クリプト

The Graphを使ったDAOの改善:Snapshotのケーススタディ

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2023/01/22 05:41

 

The Graphの各コンテンツをフォローしてご参加ください!

Content image

The Graphは、幅広いユースケースにおいて、誰でも簡単にブロックチェーンデータにアクセスできるようにすることで、Web3における構築の参入障壁を提言します。

現在、分散型ウェブの普及が進む中、勢いを増しているユースケースの1つが分散型ガバナンスです。分散型自律組織(Decentralized Autonomous Organizations、DAO)は、中央集権的組織とは対照的に、分散型コミュニティによって運営される組織としてここ数年注目を浴びています。DAOの意思決定の大部分は、ブロックチェーンに記録されたオンチェーンデータに依存します。その点で、The GraphはDAOメンバーがそのデータの正確かつ容易な読み取みを可能にする重要なプロトコルとして機能します。

では、Web3に構築されるプロジェクトが、実際にどのようにThe Graphを利用しているのかを、Snapshotを例にとって見てみましょう。

Snapshotは、人々が参加する組織の将来について協調と、集団的な意思決定の実行を可能にする分散型ガバナンスプロトコルです。Snapshotを使えば、ガス代もかからず、簡単に提案書を作成、投票することができます。既に何千人もの人々に広く使われているよく知られたツールとなっています。

Snapshotは、分散型ガバナンスを実現する上で重要な役割を担っており、The Graphの分散型ネットワークが提供するサブグラフを活用しながら、多様なコミュニティのネットワークに意思決定力を提供しています。

サブグラフは、SnapshotのUIとUXに不可欠なインフラストラクチャであるだけでなく、このような「非中央集権的な意思決定」の手段を世界にもたらすためのサポート手段としても機能しているのです。

非中央集権的な意思決定

Snapshotは、サブグラフの活用によって、DAOによるガバナンスおよび投票の方法に革命をもたらしています。このプラットフォームのオフチェーン投票機能は、効率的で検証可能な意思決定プロセスを可能にし、DAOの大規模かつ迅速な運営を支援しています。これは、一見地味かもしれませんが、自律型組織の将来にとって重要な進展です。

これまで、Snapshotは以下の統計を記録しています:

8.5Mのオフチェーン投票

8Kのプロトコルの統合

64.8kの提案

プロトコルが成長するにつれて、ブロックチェーンのデータを消費し、整理する必要性も出てきます。そして、こうしたニーズは、グラフネットワークによって提供されています。

PancakeSwapENS DomainsArbitrumUniswapTrust Walletなど、多くの有名プロジェクトだけでなく、草の根の的なスタートアップ組織などもSnapshotを活用し始めています。

例えば、Snapshotを使用する興味深いプロジェクトを挙げてみましょう。グルジアのトビリシにある小さなビール醸造所に融資するDAO「Copernicus Beer DAO」、デザイナーと開発者が共同でプロジェクトに入札するネットワーク集団「Raid Guild」、ファッションデザインを作成して一緒に販売する「Meta Factory」などがあります。

また、Snapshot上のアクティビティでは、多様で興味深いユースケースが数多く紹介されています。現在、Snapshotを利用しているカテゴリの内訳は以下の通りです:

28%-dApp

22.7%-プロトコル

16.2%-投資コミュニティ

9.9%-クリエイター

これだけ多くのコミュニティがSnapshotを利用していることからも、このスケーラビリティとカスタマイズ性がユーザーから信頼されていることがわかります。

カスタマイズの柔軟性は、様々なユースケースで共同作業を行うWeb3コミュニティにとって重要な利点となるものです。Snapshotは、グループのニーズに合わせて、様々な投票戦略をサポートしています。例えば、投票の重みを決定する戦略の1つは、NFTや特定のトークンの所有権を使用することです。Snapshotは、加重投票、ランク選択投票、二次投票など、人気のあるオプションを含む6種類の投票をサポートしています。

The GraphがSnapshotに与える影響

Snapshotは、コミュニティが、時間やロードマップ、トレジャリーなどのリソースをどのように配分するかについて、情報に基づいた民主的な意思決定を支援します。

このプロセスの信頼性と安全性を確保するために、Snapshotは、独立したグロバールな参加者によって駆動されるThe Graphの分散型ネットワークを活用しています。The Graphは、ネットワークを支える多くのインデクサーキュレーターデリゲーターによって、一貫した高い信頼性を提供しています。

