君の名は「BurstCoin」HDDでマイニングなんだよ

Content image

上の画像はnonceと呼ばれるデータを書き込んでいるHDDさんたち

こんにちは。東果です。本当は2~3回くらいに分けて書くような内容なのかなと思っていますが、

夏休み最後の日。宿題に追われて必死になっているのび太感

くらいの勢いで行かないと投げだしそうなので一気に書き上げます。

長編なので覚悟して読んでください。

(ちょー変ダサいクにならないように書かなきゃ…ドラえも~ん。たすけてぇ)

覚悟して読んでください。大事なことなので2回いいました。

------------------------------------------------------------------------

では本題なんですが、その前にわたしは自宅で使っているモニターサイズがWQHDでブラウザを110%に拡大して見ています。もし画像内の文字がぼやけていましたら拡大してみてください。

そして、これから紹介するWEBサイトやダウンロードするプログラムは

自己責任で閲覧・ダウンロード・解凍してください。

一つ一つ確認しながら書いていますが、確認後までは無理ですので。

宜しくお願いします。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

1.マイニングとは?

最初にマイニングを知らない方にご説明を。知っている方はスルーで。

私自身も深く理解できていない部分も多々あると思います。ご指摘があれば幸いです。

マイニングとは取引が行われたことを証明する承認作業です。英文で「Mining」と表します。日本語訳すると採掘と訳され、マイニングする人をマイナー(Miner)などと呼んでいます。(語訳は鉱夫)

なので、草コイン(マイナーなコイン)をマイニングしている私は、マイナーをマイニングするマイナーという語訳すると訳のわからない自虐ネタを時々披露しております。

------------------------------------------------------------------------

ここでは承認作業と呼ぶことにします。

承認作業はブロックチェーンを生成した報酬(マイニング報酬)やトランザクション(取引)手数料と呼ばれるものを報酬としてもらえます。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2.コンセンサス・アルゴリズム

さて、承認作業は一定のルールに基づいて行われないといけません。

それがコンセンサス・アルゴリズムと呼ばれる「コンセンサス=承認」と「アルゴリズム=方法」です。ここでは承認方法と呼ぶことにします。

承認作業は承認方法に基づいて行われている

のですね。

コンセントサス・アルヨリズム ト オボエテクダサイ アル

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3.承認作業(マイニング)の種類

ここでは代表的な承認作業の種類を

簡単に

紹介します。詳しい内容はWEBで!(投げたわけじゃないよ(笑

------------------------------------------------------------------------

PoW(Proof of Work)

プルーフ・オブ・ワークと呼ばれる通称「PoW」は一番最初にできた承認作業です。BTCなどに使われております。

------------------------------------------------------------------------

PoS(Proof of Stake)

プルーフ・オブ・ステークと呼ばれる通称「PoS」はコインの保有量と保持時間に基づいた承認作業です。EthereumがPoSに移行すると言われております。

------------------------------------------------------------------------

PoI(Proof of Importance)

プルーフ・オブ・インポータンスと呼ばれる通称「PoI」はコインの保有量と取引の頻度に基づいた承認作業です。代表的なコインはNEMです。

------------------------------------------------------------------------

PoC(Proof of Consensus)

プルーフ・オブ・コンセンサスと呼ばれる通称「PoC」は誰にでも参加することは出来ず、コインの開発・発行を行った側が認めた人物・機関が行う承認作業です。代表的なコインはRippleです。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

4. 「Rippleとは違うのだよ!Rippleとは」もう一つのPoC

Rippleが使っているPoCと混同されそうなPoCC、またはPoC2と呼ばれる承認作業を紹介したいと思います。

------------------------------------------------------------------------

このもう一つのPoCさん「Proof of Capacity」と呼び、現在はアルゴリズムを強化したPoCCまたはPoC2と表されています。また、キャパシティ(容量)ではなく「Space(スペース)」とも呼ばれますがここではキャパシティに統一します。

このプルーフ・オブ・キャパシティは何かといいますと

コンピュータの記憶領域(HDDなど)に「あらかじめハッシュ値を書き込み承認作業を行う」という一風変わった作業です。記憶領域を使うのでキャパシティなんですね。HDDなどが計算するわけではありません。(出来たらすごい)

