クリプト

暗号業界のスラング:HODL、WAGMI、NGMI、GMなど

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2022/09/25 06:05

Supra Oracles

Supraコミュニティにご参加ください:https://linktr.ee/supraoraclesjapan

 

知っておきたい暗号とNFTのスラングのすべて

暗号とNFTのネイティブにとって、固有のスラングを使うことは日常茶飯事ですが、この業界に入ったばかりの人にとっては、混乱することが多々あります。この記事では、最も人気のある暗号およびNFTのスラングをいくつか分類し、説明していきます。個々のスラング用語の意味に加え、実例も提供します。これによって、用語を理解し、実際に使用するために必要なコンテキストを得ることができます。

Content image

 

HODLの使用例

HODL」は、あるビットコイン投資家がフォーラムに投稿した「HOLD」(すべて大文字)のスペルミスとして始まりました。HODLの最初の使用は、Bitcointalk.org オンラインフォーラムのユーザー「GameKyuubi」が、2013年12月18日午前10時3分UTCに行った投稿であるという説が有力視されています。

それ以来、HODLは「Hold On For Dear Life」という新しい意味を持ち、暗号投資家は暗号がどんなに下がっても、どんなに市場が不安定でも、暗号を売ってはいけないという意味を持つようになりました。HODL戦略や考え方に従う人は、一般的に「HODLer」と呼ばれています。

筋金入りのHODLerの多くは、暗号通貨は未来のお金であり、最終的に世界の交換単位として従来の不換通貨と共存するか、それに取って代わると強く信じています。

HODLはまた、投資家が貪欲に、安く買って高く売ろうとする欲に縛られるのを防ぐのにも役立ちます。

多くのHODLerは、ドルコスト平均法(DCA)のような戦略に従っています。これは、小額から中額の暗号を定期的に購入し(例えば、2週間ごとに100ドルのビットコインを購入)、低価格と高額の両方で暗号を購入し、市場のタイミングを計ろうとせずに、好みの暗号でゆっくりと大きな位置を築き上げることができるようにするものです。
 

WAGMIの使用例

WAGMI」は「We’re All Going To Make It」の略で、一般的には、NFT所有者の特定のグループ(またはNFT愛好家全体)がNFTの購入とNFTエコシステムへの参加から大きな金銭的利益を受けることを意味します。また、特定のプロジェクトや企業がNFTに関する前向きな決定を発表した後にも使われます(人気のあるコレクションが新しいNFTを発行したり、人気のある取引所がNFT機能を提供したりする場合など)。

多くの点で、WAGMIはNGMIの正反対であり、プロジェクトやグループに対する否定的な意味ではなく、肯定的な意味を持っています。WAGMIは、グループ内の心理を強く表すもので、NFTの価格変動が激しく、主流の芸術、金融、文化コミュニティ、従来の暗号コミュニティからNFTコレクターやクリエーターにしばしば向けられる批判に直面しても、NFTコミュニティのメンバーが前向きでいられるような合言葉として使用されています。

WAGMIの関連表現には、GMIまたは「Going to Make It」、「WGMI」または「We’re Going to Make It」、これらはいずれもWAGMIとほぼ同じ意味で、また、NFTコミュニティの特定の個人またはグループの将来の成功に言及するYGMI「You’re Going to Make It」なども含まれます。

WAGMIは、NFTコレクションの所有者のグループが、他の人がそうでなくても、NFTコレクションの将来の成功を強く信じていることを示すためによく使用されます。これは特に、NFT所有者が初期に低価格でNFTを購入し、その後プロジェクトが爆発的に価値を高めた場合に見られる現象です。他のNFTや暗号のスラングと同様、TwitterやDiscordでよく使われています。


NGMIの使用例

「NGMI」は「Not Going To Make It」の略で、個人投資家またはプロジェクトがNFTコミュニティで成功しないことを意味します。WAGMIとほぼ正反対です。

これは、投資家側の判断ミス(NFTを損切りしてすぐに売却したなど)や、プロジェクト側の判断ミス(プロジェクトが「ラグプル」:インフルエンサーがプロジェクトを持ち上げ、後にプロジェクトを放棄する「ポンプ&ダンピング」の一種)をしてしまうのではないかという噂が流れるなど、さまざまな理由による可能性があります。

NGMIはしばしば侮辱とみなされ、一般に丁寧な会話では使われるべきではありません。この言葉の使用に関して、多くのTwitterバトルが始まっています。

多くの場合、NGMIは特定のグループに対して使われます。例えば、ある人が失敗と見なすプロジェクトを推進する人たちに対してです。広い意味では、筋金入りのNFTファンが、NFTを批判する人に対してNGMIを使うこともあります。

また、NGMIは、NFTのオーナーや投資家が、NFTへの投資で失敗した後、自らを卑下して使うこともあります。NFTの売り手は、NFTの世界で「敗者の行動」とみなされることを行った場合、NGMIのレッテルを貼られることがあります。

例えば、以下のようなことです:

NFTの価値に対する不安から、頻繁に販売価格を変更すること。

NFTの価値変動に狼狽し、大きな損失を被ること。

NFTをコレクションのフロアプライス(最低価格のNFT)より安く売りに出すこと。

NGMI行動とみなされるこれらの行為の中には、他のNFT投資家に悪影響を与えるものもあり、時には侮辱がある程度正当化される場合もあります。

例えば、NFTを早く売るためにコレクションのフロアプライスより低い価格をつけると、フロアプライスが下がり、コレクション内のNFTの市場価格全体が下がるため、そのNFTの他の所有者すべてに損害を与える可能性があります。

NGMIの行動に対するその他の非難は、単にグループ内/グループ外の偏見であったり、最近大成功を収めたNFTコレクターやコレクションに対する嫉妬であったりすることもあります。

例えば、批評家は、そのコレクションやそのコレクターが早期に投資する機会を得られなかった(または投資しないことを選んだ)場合、NGMIと言及することがあります。

また、Avalancheネットワーク上に構築された$NGMIミームトークンがあり、現在1セントの数分の1で販売されています。

 

FUDの使用例

FUDは「Fear(恐怖)、Uncertainty(不確実性)、Doubt(疑念)」の略で、暗号やNFTのコミュニティ外の人々を批判するためによく使用されます。特に、個人やグループが暗号やNFTの将来性や価値を全体として疑問視している場合に使われます。

また、FUDは、特定のプロジェクトの実行可能性を疑う現在の暗号やNFTコミュニティのメンバーに対しても使用されることがあります。プロジェクトや一般的な暗号/NFT業界についてFUDを広める人は、Fudddersとも呼ばれることがあります。

FUDやFudderという言葉は一般的に否定的な意味合いを持ち、FUDを広める人はNGMI、または成功しない、とまで言われることもあります。


LFGの使用例

LFGはLet’s F**king Goの略で、様々なことを示すことができます。例えば、暗号やNFTの世界が最近大きな成功を収めたこと、例えば暗号の価格が上昇したこと、あるいは重要な規制のハードルが突破されたことを示すことがあります。

また、LFGは、暗号コミュニティのメンバーが、最近の価格上昇により特定のトークンやNFTを購入するなど、特定の方向に動くべきことを示すこともあります。さらに、特定のトークンやNFTを現在保有している人への呼びかけとなる場合もあります。これらは、LFGの最も一般的な使用方法です。

LFGは、最近失敗したステーブルコインTerraUSD(UST)とLunaブロックチェーンエコシステムを管理する物議を醸した組織であるLuna Foundation Guardを指すこともあります。


GMの使用例

一般的なインターネット上では「GM」は単に「おはよう」という意味です。しかし、暗号やNFTのコミュニティでは、暗号やNFTの所有者やユーザーが「早い」、業界、または少なくとも業界の特定のプロジェクトに大きな期待があるという考えを表現しています。

また、NFTや暗号コミュニティの新しいメンバーが、Twitter、Discord、Telegramなどのプラットフォームで自己紹介をしたい場合にも、GMが使われることがあります。私たちが知る限り、GMは2021年11月のビットコインのブルラン時に暗号やNFTコミュニティで初めて使われ、暗号通貨はほぼ7万ドルという驚異的な価格に到達しました。

思うに、GMは特に、特定の暗号通貨、トークン、NFTの価格の上昇など、暗号に関するポジティブな業界統計を紹介するために、冒頭で使われることが多いようです。

GMの反対語であるGNは、暗号やNFTの愛好家が特に大量のメッセージやツイートを行った後、夜間にアカウントから退出する際に使用されます。


知っておきたいその他の暗号用語

上記で紹介したコアな暗号スラングに加え、暗号とNFTのユーザーが理解しておくべき様々な用語があります。その一部を紹介します:

Whale:Whale(クジラ)とは、大量の暗号を所有する個人または機関(ヘッジファンドやVCファンドなど)のことで、特に一度に大量に売買する場合は、暗号の価格に深刻な影響を与えるほど所有していることもあります。暗号のかなりの部分がクジラによって所有されていますが、この傾向は、暗号分野とそれらが実行される基礎となるブロックチェーンの中央集権化の懸念から批判を受けています。

