クリプト

AcalaがAlluvialらと共同で、コンプライアンスに準拠のDOTリキッドステーキング製品を機関投資家に提供

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2022/07/02 09:10

 

Dan Reecer

Acala Foundationは、Alluvial、Coinbase Cloud、Figmentと共同で、コンプライアンスに準拠したエンタープライズグレードのPolkadot(DOT)リキッドステーキング製品を機関投資家に提供していきます

Content image

Acala Foundationは、Alluvialとの新しいコラボレーションを発表しました。このコラボレーションでは、複数のPoSチェーンにまたがるAlluvialのステーキングソリューションに加えて、企業向けにコンプライアンスに準拠したエンタープライズグレードのPolkadot(DOT)リキッドステーキング製品を提供する予定となっています。

分散型リキッドステーキングの需要の高まりを受けて、Acala FoundationとAlluvialの協力により、機関投資家向けリキッドステーキングのための初のマルチチェーン標準が導入されます。Ethereum上のリキッドステーキング標準、そして今回のPolkadotは、Coinbase CloudやFigmentなどの企業のサポートを受けながら、段階的に分散型に統治されていく予定です。
 

Polkadot(DOT)リキッドステーキングとは?

ステーキング期間中、ブロックチェーンネットワークは、ステーキングされたトークンの一定割合でユーザーに報酬を与えます。一般的には、トークンがステーキングされると、ユーザーはブロックチェーンネットワークにロックされ、そのトークンはそれ以外の用途(流動性)を失います。また、従来のステークモデルでは、ユーザーがトークンのステークを解除することを選択した場合、28日間のアンボンディング期間(トークンがロックされて収益も受けられない期間)が、トークンの不便さと非流動性に拍車をかけていました。

Acalaの非保管型のDOTリキッドステーキングは、トークン保有者が使いやすく、安全かつ確実な方法で、ステークされたDOTトークンから最適な価値の引き出しを可能にすることを目的としています。ユーザーは、AcalaでDOTをステークした後に、ステークしたDOTの所有権を表すレシートトークンであるリキッドDOTを受け取ります。リキッドDOTは、aUSDのミントや貸付、取引、ステーク、その他のユースケースへの参加に使用できます。リキッドステーキングは、ロックされステーキングされたトークンの実用性を高める効果があり、Acalaの場合、リキッドDOTは随時DOTに交換可能となっています。ステーキングを解除する際には、ユーザーはPolkadotのアンボンディング期間28日間を待ってDOTを取り戻すか、待たずに即座に換金するかを選択することができます。

PolkadotのDOTリキッドステーキングの詳細はこちらです。
 

Alluvial:インスティテューショナル・リキッドステーキング

Alluvialは、複数のブロックチェーンで動作する史上初のエンタープライズグレードのステーキングプロトコルです。既存のリキッドステーキングプロトコルは、リキッドステーキングにアクセスしたい、またはエンドユーザーに提供したい大手機関のセキュリティおよびコンプライアンス要件を満たしていません。

Alluvialは、顧客の多様化、堅牢なセキュリティの実践、および複数地域のインフラストラクチャの構成を確保するための運用スタンドを揃えることを目的としています。Acala Foundationとのコラボレーションにより、企業ユーザーに合わせた信頼性の高い安全なプロトコルを作成します。
 

機関投資家向けPolkadotリキッドステーキングサービス

BTCとETH以外では、Polkadot(DOT)は暗号基金や機関の間で最も保有されているトークンです(出典:Messari)。DOTの保有にはメリットがあり、機関投資家の間でもDOTのリキッドステーキングに関与したいという需要が強く高まっていますが、準拠したエンタープライズグレードのリキッドステーキングサービスがないために実行することができませんでした。

今回のAcala FoundationとAlluvialの統合によって、Polkadotネットワークの確保とそのエコシステムの成長に参加したいと考えている多くの機関投資家に、DOTリキッドステーキングに参加できる環境が整いました。さらに、多くの機関がこれらのDeFi製品の販売代理店となることによって、ユーザーにサービスを提供することも可能になります。この統合は、これらの新しい価値流通の誕生によってメインストリームからの採用を促進し、新規ユーザーのネットワーク参加を通じて、aUSDステーブルコインなどのAcalaの主要製品の新規市場を開拓することを目的としています。

Acalaチームは過去3年半をかけてWeb3用のDeFiインフラを構築し、現実のビジネスチャンスに対応した高度なブロックチェーンソリューションを提供しています。Acalaプロトコルは、フォーク無しでのアップグレードを可能にし、企業や規制、開発者の要件の変化に合わせてカスタマイズ・進化させることが可能です。

つまり、Acalaチームは、Alluvialを通じて、コンプライアンスへの完全な準拠という機関のニーズに応えるためにプロトコルを柔軟に構成することができるのです。これは、プロトコルがKYC/AMLやその他の様々なコンプライアンスチェックに対応し、非保護的なソリューションとして提供することを可能にするものです。

「AcalaがAlluvialに参加することに非常に興奮しています。リキッドステーキングの標準がマルチチェーンになったことは、エコシステムにとって初めてのことであり、次世代のインターネットのための中立で分散型の基盤を確保することで、世界の富の橋渡しをするという私たちのミッションの達成に向けての大きな前進となります。Acalaの強力なエンジニアリングチーム、柔軟でカスタマイズ可能なリキッドステーキングプロトコル、Polkadotエコシステムにおけるリーダーシップによって、このコラボレーションの決定は容易なものとなりました。」 
— AlluvialのCEO Matt Leisinger氏

AlluvialとAcalaに参加する

リキッドステーキングは、ステークされたDOTトークンに追加のユースケースを提供し、プロトコルがn個のDOTステーク報酬を生成し続ける間、ユーザーがリキッドを維持することを可能にします。そして、機関投資家は、AcalaとAlluvialの技術提供を通じて、まもなくリキッドステーキングにアクセスできるようになります。

投資家、バリデータ、ビルダーは、以下の各リンクからAlluvialとAcalaへの貢献者になるための詳細を学ぶことができます:

Institutions — enterprises@alluvial.finance

Validators/Integrators — integrators@alluvial.finance

Builders — web3builders@alluvial.finance

Alluvial website

Acala website

Acalaでの構築を始めるには

aUSDステーブルコインの採用や実用性を向上させるプロジェクトの構築に興味がある開発者またはプロジェクトの担当者の方は、是非とも2億5千万ドルのaUSDエコシステムファンドからの資金提供への応募を検討してください。

AcalaまたはaUSDステーブルコインを使用した構築をお考えの方、Acala助成金プログラムによるサポートをお求めの方は、チームにご相談ください!

 

Acala&Karuraについて

Acalaは、DeFiに最適化されたEthereum互換のスマートコントラクトプラットフォームであり、PolkadotにDAppsをスケーリングしていきます。

このブロックチェーンには、アプリケーション開発者が活用できるDeFiプロトコルがフォーマットで組み込みされており、その中には、分散型ステーブルコイン(Acala Dollar−aUSD)、信頼性の高いステークデリバティブ(liquid DOT−LDOT)、分散型取引所(DEX)が含まれています。

Karuraは、Kusamaエコシステムを提供するAcalaの姉妹パラチェーンであり、Acalaと同じコードベースを共有しています。

Linktree | Discord | Website | Twitter | GitHub | Wiki | Newsletter | YouTube

日本語版 Linktree | Twitter | Medium | Telegram

 

 

Article tip 0人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 0.00 ALIS Article tip 0.00 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

スーパーコンピュータ「京」でマイニングしたら

Like token Tip token
1.06k ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
61.20 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.99 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS