あなたのBit.Countryを始めよう!

著:Bit.Country

 

イベント開催告知‼️
たのしいBitCountry 〜メタバースは僕らの手の中〜#1
7月1日 20時スタート 

Bit.Countryとはどのようなプロジェクトなのか? メタバース?え?メタヴァース?ゲーム?次世代マイクラ?NFTも?独自トークンも作れる? 仮想通貨?仮想現実?

現在公表されている情報を共有して、コミュニティの交流を深めていきましょう!

主な内容:

・Bit.Countryの概要 ・メタバースの世界観とは? ・現時点での考察 ・貢献及び参加方法 などなど…

るー@見習いリサーチャーやノンホルダー・リトのブログや動画も予習としてご覧ください https://linktr.ee/bit.countryjapan

初回ですからなおさら入りやすいと思いますし、常に皆が初心者です もちろんプレイヤーとして、NUUMホルダーとしてでも大歓迎です 興味を持っていただけたならぜひご参加ください👋
 

Content image

Bit.Countryは、コミュニティを主体とした分散型の世界です。

トークンエコノミーで誰もが自分のメタバースを始めることができます。
私たちは、ゲーミフィケーションを使ってコミュニティを管理&インセンティブを与えるためのオープンなプロトコルを持つネットワークを構築しています。

このコンセプトは独自に考案されたもので、分散化のパラダイムにインスパイアされています。そのビジョンは、誰もが(特にブロックチェーンの新規ユーザーが)ブロックチェーンネットワーク上にBit Countryとしてのコミュニティ、経済を作成できるようにすることです。

ユーザーは、独自のBit.Country、ブロック、セクション、アイテムをデジタルアセット(NFT)として作成することができます。UIでは、古典的な2Dウェブ表示と、ブラウザ内での3Dによる国の表示の両方が可能です。また、分散型のマーケットプレイスでは、ユーザー同士が自分のデジタル資産を取引することができます。

Bit.Countryは、ゲーム感覚でありながら、現実の経済にバックアップされた新しい社交の場を提供します。

Continuum

Continuumは、コミュニティにより駆動され、そのトポグラフィーは投票によってのみ実現されます。新たなスロットの可能性は、Bit.Countryの数や他のプラットフォームの要因により影響するオンチェーンロジックによって利用可能になります。

.そして、Continuum上の空きスペースが最高入札者にオークションされ、そのスロットの所有権がBit.Countryに与えられます。

Bit.Countryがコンティニュアムに登録されると、その通貨はDEXに上場され、Bit.Countryはネットワークリワードの受け取りを開始します。

 

Bit Country (BC)

Content image

自身のコミュニティのために自分の国を作る。

それは、あなたの心と文化を映す鏡です。

あなたの意志で設定できるルールを設定して、より多くの人を参加させましょう。そして、あなたの国を成長させ、仲介者なく複数の方法であなたのコミュニティを収益化することが可能になります。

 

Blocks

Content image

コンテンツは、フィールド全体を構成するブロックのいずれかに属します。各ブロックには、コンテンツが準拠すべきトピックが設定されています。各ブロックは3Dのボクセルビューで可視化することもでき、3Dの世界では自分の所有する区画にアセットを作成することができます。

ブロックの中にいても隣のブロックには簡単に行くことができるので、関連するトピックを隣り合わせにするという配置戦略が好ましいといえるでしょう。

住民は、ボクセルシステムで構築された世界であるブロックの異次元に入ることができます。そこでは、自分が所有している区画にアセットを構築することができます。

Content image

 

Economy

Content image

自国の通貨を作成したり、既存の通貨を輸入したりして、コミュニティに貢献した人にインセンティブを与えることができます。

Content image

あなたのコミュニティが成長するにつれ、あなたの通貨は取引所にリストされて価値を増していきます。これにより、コミュニティを発展させることで全員がより多くの利益を享受することができます。

国をオークションにかけ、その国に関わったすべての人に報酬を与えることも可能です。

 

Residents

Content image

他の人が作った国を探検することも可能です。

住人になって、コミュニティに参加しましょう。国によって、居住者固有のルールを設定することができます。

誰に対しても歓迎し、参加することで報酬を得られる国もあれば、居住権を申請しなければならない国も存在するでしょう。

 

Ownership & Governance

Content image

住民は、国のトークンを獲得することで所有権を得て、投票によって統治権を実行することができます。

 

Marketplace

Content image

同じブロック、Bit.Country、またはネットワーク全体内の居住者とあなたのNFTを取引します。

当社は、Substrateモジュールに分散型マーケットプレイスを構築しています。オークションやアイテムの処理は完全に分散化され、ブロックチェーンネットワークによって管理されます。

 

Virtual Dapp — Asset with Smart Contract

Content image

スマートコントラクトによるアセット管理

住民が所有する区画にアセットを構築することはもちろん、住民や訪問者と取引ができるスマートコントラクト対応のアセットも登場します。

住民がコミュニティに構築できるスマートアセットは無限の可能性を秘めています。

 

Technology

Substrateの技術を用いてBit.Country Chainを構築しています。トークンエコノミー、マーケットプレイス、NFT管理、ステーキング、ガバナンスなど、Bit.Country Chain特有の要件に対応した新しいモジュールを開発しています。

 

Why Substrate?

Substrateは、既存のモジュールやパレットを使用した生産可能なブロックチェーンソリューションを提供し、プロトコル開発の生産性を高めることができます。

基板技術はPolkadotのバックボーンでもあり、Bit.CountryのネットワークはPolkadotのエコシステムに簡単に参加することができ、共有されたセキュリティとその相互運用性の恩恵を受けることができます。

Substrateの詳細については、https://substrate.dev/ をご覧ください。

 

Substrate Runtime Developer Academy

また、当社はSubstrate Runtime Developer Academyの創設メンバーでもあります。

Substrate Runtime Developer Programは、業界の専門知識、インタラクティブな学習体験、公認の認定プログラムなど、最高のものを結集し、6週間でPolkadot/Substrateでプロレベルのプログラミングができるようにするものです。

このプログラムは、全ての要件を満たした受講者にSubstrate Expert Certificateを発行するもので、Parity Technologies社が推奨しています。Learn more

 

Stay Updated with Bit.Country development

公式:Website / Twitter / Medium / GitHub / Telegram

日本語版:Twitter / Medium

Content image

Bit.Countryは、映画『ロード・オブ・ザ・リング』を生んだニュージーランドで開発されました。
 

イベント開催告知‼️
たのしいBitCountry 〜メタバースは僕らの手の中〜#1
7月1日 20時スタート 

Bit.Countryとはどのようなプロジェクトなのか? メタバース?え?メタヴァース?ゲーム?次世代マイクラ?NFTも?独自トークンも作れる? 仮想通貨?仮想現実?

現在公表されている情報を共有して、コミュニティの交流を深めていきましょう!

主な内容:

・Bit.Countryの概要 ・メタバースの世界観とは? ・現時点での考察 ・貢献及び参加方法 などなど…

るー@見習いリサーチャーやノンホルダー・リトのブログや動画も予習としてご覧ください https://linktr.ee/bit.countryjapan

初回ですからなおさら入りやすいと思いますし、常に皆が初心者です もちろんプレイヤーとして、NUUMホルダーとしてでも大歓迎です 興味を持っていただけたならぜひご参加ください👋

 

Article date Article like Article tip Article supporter
公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2021/06/26 171.04 ALIS 480.20 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします
コメントする
コメントする