バーストコインは、この書き込んだハッシュ値のことを

「nonce」(ノンス)

と呼びます。これからよくで出てきます。

------------------------------------------------------------------------

わかりやすくいうと・・・

ぶっちゃけ「白紙のビンゴカード」に自分で数字を書き込んで当たるとうれしい作業。最初に当てた人には大きな報酬

開発サイトには、いろいろと難しい解説や用語が出ていて、翻訳しても理解が追い付けず「自分で数字を書き込んだビンゴカード」を大量に用意する。と私はそう理解しました。

------------------------------------------------------------------------

しゃべる256のアルゴリズムは「アルヨリズムで、ぱっぱか・ぱー」、ハッシュ関数は…「マジックハッシュルームの製作工程はきのこの山とポテチをブラックホールに叩き込んでよく混ぜて…」などと、格好よく解説したかったのですが・・・

「ムリっ!」と脳内からなにかが脱落、逃走

そんなアタマしかないので、詳しいことを知りたい人はWEBで検索してください。(ここは投げました!

ここでは記憶領域をHDDと仮定します。(SSDでもいいんですよ)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

5. HDDでマイニングするBurstCoin(バーストコイン)とは

Content image

やっとここまで来た。長いよ。まだ続けるの?

「続けろと私のゴーストがささやくのよ」(逃走中)

------------------------------------------------------------------------

2014年に誕生したバーストコイン。もれなく様々な内紛劇がおきて、今年になってから落ち着きました。それはもう・・・

敵対陣営のマイニングプールに落ちるまでDDos攻撃をやる

など、まぁ穏やかじゃないですね。復帰してもまた攻撃されるので・・・

(プール運営も大変ですね。レンタルサーバーなら追い出されちゃう)

一般人なわたしは右往左往とプールを変えていました。

攻撃もバースト的なコインですよ

------------------------------------------------------------------------

さて、皆が気にするチャートは・・・

Content image

1Burstは9/19時点で0.00000144BTC 過去最高は0.00000700BTCくらい

マイニングしているわたしは貰える報酬(初期値10000BURST)を基準に考えているので10000BURST=0.0144BTCと脳内変換しております。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

6. バーストコインの報酬

バーストコインのマイニング報酬で、BTCの話題でよく登場してくる「半減期」にあたるものがあります。

(Han・Genkiさんのことはどこかで調べてね。)

初期頃の報酬は10000BURSTでした。それから10800ブロック進むごとに5%差し引かれ、現在は809BURSTです。まもなくブロック数が540000高を越えるので769BURSTになります。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

7. まずはウォレトとプロットを作りましょう

簡単に説明します。最初は「Qbundle」と呼ばれるソフトウェアをダウンロードしましょう。ウォレットやマイニング、プロッターと呼ばれるプログラムがセットになったものです。プロッターと聞きなれないプログラムソフトですが、これがないとなにも出来ないのです。


マイニングにはソロとプールの二種類があります。マイニングを始めるにあたり、ソロ、プール共に登録料が必要です。登録料は1BURSTです。まずはウォレットを用意。フォーラムなどにfaucetがあります。そこから1~3BURST貰えます。ここではプールマイニングを紹介していきます。ソロは慣れてから、もしくは設備がしっかりしてからでいいと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

A. ウォレットを作る

まずはウォレットを作ってアドレスを用意ですね。説明が長くなるので…

「How to Install, Setup Burstcoin wallet」

などと検索してください。やさしい金髪のお姉さんやお兄さん方が動画や文字を駆使して教えてくれます。マイニングに必要なID取得やアドレスが解説されています。

そして大事なのは

「secret passphrase」(秘密鍵)

60文字列くらい考えておいてください。それ以下ですと文字数が足りない、もう1回やり直しと怒られます。あと忘れたらアウトです。プールマイニングが出来ないやら、自分のウォレットに入れないことも。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

B. nonce(ノンス)と呼ばれるものを記憶領域に書き込む

バーストコインのマイニングでもっとも重要なのはノンスと呼ばれるものです。1nonceは16進法を使った64文字 x4096個、計256kibのハッシュ値の団体さんです。このノンスはさきほどのプロッターと呼ばれるプログラムを使い自分で指定したHDDに書き込みます。

ウォレット内のGUIで書き込むこともできます。最初はウォレット内のGUIで試してみましょう。慣れるとプロッター単体ソフトで書き込みできるようになります。ノンスのかたまりは最終的にplotsと呼ばれるフォルダにまとめられます。

あと、私はウォレットと相性が最悪なので、ウォレット内のGUIを説明してくれるやさしいお兄さま方が登場する動画を参考にしてください。

------------------------------------------------------------------------

Content image

図1. HDDに書き込まれたフォルダ名とファイル名

・ファイル名は左からウォレットのID(20文字くらい)で、アドレスと紐付けられています。

・中心の「0」はノンスを書き初め「0」を表しています。プロッターの設定で12345や114114など好きなようにできます。わたしは整理しやすいように「0」から始めているだけです。

ただ、同じ数字が重複するとマイニングソフトがエラーを吐くのと、なにひとつメリットがないので注意しましょう。

・右端の「7629000」は書き込んだノンス量を表しています。「7629000」はほぼ2TBになります。

・続けて2TB分を書き込むとしたら、下図のように

「xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx_7629000_7629000」という表し方になります。

Content image

図2. 他のHDDに続きを書き込んだファイル名

------------------------------------------------------------------------

※0から7629000を書き込んだら、次は7629001じゃないかと思うかもしれませんが、0を含めて数えると最後は7628999になります。そうすると次は7629000から始まるというわけです。さらに2TB分を書き込むときは15258000からなので整理しやすいかなと思っています。

※ファイル内の記述は、0-7628999 7629000-15257999 15258000-22886999となります。(ファイル名とは違います。)

------------------------------------------------------------------------

わたし、基本5歳児なので桁が増えると「なな・ろく・に・きゅう、ぜろ3つ」という数え方をしております(笑

------------------------------------------------------------------------

では、実際に書き込んでいる様子の画面が下図です。

Content image

図3. HDDにノンスと呼ばれるハッシュ値のかたまりを書き込む様子

図3.の書き込み速度で7629000ノンスを書き込む場合、およそ18~24時間掛かります。書き込み速度はコンピュータの状態で増減します。

------------------------------------------------------------------------

書き込まれる順序

a. CPUがIDと承認方法に基づいたハッシュ値をいったん物理メモリに格納。(黄色文字)

b.メモリに100%まで書き込みされたら、メモリからHDDへ書き込み開始します。(黄色文字)

c. 書き込みが終わるまでCPUは待機。書き終わるとaの作業を開始というループになります。

------------------------------------------------------------------------

それぞれの意味

・76% Generating nonces from 2118xxxxx to 2118xxxxxは、205983000から書き始め7629000の76%まで進んでいることを表しています。

・CPU: CPUを使って計算していることを表しています。

・50% done はメモリに書き込んだ量を表しています。100%になると止まります。

・(25424 nonces/min) はCPUが1分間に計算できるノンスの量を表しています。この数値が大きいほどメモリへの書き込みが早く終わります。

・HDD:Writing scoops: 12.49% 26.61 MB/s はメモリからHDDへ書き込んでいる割合を示し、MB/sはHDDの書き込み速度を表しています。

------------------------------------------------------------------------

HDDへの書き込み速度はHDDの性能や接続方法(USBやRAIDなど)、コンピュータの状態(バックグラウンドでの作業)で変化します。

------------------------------------------------------------------------

下図は実際の設定です。

Content image

図4. プロッターソフトのconfig(設定)ファイル

------------------------------------------------------------------------

私は「XPlotter modded」というプロッターソフトを使っています。

自分の環境に合わせてある程度の設定ができます。

------------------------------------------------------------------------

・上から三行目の始まり XPlotter_avx2.exe はこれからAVX2というCPU内の拡張命令を使い、書き込みますよという意味です。

・他にもAVXやSSEといった拡張命令にも対応しております。

・-id 14xxxxxxxxxxxxxxxx81 はウォレットのIDです。

・-sn 175467000 はここから書き込み始めますよという意味です。

・-n 7629000 は書き込む量を表しています。先ほどと同じ2TB分ですね。

・-t 7 はCPUがノンスを導き出すために使われるスレッド数です。4コア8スレッドのCPUを使っていますので8スレッド中7スレッドを使っているという意味です。

------------------------------------------------------------------------

すべて使わないのはフリーズ防止と書き込み遅延を減らすためです。というのは、CPUがこの計算をするとき100%まで働きます。私の場合、安全策として1スレッド残すようにしています。

------------------------------------------------------------------------

※CPUがメモリに速く書き込んでもHDDへの書き込みが追い付かないと意味がないので4スレッドくらいでも十分。

------------------------------------------------------------------------

・-path S:\plots は書き込み先のドライブ名、またはボリューム名の指定です。ここではSドライブを指定しています。そしてフォルダも作った方がいいでしょう。\plotsがない場合、マイニングソフトによっては認識しない恐れがあります。

・-mem8G はCPUが計算したノンスを格納するための物理メモリの予約領域です。あまり多いとCPUが休む間もないので8Gあたりがいいようです。休息は大事!

最後の@pauseはHDDにすべてを書き込んだら一旦停止し、メモリ開放などします。

Content image

図5. 試しに1000ノンス書き込み、終了した画面です。7秒で終わりました。

------------------------------------------------------------------------

・「続行するには何かキーを押してください」と出るまでなにもしないでください。まだ書き込んでいたりしています。

終わり方はどのキーでもいいでの押して画面閉じるか、閉じるボタンで終了します。

※おおまかに100GB=381450ノンス。1TB=3814500ノンスです。

※※※※※※最重要なことです。読んでください※※※※※※

ここでの説明は下図の、図6.「BURST WIKI」から図7.「Burst Software」にある図8.「XPlotter modded」を使って説明しています。

というのは、アルゴリズムが強化されたPoC2と以前のPoC(またはPoC1と呼ばれている)が混在して、設定を変えないとPoCを書き込む恐れがあります。

現在、両方のアルゴリズムでマイニングできる状態ですが、PoCでマイニングするとマイニングソフトがPoC2に変換しプールに提出しています。

変換に時間が掛るためHDDからの読み込み速度とCPUの処理速度が大幅に下がり、PoC2と比較して読み込みと処理の速度は半分以下となっています。

この速度低下は致命的で提出が遅いとプールへの貢献度も低くなり、手間取っている間に次のブロックに移っていくこともあり、その分の報酬が減ることに直結していきます。

XPotter moddedはデフォルトでPoC2を書き込む仕様になっており、慣れるまでこちらを使うことをお勧めします。

起動の方法は「RunThisAsAdmin.bat」ファイルを右クリックし、「管理者として実行」を押してください。これで書き込みが始まります。

exeファイルクリックしてもなにも起きませんので注意してください。

------------------------------------------------------------------------

Content image

図6. BURST WIKI

------------------------------------------------------------------------

Content image

図7. Burst Software XPlotter

------------------------------------------------------------------------

Content image

図8.XPlotter modded

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

疲れてきました。ここでいったん休憩しましょう。オト・イレ、お茶やコーヒーでも入れてきてください。

でも・・・わたしは、

これから夕飯の準備です。

用意しないとウチの奥多摩にシメられるし、頑張って作ってきます。LINEを送信っと。奥多摩ぁ今日のメインは「やふーはんばーぐだよ」

分かってくれるかなぁ・・・(ヤフー…野風…家風…和風…ハンバーグ)

とおいな・・・すべったかな・・・ア行で活用したんだけどな

中・・・・・夕飯中・・・・・・夕飯中・・・・・・夕飯中・・・・・・夕飯 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

やふーはんばーぐ 奥多摩にバカウケでした

ウレシイィィ(人´ω`*).☆.。.:*・°5歳児

そして、本気でヤフーハンバーグにするなら、キャンプでやろうと迫られました。野風ハンバーグか・・・

閑話休題

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

8. プールでマイニングしてみよう

「7. まずはウォレットとプロットを作りましょう」に書いてあるように登録料が必要です。

・ウォレットに数枚のコインを用意しましたか?

では、プールのサイトに移動してみましょう。

と、その前にプロットは完成しているよね?

------------------------------------------------------------------------

Content image

図9.私がお世話になっているプールの画面です。50-50Poolです。ずきゅーん

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

A. 3種類のサーバーの説明

わたしがお世話になっているプールの Burst Pool で説明します。

各マイニングプールには3種類のサーバーが用意されており、そこで

保有しているノンスの量によってプールを選択します。

↑ここ大事。試験に出ます。

簡単に説明しますと

------------------------------------------------------------------------

0(winner)-100(pool)Pool、もしくは100(pool)-0(winner)Pool

・ノンスの保有量が40TB(テラバイト)以下のマイナーにあわせています。

・ブロックを生成したマイナー(winner)はマイニング報酬をプールに譲ります。譲られた報酬はプール内のマイナーに分配されます。

・分配の比率はプールへの貢献度で決まります。

------------------------------------------------------------------------

50(winner)-50(pool)Pool

・ノンスの保有量が40TBから200TB規模のマイナーにあわせています。

・ブロックを生成したマイナー(winner)はマイニング報酬の50%は自分に入り、残りの50%をプールに譲ります。譲られた報酬はプール内のマイナーに分配されます。

・分配の比率はプールへの貢献度で決まります。

------------------------------------------------------------------------

100(winner)-0(pool)Pool,もしくは0(pool)-100(winner)Pool

・ノンスの保有量が200TB以上のマイナーにあわせてあります。

・ブロックを生成したマイナー(winner)はマイニング報酬のすべてが自分に入り、残りは・・・どうなんでしょうね。このサーバーに入ったことがないのでわかりません。

ソロマイナーが一つに集まった場所なのでしょうか(^^;

------------------------------------------------------------------------

と、かなり翻訳を端折りました。

------------------------------------------------------------------------

ここでいう保有量のTB(テラバイト)はHDDに書き込まれたノンスの量を示しています。

簡単な例をあげるとこのようになります。

Content image

図10. HDD容量とノンス関係

------------------------------------------------------------------------

40TBは10日もあれば作れますが、200TBはそれなりの規模になるので50日前後ほどかかりますね。

大容量HDD(10TB以上)を使えばHDDの台数も少なくなりますがギガバイトあたりのコストが釣り合わないので4TBあたりが主流の様です。

でもまぁ…PB(ペタバイト)クラスの人が100%プール・サーバーにいたり、4TBクラスの人が100%ウイナー・サーバーにいるので基本自由です。

あとは容量が大きければ有利とも限らないです。のちほど出てくる

deadline」おまえはもう(以下ry

という、謎の仕様が出てきますので大量にノンスがあるからといって絶対的有利ではないのです。とはいえ、いっぱーいあるほうが当たるんですけどね。

------------------------------------------------------------------------

B. プール画面の説明 0-100(pool)の場合

Content image

図11. 0-100(pool)

------------------------------------------------------------------------

上の図が小さいので切り取って説明します。

Content image

図12. 左上を拡大

------------------------------------------------------------------------

ここではDeadline以外の説明は省きます。

Deadlineは締め切りと翻訳され、ちょっと意味不明なので画像を持ってきて説明します。

Content image

図13,はて?どこかでみたような!そこのA君、B君、突っ込まないように

------------------------------------------------------------------------

はい。買ったことのある人は少ないと思いますが、例のアレです。

・「第5400000回」はブロック高

ユニットはスルーで

・「00組」Deadlineこと有効時間

・「012345」ハッシュ値だと思ってください。

はい。以上で説明終わり!

いやいやいや。

ちゃんと説明しろといわれましてもね。説明してと聞いてもちゃんとした答えが返ってこなかったのですよ。英語もダメ、数学もダメなので…

迷探偵「かえってコナン」君に登場して頂きたい

私の質問内容がダメなのか、答えを理解していない方に1000点

海外でも宝くじと揶揄されています。まぁビンゴでもなんでもいいのですが。いくらハッシュ値が合っていても有効時間が長いと当てたことにはならないのです。

ハッシュ値が合っており、有効時間が短いほど、そのブロックを書き込める権利が発生するということです。いくら大量のノンスを持っていても有効時間が長いと当たらない、絶対的有利ではないとはこのことです。

ちなみに私は自己最短記録10秒を出して書き込みました。いえーい(棒読み

------------------------------------------------------------------------

Content image

図14, 右上のグラフ

------------------------------------------------------------------------

Current Round Shareはそのまま意味です。

このプールにおける現在のブロック高の占有率です。Deadlineで少ない順に名前が挙がっています。わたしが自己最高記録を出したときの占有率は90%くらいでした。報酬が1000Burstくらいだったかな。

図14.の1位は、このプールにおける現在のブロックを10.1%占有していることを表しています。提出したDeadline2783なので他のサーバーかプールがこれよりも短いDeadlineを出していると思います。ですからマイニング報酬は貰えませんがプールへの貢献度が高いと評価されます。

------------------------------------------------------------------------

Content image

図15. 図11.の下側

------------------------------------------------------------------------

字が読めないので図15.を拡大しました。

Content image

図16. 下側拡大画像。自分自身の項目です。

------------------------------------------------------------------------

図12.と違いは少ないです。実際に0-100プールでマイニングしてみました。

分かりにくいものだけを説明します。

・Current Deadlineは自分が提出した有効時間です。278861秒ですね

Valid Deadline Last 360 Blocksは過去360ブロックのうち、有効時間をいくつ提出したかを表しています。2/360ですね。

Last Active Blockheightは現在のブロック高 536329高です。

・Historical Shareは過去360ブロックのうち、提出した有効時間の数と有効時間の長短、ノンスの量を計算して表します。まだ2/360ですから0%です。

・Pendingは現在報酬です。デフォルトで100Burstになると支払われます。支払われる額は任意で変えられます。

------------------------------------------------------------------------

C. プールの登録

・下図の青色のConfig(設定)をクリックしてください。

Content image

図17. 登録画面への入口

------------------------------------------------------------------------

・クリックすると下図が出てきます。

Content image

図18. 設定の案内

------------------------------------------------------------------------

・次に「How to mine?」と書かれてる下の青文字「reward assignment page」をクリック。

Content image

図19. 案内

------------------------------------------------------------------------

・プールの登録画面が出ます

Content image

図20. 登録画面

・まず、「Reward recipient」から入力しましょう。

・先ほどの「reward assignment page」の下に「Set reward recipient to 888561138747819634」とあります。

「888561138747819634」「Reward recipint」と書かれている下の空欄に入力してください。

プールやサーバーによって文字列は違いますので注意してください

・次に「Your secret passphrase」を入力。ウォレットの60文字ほどの秘密鍵です。

Content image

図21. 入力した登録画面

------------------------------------------------------------------------

・正確に入力できたらsubmitをクリック。成功すると下図のような文字列がたくさん出てきます。

Content image

図22. 成功例 

------------------------------------------------------------------------

・秘密鍵を間違えると下図のエラーメッセージが出ますのでやり直してください。間違えても登録料は取られないので安心してください。

Content image

図23. エラーメッセージ

------------------------------------------------------------------------

・登録が成功するとウォレットから登録料が引かれています。

Content image

図24. ウォレットから登録料が引かれました

おや、ここは0.1Burstなんですね。初心者さんにやさしいです。

------------------------------------------------------------------------

登録はここまでです。いよいよマイニングソフトにいきます。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

丑三つ時を越えました。Nemいですにゃぁ大佐…ZZZZZZZZZZZZガム噛む

時折、目の端々にチラチラとなにかが入ってくるのですが…紙と鉛筆、そこに置いてあるので用事があるなら書いてくださいましまし。え、私のゴースト?

いつの間に抜けたんや!さっき脱落した奴か…帰っておいでよ。さみしいから…

あ。いつの間にか意識を奪われていました。おはようございます。

よし、いくぞう。

いざ、栗をたずねて三千里

Content image

東果のグルメドライブ 対決!初秋の陣(…とん編) 本体が逃走中。読んでね

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あ、かんわ。続き続き。閑話休題。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

