クリプト

新規ACAステーキングプログラム開始

ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • 2022/07/28 23:23

 

ACAの買い戻しとプロトコル保有の流動性を活用

Dan Reecer

Content image

過去のACAステーキングプログラムの成功を受けて、ACAホルダーのための新たにステーキングキャンペーンを開始することになりました。ネットワーク所有の予算200kドル相当が、ACAステーカーへのACA-aUSD LPトークン(Liquidity Providerトークン)の配布と、ACAの買い戻しに充てられる予定です。

新規ACA ステーキングプログラムの詳細は以下の通りです:

開始日:2022年8月4日(ブロックタイムにより変動します。)
🏆 報酬:ACA-aUSD LPトークン
🎖️ ロイヤルティボーナス:50%。
📆 ロイヤリティ期間:90日
⏱ 3ヶ月の実施を予定していますが、実際の期間と報酬量は入金されたローリングリワードに依存します。

以前、ACAステーキングプログラムに参加されて、未請求の報酬がある方は、8月4日の新規プログラム開始前に請求してください。その後は未請求のACA報酬は全て新たなロイヤリティ期間の対象となってしまいます。また、ロイヤリティ期間中の早期請求はロイヤリティボーナスを失効させることになります。ACAステーキング報酬の請求はこちら
 

プログラムの仕組み

約200kドル相当のネットワーク資金がACAの購入に充てられ、ACAステーカーに配布されるACA-aUSD LPトークンの獲得に使用される予定です。Acalaは、インフレによってACAの価値を希釈する代わりに、ネットワークが所有するステーキング報酬の余剰分を使用してACAトークンを買い戻すシステムを採用しています。Acalaは、ACA-aUSD LPトークンを担保となるステーク報酬保管庫に拠出して、ACAをステークすることによる比例配分報酬を提供します。

Acalaのステーキング報酬は、コミュニティメンバーがトークンをロックして流通から排除するインセンティブを与え、ポジティブなフィードバックループを生み出します。また、プログラム参加者は、高利回りのACA-aUSD LPトークンという形でaUSDを受け取ります。

ACAのステーカーは、ACA-aUSD LPトークンを保有することで、 AcalaSwap上のACA-aUSD取引ペアの流動性プロバイダーとなることができます。これによって、LPトークンを保有しながらパッシブに取引手数料を得ることができ、またLPトークンを原資産であるACAとaUSDに交換するオプションも与えられます。

Acalaは、報酬プールが空になるまで5ブロックごとにACA-aUSD LPトークンを配布していく予定です。プログラム期間は3ヶ月ですが、実際のステーキング期間と入金額は、参加者による投入資産とローリングリワードに依存して変化します。
 

ACAステーキングの説明

最初のACAステーキングプログラムでは、Acalaはネットワーク所有のステーキング報酬の余剰分を使用してACAトークンの買い戻しを実行し、ネットワーク内のACAの希釈を回避しました。

ACAは、Acalaの非インフレ型リザーブユーティリティトークンとして複数の有用性を持ち、Acalaのエコシステムの維持に役立っています:

ACAは、aUSDとその分散型通貨準備であるAcala Treasuryに原動力を供給します

ACAは、aUSDをミントするための担保準備金として使用できます

ACAは、Acalaの取引手数料への基本充当トークンとして使われます

ACAは、Acalaのエコノミクスとガバナンス、Acalaチェーンとプロトコルの統治に活用されます

初回のACAステーキングプログラムについてはこちら、ACAに関する詳細はこちらをお読みください。

ACAステークプログラムに参加するには、ウォレットにACAを保有して、Acala Appsに移動し「Earn⃗>Collateral Staking」ページでステーキング項目を見つけてください。

また、このビデオで流動性プールの仕組みについて学びましょう。
 

補足情報

ACAのステーキング期間中、獲得できるAPYは、オンチェーン報酬や参加者数によって変化し、具体的なAPYはその時点でのページ表示によるものを正とします。固定APYはありません。