Bearwhale:Bearwhaleとは、多くの暗号資産を所有しつつ、市場が弱気(ネガティブ)な方向に動いているために売却を考えてい暗号投資家やトレーダーのことです。特に、小規模な暗号通貨の時価総額の大部分を所有している場合、大量の暗号を素早く売却することで、暗号の価格を大幅に引き下げることができることがあります。

Flippening:Flippeningとは、イーサリアムの時価総額がビットコインの時価総額を超える潜在的な(将来の)瞬間を表すことです。過去数回の強気相場ではETH/BTC比率が大きく上昇したが、50%を大きく超えたことはありません。

Bitcoin Maximalist:Bitcoin Maximalistは、ビットコインが圧倒的に最高の暗号通貨であり、他の暗号通貨は比較的価値がないと考える個人の思想家を示します。Bitcoin Maximalistの中には、ビットコインが唯一の正当な暗号であるとまで言い切る人もいます。Twitterの創設者であるジャック・ドーシーは、最も有名で発言力のあるBitcoin Maximalistの一人です。

Shill:従来の用法と同じように、Shillは自分の利益のために低品質の製品を宣伝する人のことです。暗号分野では、NFTや低資本の暗号通貨を宣伝する人がこれに該当し、水面下で利益を享受する見返りに宣伝している場合があります。イーロン・マスクがDogecoinのShillであると非難する人もいるだろう。また、インフルエンサーのジェイク・ポールが、これまで知られていなかったNFTプロジェクトのプロモーションを引き受けたことが報じられたため、Shillをしていると批判する人も多く存在しています。

KYC:KYCは「Know Your Customer」の略で、政府のマネーロンダリング防止(AML)規制を遵守し、特定の国のユーザー(サービスが禁止されている場合がある)による製品やプロトコルの使用を防ぐために、ユーザーがしばしば中央暗号交換、NFT市場、dApp、私的トークン販売レジストリ、暗号/NFTプロトコルに対して提供しなければならない個人および金融情報を指します。

DYOR:DYORは「Do Your Own Research」の略です。暗号はハイリスクな投資であり、多くのプロジェクトは不安定で実験的であるため、ほとんどの著名なインフルエンサー、ライター、およびコミュニティの他の人々は、最終的な購入を決定する前に、投資したいコイン、トークン、またはNFTについてDYOR(自身の責任の元に調査)することを投資家に強く勧めています。

FOMO:FOMO「Fear of Missing Out」は、非暗号化世界から引用され再利用された用語です。これは、暗号やNFTプロジェクトの極端な価格上昇を、適切なタイミングで購入しなかったために、誰かが見逃してしまうかもしれないという恐怖を意味します。

LAMBO:従来の用法と同様、LAMBOは「ランボルギーニ」の略です。暗号コミュニティのメンバーが “When Lambo? “と尋ねるとき、彼らは特定のコインやNFTの価格が、所有者がランボルギーニを購入できるほど上昇すると考える人がいついるかを尋ねているのです。

No coiner:No coinerとは、暗号を所有していない人、または暗号、暗号産業、NFTに非常に批判的な人のことです。一般的にネガティブな意味合いを持ちます。

Moon:暗号の価値が急速に上昇することをMoonと言います。暗号通貨が「月に行く」くらい価値が上昇するという意味合いがあります。前述の「When Lambo?」のように、特定の暗号通貨がいつ価値を急上昇させるかを尋ねるために「When Moon?」という使い方もあります。

REKT:REKTはインターネットスラングで「大破した」という意味で、暗号取引や投資で誰かが大損したときに使われます。

BTD:BTDは「buy the dip」の略で、投資家が将来的に価格が強く上昇すると信じていることから、価格が下がっているときに特定の暗号通貨(または暗号通貨全般)を購入することを奨励するものです。”BTFD “はより強力なバージョンです。F “が何を意味するかは、おそらく想像がつくでしょう。

Pump and Dump: Pump and Dumpスキームは、トレーダーや投資家(時にはクジラ)が暗号を大量に購入して価格をつり上げ、すぐに売却して利益を得て、他の多くの投資家(通常は小規模の投資家)に大きな損失を負わせる場合に発生します。暗号や公開株については、技術的には違法ではないが(誰かがインサイダー取引をしていない限り)、非常に非倫理的であると考えられています。

Bagholders:Bagholdersとは、市場のパフォーマンスに関係なく、特定の暗号をかなり大量に保有する投資家、トレーダー、または投資家のことを指します。通常、蔑称であり「diamond hands」と比較されることがあります。

Shitcoin:Shitcoinとは、実用性や技術革新がほとんどない低品質の暗号通貨(ミームコインの場合もある)を指します。これらはしばしば悪い投資であり、前述の「Pump and Dump」スキームの一部である可能性があります。

Apeing:トレーダーや投資家が、新しいトークンやコインを、多くの場合、発売直後に、何のデューデリジェンスも行わずに購入することです。これは、DYORアプローチを使用する人とは正反対です。この用語は、猿はしばしばお互いを真似るという事実に由来しており、プロジェクトについてよく知らないのに他の人を「Apeing(猿真似)」してセールに参加する投資家は、自分自身で調査をすることなく、単に群衆を真似している猿に過ぎないということを示しています。

Bitshamed:Bitshamingは、あるHODLerが他のHODLerを少量のBitcoinしか持っていないと批判したときに発生します。有名な暗号通貨作家であるAndreas Antonopoulosは、日常的な請求書を支払う必要があるため、大量のビットコインをHODLしていないと公言し、「bitshamed」されたことがあります。

Moonboy:暗号通貨の価格変動を正確に予測できると信じている強気のトレーダーや投資家を指します。特に、暗号通貨がいつ「Moon」、つまり価格が急激に上昇するかを予測できると信じています。

Vaporware: Vaporwareとは、人為的に高められた価値を持つ暗号通貨で、「蒸気のように」消えていくものを指します。このようなコインは一般的に、時間とともに損失が生じます。コインがVaporwareであるというのは、別の言い方をすれば、「Sitcoin」であるということです。

Exit scam:前述の「パンプ・アンド・ダンプ」や「ラグプル」に似た「Exit scam(出口詐欺)」は、コインのクリエーターがICO(またはNFTプロジェクトのローンチ)を行い、その後、クリエーターが資金を持ち逃げして、通常は永久に姿を消してしまう場合に発生します。

Atomic Swap:これはスラングというより技術用語ですが、中央集権的な第三者取引所を使わずに暗号を直接交換することを指します。

Diamond Hands:Diamond Handsとは、暗号やNFTがどんなに下落しても売らない投資家やトレーダーのことを指す。一般に、中立的または肯定的な意味合いを持つHODLerという用語と比較すると、より否定的な意味合いを持ちます。

Weak Hands:Weak Handsとは、FXや株取引のコミュニティから取られた用語で、自分の全方位的な取引や投資戦略に自信がないために、損失で売るトレーダーや投資家のことを指します。

Szn: Sznは「season」または市場サイクルを意味し、それは何年も続くこともあれば、わずか数日のこともあります。インターネットユーザーは、「Bitcoin szn」「altcoin szn」などという使い方がされます。

 

まとめ

暗号分野のトレンドを真に理解し、深く知りたいのであれば、暗号とNFTベースのソーシャルメディアコミュニティをフォローすることが不可欠です。これを効果的に行うには、人々が投稿するときの意味を正確に理解する必要があり、そのためには暗号スラングをよく理解することが必須となります。

暗号コミュニティが成長するにつれ、スラングも増え続けるでしょう。たとえば、「GM」のような一般的な暗号の俗語は、この記事を書いている時点では、わずか6ヶ月ほどしか経っていません。つまり、暗号およびNFTコミュニティの言語は急速に進化しているのです。だからこそ、暗号分野のスラングが時間とともに成長し、変化していく中で、時代に遅れないようにすることがこれまで以上に重要なのです。

 

暗号/ブロックチェーン分野は特定のプロジェクトのみが生き残る世界ではなく、分野全体の成長が必須となります。また、理解もせずにトークンのみを追うというのは非常にナンセンスです。Supra Oraclesは、今後も継続的に教育材料を提供していきます。

 

Supra Oraclesについて

SupraOraclesは、伝統的な資本市場とWeb3環境を結びつけることを目的としており、その目的は、開発者コミュニティに革命的なオラクルツールセットを提供し、優れたパフォーマンス、堅牢性、俊敏性を備えたデータアプリケーションを簡単に構築、展開、管理可能にすることです。

SupraOraclesは、オラクルの課題を解決し、開発者コミュニティと増え続けるパートナーの助けを借りて、最終的に金融の未来を力強く切り拓くことを望んでいます。

Supraコミュニティにご参加ください:https://linktr.ee/supraoraclesjapan

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 138.63 ALIS Article tip 540.40 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
56.20 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.10 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.99 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
19.40 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS