALISUniswapを通じてETHに交換することができます。

 

また、「MakerDAO」「Compound」といった銀行の貸し出し(レンディング)サービスのような役目を果たすDAppsも登場しました。

これにより、ERC-20規格のトークンを貸し借りしたり、利子を受け取る目的でトークンを運用したりすることが可能です。

 

これらの金融サービスが総称して「DeFi(分散型金融)」と呼ばれ、既存の金融サービスはほとんど全てイーサリアム上スマートコントラクトで代替可能と言っても過言ではありません。

 

 

 

◆ 非代替性トークン「NFT」

Content image
Hashmasks

 

DeFiと並んでブームとなっているのが「NFT:Non-Fungible Token」です。

日本語では「非代替性トークン」または「唯一無二のトークン」と呼ばれます。

 

音楽・アート・ゲームアイテムなどのコンテンツををブロックチェーン上のトークンと紐付けることで、アセットとして保有することができます。

 

NFTのはERC-721、またはERC-1155というトークン規格によって生成され、これらは固有のIDを持つことができます。

つまり同じものは2つとして存在せず、全てのトークンがオリジナルです。

 

もちろんこのトークンもイーサリアムのブロックチェーン上で取引され、そのセキュリティはイーサリアムに準ずるため、不正や改ざんは不可能に近いです。

 

発行されたNFTは、DAppsマーケットプラットフォームを通じて活発に売買されています。

 

 

ちなみに、ALISでも過去に試験的にNFT発行しています。

アルティメット紅白大運動会」と称した企画により、優勝チームのユーザーにはバッジが送られました。

このNFTは、個人ページの「バッジ」タブ閲覧でき、OpenSeaなどの外部マーケットプレースで取引することも可能です。

 

 

◆ イーサリアムとALISの可能性

Content image
ALIS

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ここから本題です。

 

前述したように、次々に生まれるDAppsとその連携により、イーサリアムには様々な機能がもたらされています。

そしてALISもそのエコシステムの一部として、大いにその恩恵に預かっています。

 

ALISトークンメタマスクによる入出金Uniswapでの交換NFTの取扱い...。

現在利用できるこれらの機能は、すべてイーサリアムおかげです。

 

イーサリアムというベースがあるおかげで、開発工数を削減することができるだけでなく、他のDAppsの機能を利用することもできます。

 

とはいえ、イーサリアムエコシステム発展はまだ序章に過ぎません。

今後さらなるサービスの増加とその連携により、ありとあらゆること可能になることが期待できます。

 

ではその中で、ALISでは何ができるようになるでしょうか。

いくつかそのを挙げてみます。

 

 

● ALIS上での換金

Content image
Uniswap

 

現在、ALISトークン換金するには、ALISウォレットからメタマスクに出金し、Uniswapに移動してETHに交換する必要があります。

 

しかしわざわざ外部サイトに移動しなければならないのは手間ですし、何よりUniswapのサイトは日本語に対応していません。

これでは仮想通貨に慣れていない人がいきなり使うことはできないでしょう。

 

これを解決する案として、例えばUniswapに接続できるフロントをALISのプラットフォーム上に構築することができます。

これが実現すれば、ユーザーはALIS内日本語のインストラクションに従ってALISをETHやUSDCなどへ交換することができます。

 

また、さらに言えば外部プロトコルを使ってALISトークンのレンディングを可能にすることもできるでしょう。

実際にALISのレンディングを提供するプロトコルがなくとも、裏でALISをUSDCなどに自動交換して貸し出すという仕組みは作れそうです。

 

現在すでに多くのDeFiプロトコルが存在するため、これらへの接続口さえ作れればALISトークンを運用することができるかもしれません。

 

 

● ALISトークン支払い

Content image
Avacus

 

これはすでに「ALIS Market」によって可能ですね。

特に、「Avacus」「amazon」の商品をALISで購入できるようにしたのは画期的な仕組みだと思います。

現状は$ALIS流動性がなさ過ぎてあまり機能してませんが、この発想自体は将来に繋がりそうです。

 

より多くのサービスを繋いで流動性を確保することができれば、ALISで何でも買えるようになります。

 

例えば、ALISのブログ紹介されている商品を、その場でALIS支払いによって購入することができたらとても面白いと思います。

 

 

● NFTの活用

Content image
ALIS

 

ブログサービスという本来の趣旨からはずれるので賛否両論あるかもしれませんが、個人的には、ALISでもっとNFTを活用してほしいと思います。

 

試験的に発行した前回のNFTバッジは閲覧こそできるものの、信頼の可視化という観点で影響力があるとは到底思えません。事実上、無価値です。

 

例えば、発行したNFTバッジにトークン保有ボーナスのような機能を持たせるとか、バッジではなくコレクタブル性を高めたアイテムにして$ALISにより売買可能にも面白そうです。

 

 

 

◆ まとめ

 

ざっと思いただけでも、これだけの可能性が挙げられます。

 

ただし、全てはALISトークンがそれなりの流動性を保ってある程度の価値を保証できることが前提の話です。

つまり、イーサリアムエコシステムの一部として恩恵を受ける前に、ネットワークの一員として寄与する必要があると思っています。

 

現状、ALISトークンを保有するインセンティブは全くありません。

そもそも、ただ送金決済に使えるというのは価値ではないです。

 

ALISがイーサリアムの一部として価値を持つためには、ALISを保有する、または支払うことでしか手に入らない「何か」が必要です。

 

極端な例ですが、例えばALISポケモン提携して、ALISトークンでしか買えないNFTデジタルカードを発行したとしましょう。

おそらくみんなポケモンカードNFTを買うためにALISを買います。

これは立派なインセンティブです。

 

ポケモンに限らず質の高いNFT販売でもしたらマネタイズ問題まで一気に解決しそうな気もしますが、ALISの方向性的にそれはなさそうですね。

 

話が逸れましたが、何が言いたいかというと、イーサリアムは偉大だということです。

ALISにはそのメリットを十分に活かして頑張って欲しいと思います。

 

Content image

 

いいね・コメント・投げ銭

ありがとうございます。✨

 

お友達になってください!笑

👍 Twitter

👍 Instagram

 

 

 

Supporter profile iconSupporter profile iconSupporter profile iconSupporter profile icon
Article tip 14人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 1.14k ALIS Article tip 85.77 ALIS
Taka | 仮想通貨(DeFi/NFT)ブログ's icon'
  • Taka | 仮想通貨(DeFi/NFT)ブログ
  • @Pocky
気になるブロックチェーン関連プロジェクトの紹介やDeFi/NFT体験、たまに誰得日常記事など。

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
41.81 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.00 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
175.20 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.21 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.89 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
50.20 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
26.03 ALIS
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS