クリプト

Web3 ZKマーケットマップ

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2023/02/05 21:29

 

WAGMI Ventures

翻訳:Takeshi@Think Globally, Act Locally

Content image

まず、ゼロ知識(zk)証明とは何か、なぜそれが重要なのか?について全くご存じない方のために、簡単にご紹介します。

バーに行って年齢確認のためにバーテンダーに身分証明書を渡したときのことを考えてみてください。バーテンダーは、あなたが21歳以上かどうかさえ分かればよいのに、実際にはあなたは名前や住所、身長、目の色、生年月日の情報も伝えています。zk技術は、バーテンダーに対して、あなたが21歳以上である(お酒を飲める)という事実以外の個人情報を与えることなく、年齢確認を可能にするものです。

Ethereum.orgによると「zkプロトコルとは、ある当事者(prover)が他の当事者(verifier)に対して、特定のステートメントが真実であるという事実以外の情報を明かすことなく、それが真実であると証明できる方法である」とされています。

zk証明の概念は、1985年のMITの論文「The knowledge complexity of interactive proof systems」で初めて公表され、その定義が現在でも広く使われています。しかし、38年前に生まれた概念がなぜ現在、特に暗号コミュニティでこれほどまでに関心を集めているのか、疑問に思われるかもしれません。

暗号技術の愛好家は、オープンソースかつ不変の性質に言及することで、ブロックチェーン技術の重要性を伝えます。誰もが全ての取引やアカウント残高を見ることができるという透明性は、ユーザーへの信頼感をもたらしますが、この信頼感は必然的にプライバシーというトレードオフを伴います。透明性には多くの長所がありますが、同時に暗号の主流化を妨げているという側面も数多くあります。

あなたが持っているお金の量やそこから推測される行動履歴を誰でも見れるようにしたいですか?

私は、その答えは「ノー」であり、zk領域に参入する多くの組織、投資家、開発者もおそらく同じ考えでしょう。
zk領域のマーケットマップ

WAGMI Venturesは、革新的なテクノロジーの限界とユースケースを拡張するために取り組むzk領域の100社のマーケットマップをコンパイルするために調査を実施しました。zk技術のカテゴリとユースケースはまだ初期段階ですが、特定のカテゴリは出現し始めています。
 

マーケットマップの要点

インフラストラクチャ & 構築

L1のブロックチェーンからL2のロールアップ、クロスチェーンブリッジ/相互運用性レイヤー、新しい開発者言語、zkアプリケーションに最適化された環境まで、ブロックチェーン技術スタック全体にわたるインフラを構築するプロジェクト群

Content image
Content image

 

DeFi & ペイメント

主に自動マーケットメーカー(AMM)、分散型取引所(DEX)、レンディングプロトコル、暗号決済ソリューションに焦点を当てたプロジェクト群

企業ハイライト:

Zkredit — クレジットスコアや月収を明かすことなく、住宅ローン契約を可能にする

Content image

 

アイデンティティ & セキュリティ

物理的及びデジタル環境で、相手に不必要な情報を開示することなく、自身のアイデンティティや取得資格の証明を可能にすることにより、ユーザーのセキュリティとプライバシーを向上させるソリューション

Content image

 

カストディ & ウォレット

zk技術によって、プライバシーを重視するユースケースにおいて重要な、アカウント残高や取引履歴を他人に見られることのないDeFi参加を可能にする

Content image

 

コンシューマー & アナリティクス

企業ハイライト:

Stornest — 死後、自身のデジタル情報にアクセスできる受益者を選択可能にするソリューション

Hush — zk暗号を使用したプライベートメッセンジャー

Content image

 

リサーチ&アクセラレーター

zk関連企業の構築や資金調達に焦点を当てた研究およびアクセラレータ

Content image

 

ゲーミング

企業ハイライト:

Forte —トークンウォレットやNFT、ペイメントレールなどのブロックチェーン技術を ゲームパブリッシャーのゲームに簡単に統合可能に

ZKasino — 誰でもどこでも簡単にサインアップして、検証可能な公正なカジノゲームをプレイすることができる分散型オンラインカジノ

Content image

 

NFTとデジタルコレクティブル

プライバシーを守りながら、NFTのAMMと低コストの取引ソリューションをユーザーに提供

Content image

 

ハードウェア

zkベースの演算処理に最適化されたハードウェアの開発

Content image

 

PitchbookとCrunchbaseによると、今回のマーケットマップに掲載されている100社で合計32億ドルの資金が調達されています。この32億ドルのうち、26億ドルは2022年以降に調達されたもので、zk技術が投資家を惹きつけるトピックになっていることが浮き彫りになりました。

まだ初期段階ですが、zk技術が暗号業界や社会全体で大きな役割を果たす可能性は日々高まりつつあります。私たちは、各プロジェクトとzk領域の発展を今後も継続的に追い続けていきますので、近日公開のコンテンツにご期待ください。

参考文献

Wired: Explaining Zero-Knowledge Technology At 5 Levels

a16z: A Zero-Knowledge Canon

Chainlink: Overview of Zero Knowledge Projects

Zero Knowledge Podcast

 

この記事はWAGMI Venturesの投資家の一人として、かつ許可を受けて作成されています。

翻訳:Takeshi@Think Globally, Act Locally

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 65.89 ALIS Article tip 754.00 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
61.20 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

【第8回】あの仮想通貨はいま「テレグラム-TON/Gram」

Like token Tip token
69.90 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

Polygon(Matic)で、よく使うサイト(DeFi,Dapps)をまとめてみた

Like token Tip token
235.30 ALIS
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.10 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
54.01 ALIS