【クリスペ】ギルドβで何が変わるのか

昨夜、しれっとギルド機能の詳細についてMediumが更新されていました。

細かい内容はリンク先を見ていただくとして、「じゃあ実際のとこ、一般プレイヤーとしては何が変わるの?」というのを見ていきます。

ギルドについての前提知識

読むの面倒だったら飛ばしてしまってもOKです。

所属は任意だが任期あり

まず前提として、今後のクリスペには、4週間を1単位とした【シーズン】という概念が登場します。おおよそ1ヶ月間ですね。

ギルドへの所属はこの1シーズンを基準とし、当該シーズンの間は1度所属したギルドから別のギルドへ移籍することはできません。
1度所属したギルドから、別ギルドへ移籍できるのは、そのシーズンが終わって次のシーズンが始まる直前の【準備期間】のみとなります。

こちらはマイクリでも類似したシステムがあり、初心者は注意が必要な部分です。
気をつけましょう。

ギルドに関する5つの役職

ギルドに関するプレイヤーの役職が5つあります。
大半のプレイヤーはランカーかメンバーのどちらかになると思います。

ギルドマスター
詳細は不明ですが、各ギルドのstockというものを販売し、その所有割合が最大のプレイヤーがギルドマスターになるようです。stockはギルド内の土地のようなものと思えばいいでしょうか。
様々な特権を持つことになるはずです。

ギルドオーナー
ギルドマスター以外の、stock所有者のこと。各ギルドの土地を持ってはいるが、マスターではない。
土地を持っているので、オーナー報酬としてETHがもらえるようです。
また、おそらくは自分が所属するギルド以外のstockを持つことで、他ギルドのギルド採掘ができ、ギルド専用クリプトスペル(ただし覚醒前のみ)を使うことも可能のようです。ギルド専用クリプトスペルについては後述。

ボード
ギルドの運営者。
マスターに任命され、マスターの意向に沿う形で様々な施策をうったり、他ギルドからメンバーを誘致したり、ギルドに貢献する活動を行う人たち。マスターの補佐役、というイメージ。マスターが任命しなければこの席は空いたままになります。
働きに応じて、ギルド収益のSPLをもらえます。

ギルドランカー
公式ランク戦の各ギルド上位50名、つまりギルド内の上位50人がこのポジション。そのままギルドの武力につながる重要な役職ですね。
各役職で唯一ギルドバトルへの参加権を持ちます。ですが、多くの場合はオーナー兼ランカーや、マスター兼ランカー、ボード兼ランカーとなることが予想されますw
さらに各ギルドのランカーのうち、上位10名のトップランカーは、ボードと同じくギルド収益のSPLをもらえます。強いは正義!

ギルドメンバー
特別な役職を持たない、ギルド所属プレイヤー。
将来的には大半のプレイヤーはここに位置することになると思いますが、5ギルド50人ずつの計250人がランカーになることを考えると、アクティブユーザー数的にランカーにならないメンバーはそこまで多くはなさそうです。
ギルドに所属することで、ギルド採掘ができ、ギルド専用クリプトスペルを使うことができます。

ギルドができて変わること

使用できるクリプトスペル

いよいよギルド機能の中身を見ていきます。

1番の大きな違いは、クリプトスペルが変わる部分でしょう。

現在の仕様では、全プレイヤーが「運営に用意された各文明3種類のクリプトスペルから」「対戦直前に1種を選択して」対戦します。
5文明それぞれが3種類存在するので、計15種類のクリプトスペルが存在します。

ここが大きく変わります。

私の推測も入りますが、今後は各プレイヤーは「運営に用意された各文明3種類のクリプトスペルと、所属するギルドに応じた各文明1種類のギルド専用クリプトスペルの」「計4種類のうち3種類をデッキ編集時にあらかじめ設定し」「対戦直前に1種を選択して」対戦することになると思います。

「運営に用意された3種類のクリプトスペル」が変わる

なんということでしょう~

見慣れた3種類のクリプトスペルが、これら新たな(一部そのままな)クリプトスペルに変更されます。(少なくともギルドβ期間中は。その後はどうなるかまだわかりません。)