Snapshotは、The Graph Network上のサブグラフを様々な方法で活用します。Snapshotの主な利点の1つは、投票権を委任できることです。Snapshotのユーザーは、自分の投票権を他の人に委任することができます。サブグラフで整理されたオンチェーンデータを利用して、ユーザーの投票力を計算することができるのです。

また、Snapshotはサブグラフを利用して、Gnosis Safeのマルチシグウォレットへの投票参加を可能にしています。

さらに、サブグラフデータを使用して、60種類近い投票権計算ストラテジーを動かしています。サブグラフのクエリは分散型で提供されるため、オンチェーンの履歴データに確実かつ安全にアクセスでき、Snapshotの多くのユースケースに力を発揮しています。

「Snapshotを構築する際、私たちは常に柔軟性とアクセシビリティに重点を置いてきました。サブグラフを使用することで、最小限の時間的コミットメントとセキュリティリスクなしに、ユーザーの声を聞くことができる代表制を安全に提供することができるのです。」
- Snapshot Labsエコシステムリード Nathan van der Heyden氏

未来の分散化

Snapshotを利用することで、コミュニティは分散型の方法で、高い透明性と公平性を持ったコラボレーションや意思決定を可能にします。

そして、Snapshotは、オンライン・オフラインを問わず、幅広いユースケースを持つ可能性があります。既にweb3エコシステムの企業やプロトコルで、分散型ガバナンスを促進するために利用しており、将来的には、選挙やその他の重要な意思決定プロセスの整合性を確保するために、政府がSnapshotのような分散型技術を採用することも不可能ではないでしょう。Snapshotは分散型であり、中央の権威を必要とせず、全てのステークホルダーの参加を可能にし、この種のシステムにおいて最も安全性と信頼性を保証しています。

The GraphとSnapshotは、コミュニティや組織が世界中で意思決定を行い、相互交流する方法に革命を起こしているのです。

グラフネットワークでDappを改善する

グラフネットワークを使用することで、dAppに堅牢性、セキュリティ、信頼性のレイヤーを追加することができます。中央集権的なインフラストラクチャに依存してしまうと、アプリケーションのアップタイムとユーザーエクスペリエンスにリスクが生じます。サブグラフを移行して、Snapshotのように根本的に優れたインターネットを形成することを約束するリーダーの波の一部となりましょう。

サブグラフを分散型ネットワークに移行する方法は、こちらをご覧ください。移行の際にサポートが必要な場合は、移行助成金を申請するか、migration@thegraph.foundation までお問い合わせください。

 

The Graphについて

The Graphは、web3のインデックスとクエリーのレイヤーです。 開発者はサブグラフと呼ばれるオープンAPIを構築・公開し、アプリケーションはGraphQLを使用してクエリを実行することができます。

The Graphは現在、Ethereum, NEAR, Arbitrum, Optimism, Polygon, Avalanche, Celo, Fantom, Moonbeam, IPFS, PoAなど39種類のネットワークからのインデックスデータをサポートしており、さらに多くのネットワークが近日中に登場する予定です。現在までに、74,000以上のサブグラフがホスティングサービス上に展開されています。

グラフネットワークの開発者向けセルフサービス体験を2021年7月にローンチして以来、500以上のサブグラフがネットワークに移行し、180以上のインデクサーがサブグラフのクエリを提供し、9,300以上のデリゲーター、2,400以上のキュレーターが参加しています。現在までに400万GRT以上がシグナルされ、サブグラフあたり平均1万5千GRTとなっています。

Web3アプリケーションを構築している開発者であれば、ブロックチェーンからのデータのインデックシングやクエリにサブグラフを利用することができます。The Graphによって、高い効率性とパフォーマンスによるUIデータ表示が可能になり、他の開発者もあなたのサブグラフを使用することができます。また、Subgraph Studioを使ってネットワークにサブグラフをデプロイしたり、Graph Explorerにある既存サブグラフをクエリすることができます。

The Graph Foundationは、The Graph Networkを統括しており、同時にThe Graph Foundationは、Technical Councilによって統括されています。Edge & Node、StreamingFast、Semiotic Labs、The Guild、Messari、GraphOpsが、The Graphエコシステム内の外部組織として貢献参加しています。

The Graphの各コンテンツをフォローしてご参加ください!

 

 

Article tip 0人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 0.88 ALIS Article tip 0.00 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS
Eye catch
クリプト

17万円のPCでTwitterやってるのはもったいないのでETHマイニングを始めた話

Like token Tip token
46.60 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.10 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
61.20 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.99 ALIS