9.マイニングソフトの設定

では、ソフトの設定です。マイニングソフトは「BURST WIKI」の「Burst softcream」にある「Blagominer modded」を使います。

リンク先のマイニングソフトは「Qbundle」に添付されているもので、バージョンが少し古いです。新しいバージョンを試したい方は後述します。

Content image

図6-2.BURST WIKI

Content image

図25.Burst softcream Blagominer

Content image

図26.Blagominer

------------------------------------------------------------------------

実はこのソフト、他のPoWのマイニングソフトと同様に

ガードマンさんたちに阻まれ、監禁され、消されてしまいます。

そうならないようにダウンロード先に除外フォルダを作ってそこで解凍していきます。あとはガードマンさんたちの仕様にあわせて許可証を発行させてください。

Content image

図27.最新バージョンのBlagominer-v.1.170997

ダウンロード、解凍をすすめるとフォルダ内は上図のような実行ファイルがあります。バージョンによってconfig(設定)ファイルの有無があります。あるものをダウンロードして設定ファイルを見てみましょう

------------------------------------------------------------------------

ウォレットにも添付されているマイニングソフト「Blagominer-v.1.170911」は全力でガードマンさんが出動してきます。このバージョンにはconfigファイルが入っております。

自分の環境ではウイルス・スパムなどの感染はないけど、自己責任でお願いします。

------------------------------------------------------------------------

Content image

図28.configファイルを入れてマイニングを開始させてみました。

------------------------------------------------------------------------

上図をみると「miner.conf」と表示されているファイルがありますね。他のソフトは知りませんがBlagominerさんはバージョンが変わっても、設定項目は変わらないので使いまわしてます。(たまにエラーを吐くのでそのときは若干修正)

では、configファイルを開いてみましょう。

・開くときはメモ帳などで開きます。

------------------------------------------------------------------------

A.configファイルを設定しよう

下図はダウンロードしたフォルダ内の設定ファイルを開いた状態です。とりあえず

見 本 

Content image

図29.詳しい方が大勢お見えなので説明するのが大変恥ずかしいかぎりです

え? なにか変なモノが見える?

気のせいですよ。妖怪のせいですよ。

------------------------------------------------------------------------

このままでは使えないので、自分の環境に合わせていきます。

------------------------------------------------------------------------

Content image

図30.東果の設定ファイル

はい。ちょっときれい目にしてみました。

上から順に説明いたします。

・Mode ソロかプールの選択。プールを選択しています。

・Sever マイニングプールのアドレスです。

・Port 使用するプールのポート番号です。間違えると放り出されます。

・UpdaterAddr サーバーと同じ。

・UpdaterPort 同上

・infoAddr ここも変更なし

・InfoPort 同上

・EnableProxy ここはfalse(フォルス)のままで。(初期設定)

・ProxyPort ここも8126のままで。(初期設定)

・Paths 指定したドライブ、ボリューム名からプロットを読み出します。ここではDからSまで読み出します。

・CacheSize メモリの予約サイズ

・Debug ここはtrue(トゥルー)のままで(初期設定)

・UseHDDWakeUp 同上(初期設定)

・TargetDeadline プール側からxxTB以上のマイナーは、このデッドラインの指定があります。その指定値以上を設定しても切り捨てられます。サーバーの負担を減らすためにも守りましょう。

・SendInterval まれにプール側から指定するので要チェック。初期値は100

・UpdateInterval これも同様に指定がなければ初期値のままで

・UseLog ログです。初期値はTrue

・ShowWinner 初期値はfalse。trueでも構いません。

・UseBoost 初期値はfalse。trueにしたのはBoostなの?加速装置?教えてー

・WinSizeX.Y コンソール、実行画面の大きさです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

設定ファイルは「JSON」(JavaScript Object Notation)というプログラミング言語だそうです。

よくわからないので

ジャバ・ジャバ・ハットなジェイソン・ブラザーズ

もしくは

13日なジャバ・ザ・ハット

和名ならヤマダ帽子のきんどーさん

と、意味不明な脳内リフレイン

とおくへー by GAO

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

では、編集時の注意事項

「true」,「false」,「null」などはすべて小文字で。

改行、スペースに罠がある。

ドライブ名を書き換えたり、増やしているうちに「うっかり八兵衛」発動。はい、動いてくれません。大体、スペースが多いと怒られて直しますガッ!それでもだめなら最初からやり直すか、やさしく整形するお兄さんのサイトでチェックして直します。

------------------------------------------------------------------------

起動方法は、ポチっとするだけです。

Content image

図31.お好きなタイプでどうぞ

どれでもお好きなexeファイルで起動が始まります。速さを求めるならAVX以外で、「3倍の速さ」まではいきませんが.。

------------------------------------------------------------------------

ハイ。起動しました?