1csは《フェルトゴルトの火球》に名前を変えてそのまま
4csは《フェルトゴルトの烈火》に名前を変えて弱体化、というかもはや別物
7csは人事異動(後述)

代わりに以下の1枚が追加 
《フェルトゴルトの恐竜》 6コスト 7/5の黒牙のティラノサウルスを1体出す

2csは《シーラの宝札》に名前を変えて3コストに弱体化
4csは人事異動(後述)
6csは《シーラの激流》に名前を変えてそのまま

代わりに以下の1枚が追加
《シーラの雷瓶》 1コスト ライトニングボトルを1枚手札に加える

1csは人事異動(後述)
2csは《アルベリッヒの増強》に名前を変えて+2/+1に弱体化
5csは《アルベリッヒの倍化》に名前を変えて6コストに弱体化

代わりに以下の1枚が追加
《アルベリッヒの妖精》 3コスト 1/1の聖域のエルフを3体出す

1csは《オクの守護》に名前を変えて2コストに弱体化
3csと11csは人事異動(後述)

代わりに以下の2枚が追加
《オクの回復》 0コスト 味方1体を4回復する
《オクの天啓》 4コスト 2/3のホルスを1体出す カードを1枚引く

2csは《リッチの瘴気》に名前を変えて-2/-2に弱体化
5csと13csは人事異動(後述)

代わりに以下の2枚が追加
《リッチの尖兵》 1コスト 1/1のスケルトンを1体出す
《リッチの呪詛》 9コスト 墓地が20以上の時相手リーダーに10ダメージ

各クリプトスペルの評価はとりあえず置いておくとして。

ここまでで紹介した5文明3種類ずつのクリプトスペルは、誰でも使うことができます。

が、一体私のフリッカデッキで使う3オクはどこへ…
私のディバインデッキで使う7フェルトゴルトは…ブロンズ縛りの救い、13リッチはどこへいったんだ…!!!

そうお思いのみなさん、安心してください。生きてますよ。

「各ギルド専用のクリプトスペル」が新設されます

5つのギルドに対し、それぞれのギルド専用のクリプトスペルが5文明それぞれに1種類ずつ与えられます。
しかも、それらギルド専用クリプトスペルは、後述する【ギルドへの奉納】の結果に応じて【覚醒】させて強化することが可能です。

ではギルド専用クリプトスペルを1ギルドずつ見ていきましょう。

7フェルトゴルトと3オクの異動先

ルビーというギルドに所属するプレイヤーは、上の画像にある5文明1種類ずつの専用クリプトスペルが与えられます。
また、ルビーのstockを所有するオーナーも、上段の覚醒前のもののみ使えます。

赤7csや白3csがこちらに人事異動食らってますね。
その他、青緑黒は新人です。

上段の性能では冗談としか思えないものもありますが、【覚醒】させると従来のクリプトスペルを上回る性能になるものも!

5人全員新人のどうかしてる部署

サファイアというギルドに所属するプレイヤーは、上の画像にある5文明1種類ずつの専用クリプトスペルが与えられます。
また、サファイアのstockを所有するオーナーも、覚醒前のもののみ使えます。

こちらは全色新人ですね。

いずれも、いまある効果や能力に近いものが並んでいる気がします。
緑10コストで誰でも疑似シュモンは楽しそうですね。
10ターンまで決まらないいまの緑ってどうなのとは思いますが。

4シーラと5リッチの異動先

続いてエメラルド。

青4csと黒5csが異動してきています。
赤緑白は新人。

《シーラの雷光》は専用デッキ組んだらすごいことになりそう。

11オクの異動先

さらにダイヤモンド。

白11csが軽くなって異動してきてます。前の職場は合わなかったのだろうか…。

おそろしいのが黒。
青は[マナクリスタルを2枚得る]じゃないところがミソ。

1アルベリッヒと、ブロンズの光13リッチの異動先

最後にオニキス。

緑1csと黒13csが異動してきています。
赤青白は新人。

ブロンズの救いである13リッチを使えるのは、当分の間はオニキス所属メンバーのみとなります。しかも14コストに重くなっている。
一応、他のギルドのプレイヤーも使えるようになるチャンスはありますし、覚醒すれば従来通りの性能で使えます。が、ギルドβではそのチャンスはどちらもありません。

 

以上、各ギルドにつき各文明1種類ずつ用意されたギルド専用クリプトスペルを、当該ギルドに所属するメンバーと、当該ギルドのstockを持ったオーナーだけが使用可能です。

ここからは推測ですが、初期クリプトスペル3種と自身が所属するギルド専用クリプトスペル1種の合計4種(他ギルドのオーナーであればさらに追加で最大合計8種)から、デッキ編成時にあらかじめ3種類を設定しておいて、バトル開始直前にその3種類から1種類を選択する、という形式になるのではないかと思っています。
正式に発表あるまではわかりませんが…。

ギルドができて新たにできること

ギルドバトル

ギルド対抗戦です!各ギルドの総力戦!
これは盛り上がりそう。ただ、同じギルドのランカー同士でマッチングしまくるとすごいことになりそう。その辺どうなるんだろうか。

マイクリのフラッグ戦と違ってちゃんと報酬がありますね。
フラッグ戦でさえあの盛り上がりなので、これはもっともっと盛り上がりそう。
観戦機能はよ。

ギルド採掘(β非対応)

「通常採掘」からは中立ブロンズか、現在発行されているシルバーカードしかでなくなるようです。

そして新設される「ギルド採掘」からは各文明のブロンズカード(中立以外のブロンズカード)と、各ギルド固有のカードが排出されるようです。

魔石NFTというのに注目ですね。
指定したカードをキラカードにできるものではないかと予想されています。
欲しいなぁ…フリッカさまキラカードにしたいなぁ…。

奉納してギルドクリスペを【覚醒】(β非対応)

ギルドへの奉納機能が実装される予定です。ただしβでは非対応。

余っているブロンズ、シルバーのカードを奉納することができます。
奉納したカードはゲーム内から消滅して使えなくなるので、基本はダブったブロンズを奉納していく形になるかと思います。ブロンズ1枚をSPLにしてもたかが知れているので…。

各ギルドのシーズン中の総奉納量に応じて順位がつけられ、上位ギルドから順にランダムで3枚までのギルドクリスペが【覚醒】、次シーズンでは覚醒したクリプトスペルを使えるというわけです。
ただし覚醒したギルドクリスペを使えるのは、ギルド所属メンバーのみ。ギルドオーナーであっても、メンバーでなければ覚醒後のギルドクリスペを使うことはできません。

ギルド間のギルドクリスペトレード

ギルド同士でギルドクリスペのトレードをできるようです。
こちらはギルド双方の合意がなければ成立しないでしょうから、おそらく滅多に成立することはないのではないかと思っています。

全メンバー・オーナーの合意を取るわけにもいかないですからね…。

その他

その他のスケジュールはこんな感じ。
先日リリスちゃんがポロリしたギルド内カードレンタルに加え、FA制度やギルドレイドなんてのも構想中のようですね。楽しみです。

 

以上、とりあえずギルドメンバーが気にするべき点は

・クリプトスペルが変わる、増える、(だいたい)弱くなる
・ギルド採掘と通常採掘にわかれる
・原則としてギルドに所属しないメリットはなく、所属するデメリットはない

の3点だけかと思います。

もしトップランカーを目指すなら、ギルド収益についても理解を深めておきましょう。

公開日 いいねによる獲得 投げ銭による獲得 サポーター
: : :
2019/11/17 31.40 ALIS 23.90 ALIS
nnppnpp(んぺー)'s icon'
  • nnppnpp(んぺー)
  • @nnppnpp
呼びにくいけど「んぺ」「んぺー」と呼んでください。 狭く浅いヌルオタ。ブログ始めました。→https://nnppnpp.com/
コメントする
コメントする