参加者は、ロイヤリティ期間が終了する前に、ステークしたACAトークンを換金することも可能ですが、早期交換の場合、元金とLP報酬の50%を受け取り、残りの利益は報酬プールに戻されて、他のステークホルダーと共有されます。言い換えれば期間満了までとどまることで、早期交換をした方たちからの戻り報酬を獲得できます。

詳細は、こちらのガイドに従ってください。
 

Acalaでの構築を始めるには

aUSDステーブルコインの採用や実用性を向上させるプロジェクトの構築に興味がある開発者またはプロジェクトの担当者の方は、是非とも2億5千万ドルのaUSDエコシステムファンドからの資金提供への応募を検討してください。

AcalaまたはaUSDステーブルコインを使用した構築をお考えの方、Acala助成金プログラムによるサポートをお求めの方は、エコシステムのウェブページをチェックするか、フォームを送信してAcalaチームとチャットすることができます。あなたと素敵な仕事ができることを楽しみにしています。

 

Acala&Karuraについて

Acalaは、DeFiに最適化されたEthereum互換のスマートコントラクトプラットフォームであり、PolkadotにDAppsをスケーリングしていきます。

このブロックチェーンには、アプリケーション開発者が活用できるDeFiプロトコルがフォーマットで組み込みされており、その中には、分散型ステーブルコイン(Acala Dollar−aUSD)、信頼性の高いステークデリバティブ(liquid DOT−LDOT)、分散型取引所(DEX)が含まれています。

Karuraは、Kusamaエコシステムを提供するAcalaの姉妹パラチェーンであり、Acalaと同じコードベースを共有しています。

Linktree | Discord | Website | Twitter | GitHub | Wiki | Newsletter | YouTube

日本語版 Linktree | Twitter | Medium | Telegram

 

 

Article tip 0人がサポートしています
獲得ALIS: Article like 2.33 ALIS Article tip 0.00 ALIS
ブロックチェーン・ジャパン's icon'
  • ブロックチェーン・ジャパン
  • @chainall
高品質なプロジェクトの記事をお届けします

投稿者の人気記事
コメントする
コメントする
こちらもおすすめ!
Eye catch
クリプト

約2年間ブロックチェ-ンゲームをして

Like token Tip token
61.20 ALIS
Eye catch
クリプト

Bitcoin史 〜0.00076ドルから6万ドルへの歩み〜

Like token Tip token
947.13 ALIS
Eye catch
クリプト

クリプトスペルズで入手したMCHCを引き出す方法

Like token Tip token
196.20 ALIS
Eye catch
クリプト

【DeFi】複利でトークンを運用してくれるサイト

Like token Tip token
54.01 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】JPYCを購入して使ってみました!

Like token Tip token
30.03 ALIS
Eye catch
クリプト

NFT解体新書・デジタルデータをNFTで販売するときのすべて【実証実験・共有レポート】

Like token Tip token
120.79 ALIS
Eye catch
クリプト

UNISWAPでALISをETHに交換してみた

Like token Tip token
39.40 ALIS
Eye catch
クリプト

【初心者向け】$MCHCの基本情報と獲得方法

Like token Tip token
31.32 ALIS
Eye catch
クリプト

ブロックチェーンの51%攻撃ってなに

Like token Tip token
0.00 ALIS
Eye catch
クリプト

ジョークコインとして出発したDogecoin(ドージコイン)の誕生から現在まで。注目される非証券性🐶

Like token Tip token
38.31 ALIS
Eye catch
クリプト

Uniswap(ユニスワップ)で$ALISのイールドファーミング(流動性提供)してみた

Like token Tip token
59.99 ALIS
Eye catch
クリプト

バイナンスの信用取引(マージン取引)を徹底解説~アカウントの開設方法から証拠金計算例まで~

Like token Tip token
3.50 ALIS