Content image

図32.起動直後の画面

上図は正常な起動画面です。そうでない場合は「JSON」が真っ赤になって「ちがーう」と言ってきます。

失敗してもリトライしてね。

以上を以て、世界で唯一のHDDで承認作業をおこなうBURSTCOINの紹介を終わりにしたいと思います。

長い時間、お付き合いありがとうございました。解散!

------------------------------------------------------------------------

おしまいがき

裏話1

翻訳し、解読に試行錯誤していたのはノンスの仕組みや有効時間の記述で鼻痔ができる勢いでした。あとはHDDマイニングの試行錯誤の結果の集大成です。間違っている部分がかなりあるかと思います。そのときは5歳児にもわかるようにご教授のほどお願いします。

裏話2

わたしがバーストコインに興味をもったのは「なに、面白そう」がはじまりで、調べていくうちに「とりあえずやってみよう」と軽い気持ちからでした。

PoC2の魅力はPoWに比べて圧倒的な消費電力の差と設備投資の差です。

PoWは承認方法ごとに合わせた「ASIC」と呼ばれるマイニング専用機器がもっとも効率がよいとされてます。ただ、つねに100%の状態で稼働し機器の寿命が短く1台当たりの消費電力も多大です。

GPUを使用したマイニングもありますが、こちらも100%状態で稼働しグラフィックプロセッサと呼ばれる部品が高熱にさらされていきます。ASICに比べ、1台当たりの消費電力は少ないですが数がそろえば変わりありません。

GPUは長くその状態が続くと演算処理部のプロセッサが壊れなくても画像処理部のプロセッサが早く破壊され、マイニングに使われたGPUをモニターにつなぐと何らかの障害がでることがあります。本来の使われ方ではなく、これを保障・修理に適用したくはないと考えるメーカーもあります。

将来、PoWは資源を無駄に浪費するだけの存在になるやもしれません。

そこでPoCに注目したのは、

・圧倒的な電力削減。発熱が少なくコンピュータに使われている半導体の破壊が少なくなる。冷却コストも下がる。

・HDDに1度書き込んでしまえば、あとは読み込みだけとなるのでHDDに無駄な負担もなく寿命が期待できる。

・ネットワークへハッシュ値を提出する作業は瞬時に終わる。長く無駄な計算はしない。

・CPUやGPUに過度な処理能力に求めない。HDDにノンスを書き込む時だけ大きな負荷がかかる。

・これからは容量だけでなく速さも求められていくと思う。

・将来的にSSDがHDDに置き換わり、さらに省電力化・省スペースに向かうと思われる。(数年後、エンタープライズ向けに256TBや512TBのSSDが登場する可能性がある)

欠点は、容量を増やすとサーバークラスの設備を用意しなければならない。ノンスの書き込みに時間が掛り、障害が起きた時のバックアップ体制に費用がかかる。(LTOドライブなど)

まぁ、どんなマニングでも設備を大きくすると大なり小なり問題はあると思っています。

簡単に書くと上記のようになります。

現在、SSDの大容量化の道筋が見えてきた段階で、まだ先は長いかもしれません。個人でも512TBクラスのSSDが手に入るような時代が来ると思うとワクワクします。(フロッピー世代から見たらHDDのTBクラスもSF世界みたいです)

それでは。本当にありがとうございました。

Content image

中古サーバーから抜き取ったMIDプレーンを魔改造(HDDを垂直固定)してHDDを組み込むところ。このあと、厨二病的な自作ラックに組み込まれていく

公開日:2018/09/21
獲得ALIS:26.94
東果元帥's icon'
  • 東果元帥
  • @east-end
基本5歳児なのです。老眼です。小さな字を脳内誤変換する機能付きです。木工製品など作っています。BTCマイニングを開始したのは2010年頃。現在は細々とHDDマイニングやっています。
コメントする
コメントする