壁にぶち当たった→正反対を想像し、創造した男

今回は私の好きな逸話。壁に当たり「常識の正反対に挑んだ男」のお話し。


人生、なにかと悩み、壁に当たります。仮想通貨の投資以上にね。
仕事に私生活などなど。 

そんなときのために、ちょっと心に留めておきたいなってお話しです。


皆さん、走高跳びって知ってますよね。

今ではバーを背に跳ぶ「背面跳び」が主流ですが、約100年以上もバーを正面にして跳ぶ方式がずっと続いていました。
正面跳び、挟み跳び、ウエスタンロールやベリーロールなど。


しかし、1968年メキシコオリンピックで一人の青年が「非常識な跳び方」で金メダルを取ると、それまでの常識は過去の物となりました。

彼の名はリチャード・ダグラス・フォスベリーRichard Douglas Fosbury。

愛称はディック。

ディック・フォスベリーは、1968年メキシコオリンピックで、2m24cmの大記録で優勝します。
(1964年東京オリンピック金メダルの記録は2m18cm、ウエスタンロール)

彼は、当時主流のウエスタンロールがとても苦手で、大きな壁に当たっていました。
そこで、ウエスタンロール以前の跳び方である、挟み跳びで練習をしていたそうです。


ある時、2m近い高さを跳ぶために、足を思いっきり振り上げたところ、体が水平になるくらいになってしまいました。

かれは天を見たまま落ちました。
しかしバーは落ちてこなかった。

ディックが新たな可能性を掴んだ瞬間です。


これにヒントを得た彼は、試行を重ね、独自の跳び方の研究に没頭します。

しかし、周りの人々やスポーツ界は、常識の正反対である「仰向け」で跳ぶ彼を笑いました。

「至上最も滑稽な跳び方」

「道化(ピエロ)」

彼の出る大会は、彼の記録を応援するのではなく、面白い跳び方を見たい見物人で溢れました。

しかし、いくら笑われようが、ディックはこの常識の正反対の跳び方を止めませんでした。


1968年、彼の努力は実を結び、メキシコオリンピックに出場。
2m24cmの大記録で金メダリストとなります。

YouTubeにその時の映像がありました。


このメキシコオリンピック以降、背面跳びの彼を笑う者はもういません。
「フォスの魔法使い」と親しまれる人気者になりました。

「背面跳び」は、彼の名を取り「フォスベリー・フロップ」として世界に広まり、今も高跳びの「常識」となっています。

もちろん、彼のような常識に真っ向から挑む方法が、いつも正解とは限りません。
でも、可能性を秘めた「選択枝」のひとつ。


これから先、私にも、壁に当たり悩む時が何度も来るでしょう。
(パスしたいけどね)

・常識を疑ってみる
・人の目、世間体に左右されない
・自分を信じる

その時のために、彼のことを心の隅に留めておきたいです。

ありがとう、ディック。


写真:Wikipediaより


プリンの御朱印記事集はこちらpudding御朱印






公開日:2018/11/29
獲得ALIS:43.43
プリン@pudding's icon'
  • プリン@pudding
  • @pudding
Web3.0とDX、御朱印好き。時に辛口(それも愛)。投げ銭不要。カラーコーディネータ、コンプライアンスオフィサ、ファイナンシャルプランナ。Twitter@pudding2727
コメントする
コメントする