APIを利用してALISで書いた記事をホームページに取り込んで表示する方法(concrete5 編)。

ALISには、APIがあります。APIを使うと、ALISで書いた記事を自分のホームページやブログに取り込んで表示することができます。

今回は、弊社ウェブサービス「マイ見積」や「QuickNEM」等でも利用している concrete5の例です。

ALIS APIは、ドキュメントが用意されています。

いろいろなAPIがあります。まず今回は、「指定されたユーザーの公開記事一覧情報を取得」を試してみます。

ドキュメントによると、/users/{user_id}/articles/public へアクセスすれば良い、と分かりました。私のuser_idはmizunoなので、私の場合は /users/mizuno/articles/public です。公開記事なので、認証無しに取得できます。

データを取得するコード

$app = Facade::getFacadeApplication();
$httpClient = $app->make(HttpClient::class);
$url = 'https://alis.to/api/users/mizuno/articles/public';
$httpClient->setUri($url);
$response = $httpClient->send();
$responseBody = $response->getBody();
$data = @json_decode($responseBody, true);

取得したデータを表示するコード

<?php
foreach($alisdata['Items'] as $item) {
  $link = 'https://alis.to/' . $item['user_id'] . '/articles/' . $item['article_id'];
?>
  <div class="col-xs-12 col-sm-12">
    <div class="col-xs-4 col-sm-3">
      <a href="<?php echo h($link);?>" target="_blank"><img src="<?php echo h($item['eye_catch_url']);?>"></a>
    </div>
    <div class="col-xs-8 col-sm-9">
      <h3><a href="<?php echo h($link);?>" target="_blank"><?php echo h($item['title']);?></a></h3>
      <p><?php echo h($item['overview']);?></p>
    </div>
  </div>
<?php
}

オープンソースで公開予定

どなたでも自分のホームページでALISの記事データを取得して表示できるように、オープンソースとして公開予定です。

※追記※ソースコードを公開しました。MITライセンスです。


オープンソースなので商用利用も自由となります。例えば、ウェブ制作会社の方はクライアントワークにもご利用いただけます。


他にもアドオンを公開しています

他にも、アドオン(ホームページに機能追加する仕組み)を公開しています。






公開日:2019/01/11
獲得ALIS:19.05
mizuno's icon'
  • mizuno
  • @mizuno
月70万PVウェブメディア「計算フォーム」 https://calculator.jp/ でウェブ集客支援。書籍「WordPressユーザーのためのPHP入門」他一冊。TWITTER: @ounziw
コメントする
  • mizuno
  • 6ヶ月前

要望が多ければ、WordPress版も作成するかもしれません

返信
  • mizuno
  • 7ヶ月前

github にコード公開しました。MITライセンス
https://github.com/ounziw/ounziw_alis

返信
コメントする