クリプト

The Graphのサービス品質が中央集権的な代替サービスを凌駕する

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2023/06/04 05:29

 

The Graph

この記事は、The Graphのコア開発者兼Edge & NodeのソフトウェアエンジニアのTheo Butlerと、テクニカルライターのMichael Macaulayによってお届けします。

Content image

中央集権型システムに代わる有望な選択肢として、分散型ネットワークが登場しています。一方で、この新しいパラダイムは、「分散型ネットワークは、分散性を維持するためにサービスの質を犠牲にしなければならない」という一貫した批判に直面してきました。しかし、The Graphの分散型ネットワークは、中央集権型に匹敵するばかりか、ますます優れたサービス品質(QoS)を実現し、この誤った考えを打ち破りつつあります。

The Graphは、2022年6月のGraph Dayで設定された目標を上回り、ネットワーク上のノードを実行する何百もの独立したインデクサーを活用することで、The Graphのサービス品質は、低レイテンシーと高い成功率で大幅に向上しています。ブロックチェーンのデータをサブグラフでクエリすることで、誰でもこれらの利点を活用することができます。

データおよびThe Graphの分散型インフラの性質が、2022年10月に行われた前回のサービス品質の大きなハイライト以降に起きたその他の改善とともに、印象的なサービス品質の直接の原因となっている理由を探ってみましょう。The Graphネットワークの特性とパフォーマンスは、中央集権的な代替手段では再現が困難であることを明確に示しています。
 

データが物語るもの

以下のプロットは、Subgraphユーザーにとって最も重要な2つのサービス品質指標であるレイテンシーと成功率の日平均を示したものです。これらのプロットのデータは、Edge & NodeのCraig TutterowとGraphOpsのJuan Manuel Rodriguez Defagoという2つのコア開発チームのメンバーが作成したQoS Oracle & subgraphから直接取得しました。

どちらのプロットも、ネットワークエポック678からエポック783までの時系列で、それぞれ2022/10/26と2023/02/08に相当します。平均待ち時間(左側)は、値が小さいほどよく、クエリ応答を受信するのに必要な時間が平均的に短いことを意味します。成功率(右側)については、値が高いほど、平均してより多くのクエリーが成功することを意味します。時間軸で見ると、全体的に大きな改善が見られ、特に2022年11月下旬頃に顕著でした。この間、平均レイテンシーは約40%低下しました。

Content image

注:QoS Oracleとサブグラフは、ネットワークのQoSが大幅に改善された期間中、まだ活発に開発中でした。そのため、使用した時間範囲内で、特に昨年(Epocs 693–699、722、730、および731)のデータポイントが欠落しているものがあります。また、このサブグラフのデータは、ユーザーエラーに起因するクエリ失敗をフィルタリングしていないことに注意してください。

最近のネットワークの改善によるもう一つの好影響は、クエリ報酬がインデクサーの間でより均等に分配されるようになったことです。インデクサー報酬とは異なり、クエリ報酬は、インデクサーがクエリ時にThe Graphのユーザーに提供するサービスの質に直接影響されます。以下のプロットは、30日間に渡って、インデックサーごとに徴収されたクエリフィーの全体的な分布を示しています。

左のプロットは2022年10月頃のもので、右のプロットは2023年1月頃のものです。最近の分布はより均等に分布しており、ネットワーク上のクエリがより多くのインデクサーによって処理された結果、クエリ料金が昨年よりも均等に配分されていることがわかります。クエリ市場内のさらなる競争は、インデクサーの全体的な品質の向上や、Arbitrumへの移行によるインデクサーの料金徴収コストの低減と相まって、クエリ料金の分配を強化する可能性もあります。

Content image

サービスの品質とインデクサーの経験の両方における大幅な改善は、The Graphのコア開発者、ネットワーク参加者、およびThe Graphエコシステムの無数の他の貢献者が、パフォーマンスを犠牲にすることなく、公共データにアクセスする分散型方法を実現するために献身的に取り組んでいることの証です。分散化により、誰でもより堅牢なインフラシステムを構築することができ、ネットワーク効果を活用して中央集権的な代替手段では困難なことを行うことができます。このダッシュボードを使えば、誰でもリアルタイムでQoSを分析することができます。
 

分散化でサービス品質が向上する理由

グラフは、サブグラフデータのインデックスを作成し、クエリを提供するノードが、独立したインデクサーによって運営されているため、分散化されています。個々のインデクサーは、レイテンシー、成功率、データの鮮度などのトレードオフに関連する決定を下す必要があります。各サブグラフでは、複数のインデクサーが正確なデータクエリを提供するために競争しています。この競争は、データ利用者にとってより良い結果をもたらします。

分散型ネットワークでユーザーが直面する技術的な課題の1つは、集中型サービスには当てはまらない、任意のクエリに対応する最適なインデクサーを選択することの複雑さにあります。しかし、グラフエクスプローラーやネットワークに接続する他のUIを改善することで、この経験を簡素化し、インデクサーの選択に関するオーバーヘッドを減らすことができます。また、ネットワークは非常に動的なシステムであり、新しいインデクサーが登場することもあれば、他のインデクサーが突然停止したり、性能が低下したりすることもあります。昨年末に行われた改善によって、クエリごとに利用可能なインデクサーの冗長性をより活用できるようになりました。現在、クエリは複数のインデクサーによって同時に処理されることが多く、遅延や最悪の場合タイムアウトなどの悪影響が出るのを避けるためです。

これらの改良は、インデクサーの選択がより困難なシナリオにおいて、データ利用者にとって特に有益です。このようなシナリオには、新しいサブグラフの展開、既存のサブグラフのアップグレード、クエリ量が非常に少ないサブグラフなどがあります。このような状況では、個々のインデクサーのサービス品質を予測することは困難です。しかし、このような場合の冗長性は、低い信頼性を補い、プロトコルをより迅速に適応させるのに役立ちます。

グラフネットワークは、ホスティングサービスを含む中央集権的な代替手段とは比較にならないほどのサービス品質を実現しています。ホスティングサービスは、グラフネットワークがネットワークの準備と確立、製品市場適合性の確認、アクティブな貢献者のエコシステムの構築を行う一方で、サブグラフの開発者を受け入れるための一時的な足場として使われてきました。グラフネットワークがホスティングサービスに勝ることは、分散化の重要な成果であり、将来的にはさらに改善する予定となっています。

ホスティングサービスにとどまらず、The Graph Networkを介した分散型インフラストラクチャの構築は、集中型システムでは再現が困難な利点をもたらします。その利点とは、(独自のAPIではなく)公開されたサブグラフの開放性と複合性、インデクサーの冗長性などのネットワーク効果の利点、中央集権的なエンティティによって停止されることに強いデータフローで止められないアプリケーションを構築できることなどが挙げられます。

グラフネットワークのサービス品質は、中央集権的な組織によって所有、運営、管理されている代替サービスでは再現が困難な独自の特性によってさらに強化されています。

まとめ

The Graph Networkのパフォーマンスは大きく向上しています。クエリの平均レイテンシーは昨年から半減し、平均成功率も上昇し続けています。サービスの質は、今後も向上し続けるでしょう。Arbitrumへの移行は、さらなるネットワークへの参加を促し、Indexerの効率を高めることになるでしょう。

インターネットの未来は明るく、The Graphは、開発者が、信頼できる中立的で性能の高い分散型インフラによって強化・保護された、止められないアプリケーションを作成できるようにするために存在しています。

 

The Graphについて

The Graphは、web3のインデックスとクエリーのレイヤーです。 開発者はサブグラフと呼ばれるオープンAPIを構築・公開し、アプリケーションはGraphQLを使用してクエリを実行することができます。

The Graphは現在、Ethereum, NEAR, Arbitrum, Optimism, Polygon, Avalanche, Celo, Fantom, Moonbeam, IPFS, PoAなど40種類のネットワークからのインデックスデータをサポートしており、さらに多くのネットワークが近日中に登場する予定です。現在までに、88,900以上のサブグラフがホスティングサービス上に展開されています。

グラフネットワークの開発者向けセルフサービス体験を2021年7月にローンチして以来、800以上のサブグラフがネットワークに移行し、450以上のインデクサーがサブグラフのクエリを提供し、11,300以上のデリゲーター、2,500以上のキュレーターが参加しています。

Web3アプリケーションを構築している開発者であれば、ブロックチェーンからのデータのインデックシングやクエリにサブグラフを利用することができます。The Graphによって、高い効率性とパフォーマンスによるUIデータ表示が可能になり、他の開発者もあなたのサブグラフを使用することができます。また、Subgraph Studioを使ってネットワークにサブグラフをデプロイしたり、Graph Explorerにある既存サブグラフをクエリすることができます。

The Graph Foundationは、The Graph Networkを統括しており、同時にThe Graph Foundationは、Technical Councilによって統括されています。Edge & Node、StreamingFast、Semiotic Labs、The Guild、Messari、GraphOpsが、The Graphエコシステム内の外部組織として貢献参加しています。

The Graphの各コンテンツをフォローしてご参加ください!

 

 

Supporter profile icon
Article tip 1人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 53.99 ALIS Article tip 232.00 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

CoinList(コインリスト)の登録方法

Like token Tip token
15.55 ALIS
Eye catch
クリプト

コインチェックに上場が決まったEnjin Coin(エンジンコイン)コインを解説

Like token Tip token
21.49 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

Eth2.0のステークによるDeFiへの影響を考える。

Like token Tip token
43.10 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap v3を完全に理解した

Like token Tip token
18.92 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.99 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS
Eye catch
クリプト

2021年1月以降バイナンスに上場した銘柄を140文字以内でざっくりレビュー(Twitter向け情報まとめ)

Like token Tip token
38.10 ALIS